彼女の妹と俺のちんちん洗脳術2

この体験談は約 8 分で読めます。

今夜は彼女の妹と二人になってしまった。

妹とはゲームをやってる最中、ミッションの30分間はとっくに過ぎていた。
精子を口に入れ頬を腫らした妹の目線が怖かった。
妹が俺の方に近寄ってくる。
頬を指でプニプニやってる。

俺「あははっ、凄い偶然もあるんだね。口を少し開けて見せて」

口元から直ぐに泡が見える。

俺「約束の時、飲んでみて」

妹は強烈なごっくんを俺に見せてきた。

妹「ごきゅ、ごきゅ、ごっくん。んあぁ~」

口の中を見せて、舌をレロレロやってる。

妹「お兄ちゃん、凄い量になってたよ。何度も出そうになった、今夜は二人だね・・・本当のセックスって、なぁ~に?」
俺「うお、ちょい怖い。わかった!!コンビニに行ってゴム買うから、一緒に行こう」
妹「ゴム?コンドーム?そのままでもいいよ」

処女が言うセリフじゃないと思う。

その後、二人で晩御飯を食べて、部屋でのんびりしていた。

妹「ねぇ。お兄ちゃん。初体験はいつ頃したの?」
俺「高校生の時だよ」
妹「私は未経験・・・好き人は、お兄ちゃん。経験ないけど・・・エッチしたい」
俺「俺がエッチ教えると、変態になるかも・・・」
妹「うん。変態でもいい・・・お風呂の続きやりたい」

俺のチンポを撫で始めた。

今夜は部屋で二人きり、お風呂の続きをやりたいと妹は俺のチンポを撫でている。
始めの頃とは大違いである。
俺はエロい雰囲気にしようと思い妹に提案した。

俺「あのさぁ・・・エロビデオ見たことある?」
妹「無いよ。持ってるの?」
俺「車の中にあるけど見る?」

妹「うん・・・お兄ちゃんと一緒に見てみようかな」

俺は車の中から裏DVDを数本部屋に持ってきた。
それから、車内に置き去りになってた8mmカメラを鞄に詰めていた。

妹は俺の鞄を見て・・・。

妹「そんなに持ってるの?」
俺「DVDは少ししかない。俺の着替えと玩具だよ」
妹「おもちゃ?大人の玩具なの?」

何か勘違いしてるらしい・・・。

俺と妹は「フフフッ」と笑いながら大広間で堂々とエロビデオを再生させた。

妹「えっ!わっ!丸見え」

衝撃的な映像が出ると、目線は釘ずけになってる。

なかなか勉強熱心、複数の男性が一人の女性を犯しまくるシーン。
女性は三個の穴にチンポを入れられ、ひぃ~ひぃ叫ぶ。

妹「ちんちん・・・入ってる・・・こんな所に入るの?」

妹はアナルのことを言っている。

後の穴に二本挿入、前では複数のチンポをフェラしてる。
妹の脳裏に激しいセックスを焼き付けた。
妹は俺のズボン(太股)を撫でていた。

二人で裏DVDを鑑賞している。
妹は釘付けになって見ているが、無意識に俺の太股を擦っている。
俺は鞄からカメラを取り出す。

俺「この中、何だと思う?」
妹「おもちゃでしょ?」
俺「ビデオカメラ。このカメラでエロビデオと同じように撮影しようと思う」
妹は「えっ。恥ずかしいよ・・・誰にも見せちゃダメ」
俺は「見せないですよ」

そう言いながら、テープの残量とバッテリーを確認。
準備はOK!!

俺は直ぐに撮影を開始、ちょっと部屋を録画しながら・・・テレビを見てる妹にカメラを向ける。
今の服装は、黒のタンクトップに白いジャージ。
胸にピントを合わす、少し盛り上がった黒タンク。
妹の背後に周り、真上から黒タンクの隙間を覗き込む。
胸の谷間が見えた。
白いブラジャーを着用している。

俺「モデルみたいにして」

犬の様な格好をしているが、黒タンクの胸元がガバッと開き、ブラジャーと胸が良く見える。
妹は犬みたいに舌を出してカメラ目線。

俺「お~凄い可愛い。そのまま何かセリフ言ってみな」

俺は妹の正面で撮影している。

妹「わん、わん。はぁはぁはぁ、エサおくれ!!」
俺「エサ欲しい?大きな声で言ってみろ」
妹「わん、わん。おちんちん頂戴な!!」

俺は妹の姿を撮影。
犬の様に四足になり、「わん、わん。おちんちん頂戴な」と言っている。

俺「わんちゃんなら、俺の命令を聞きなさい」
妹「わかった、わん」

俺の上着を脱がす様に指示を出す。

妹は俺の上着を脱がした。
次は妹の着てる黒タンクを脱げと指示、俺はカメラで撮影を続ける。
妹は白いブラジャー姿になった。
俺のズボンを脱がせと指示、妹は俺のズボンを脱がす。
俺はトランクス姿になった。
次に妹の履いてる白いジャージを脱げと指示。
妹はアゴを床につけ、お尻を突き出しながらジャージを脱ぐ。
俺は妹のバックスタイルを後から撮影。
妹のパンツが丸見えである。

次に、そのまの格好でブラジャーを外せと指示を出す。
妹はアゴを床につけたまま、両腕を背中に回しブラジャーのフックが外れた瞬間・・・俺は「そのままストップ」と言った。
俺は妹の格好がSMに見えた。
妹のブラジャーがアゴまで刷り落ち、肩ひもは両腕に引っ掛かっている。
乳首が見えて、とてもエロい。
そのスタイルで待てと指示。
俺がパンツを脱がす。

妹「え~ん・・・恥ずかしいよ・・・」

俺は妹のパンツをゆっくり脱がした。
丸々の山が見えて・・・アナルが現れる。

穴がヒクヒク・・・動いていた。

パンツをゆっくり下ろす。
丸々とした山が見え、アナルが現れた。
俺は大開放のアナルを撮影しながら、更にパンツを下ろす。
もこっとしたマンコが現れる。
大人のマンコより小さい気がした。
ビラビラも小さい。
俺は妹のパンツをもう一度履かせて、体勢を戻せと指示する。
外れたブラジャーを脱がせた。
四足立ちになってる妹のおっぱいを揉み、乳首を刺激した。

俺「ほらっ、どうだ?気持ちいいか?」
妹「うん・・・いい。お兄ちゃんのパンツが膨らんでるよ」

俺はトランクスの上からチンポを舐めろと指示する。

妹は胸を揉まれながら、犬の格好でパンツにかぶりつく・・・。

妹「あむぅ、あむぅ」

俺は妹の顔を撮影している。
凄くエロい。
パンツが唾液で濡れてチンポの形がわかる。
妹がパンツをもぐもぐさせてたら、パンツの前ボタンが取れた。
パンツの中から勃起したチンポが飛び出し、妹は「あっ、出てきた」俺は胸を揉むのを辞め、フェラを楽しむことにした。

俺は「良く出来たので、エサをあげよう」と言って飛び出したチンポを撮影した。

カメラを見るようにチンポを舐めろと指示。
妹は筋張ったチンポを舐め始めた。

妹「んぁぁ、ぺちゃぺちゃ、れろれろ・・・」

凄いエロい舐め方をしていた。

トランクスの中から飛び出たチンポを妹は舐めている。
膨張した亀頭を丁寧に舐めている。
チンポの根元から亀頭までを大きく頭を振りながらハーモニカを吹くように吸い付く。
凄く上手い。
風呂場で練習させたから上達している。

俺「上手くなったね・・・凄く気持ちいい」
妹「お兄ちゃん、パンツ脱いで・・・全部見せて欲しい」

そう言うと俺のパンツを脱がし始めた。

脱がし終えて直ぐに、チンポを口の中に咥えた。
やはり上手い!!凄い吸引力でディープフェラをする。
妹はカメラに向かって見せつけるように、口元を見せる。
妹の頬はチンポの形に突き出ている。

妹「ぐぽぐぽ・・・ちゅぽちゅぽ。ズボボっズボボ!!」

動きが速くなってきた。

俺「うぅ・・・チンポが抜けそう・・・」

俺も負けずに胸や乳首を刺激する。

俺「そろそろ、犬遊びは終わり!!エッチの本番と行こうか」

妹の口からチンポを引き抜き、妹を抱き寄せた。

俺「緊張しないで、楽にしな」

妹に優しくキスをした。
ディープキスしながら胸を揉んで乳首を刺激する。

妹「んん・・・はぁはぁ」

呼吸が乱れている。

耳を舐め、首を舐め、胸を揉みながら乳首に吸い付く。
ヘソを舐め、上半身を全部舐める。

妹「あっ・・・あぁぁ・・・気持ちいい」

妹は多分、キスも初めてだろう。
俺に全てを任せている妹が可愛かった。
キスしながら抱き締め、優しく撫で、上半身の大半を舐めて愛する。

妹「あぁぁ・・・いぃ・・・はぁはぁ。凄い気持ちいいよ・・・お兄ちゃん」

俺は激しく乳首を吸いまくる。

妹「あぁぁ、いぃよ・・・変になっちゃう・・・私におちんちん・・・あぁぁ」

妹は俺のチンポを握り動かしている。

妹は、チンポを握ると安心するのだろう。
俺はパンツを脱がし、マンコを指でいじる。
すでにマンコはヌルヌルになっていて、指が温かい。
俺は凄く優しい指マッサージでマンコ、クリトリスを刺激し始める。

妹「うあぁぁ!ひぃぃ~いぎぎぎ・・・うぅあぁぁー!!」

凄い声で全身を痙攣させてる。
俺はマンコをいじりながら、妹にディープキスをした。

妹「んぁぁ・・・うぶあぁぁ・・・うぶあぶ・・・」

妹は俺の口の中に舌を突っ込んでくる。
舌と舌をレロレロ交差させ吸いまくる。

妹「いぃ・・・気持ちいい・・・」

俺はマンコに顔を埋めてクンニを始めた。
妹の凄い叫び声が室内に響く!!

妹「ぎゃーひぃぃーうぅあぁぁ」

俺は激しくマンコを舐め回し、指マンコ、アナル舐めをする。

妹「ひぃぃー変になる・・・ダメ、ダメ~きぃやあぁぁー出る・・・出ちゃううぅあぁぁ」

潮を噴いた。
俺はマンコをクンニして、顔面に妹の潮を浴びてしまった。
妹の汁を舐めてあげる。
トドメでマンコにアゴドリル、鼻ドリル、舌ドリルでクリトリスを刺激させる。

妹「ぐあぁぁーきぃぃーひぃぎぃ~あがあが・・・あぁぁ・・・」

もの凄い声と全身をヒクヒク痙攣させている。
俺は妹の様子を見た。

俺「大丈夫か?少し休む?」
妹「ひぃっ、ひいっ・・・はぁはぁ・・・ヒクッヒクッ・・・」

呼吸が乱れていて会話にならない。

妹「お兄ちゃん・・・ごめんなさい・・・顔がびしょびしょになっちゃった・・・凄い声出して・・・ごめんなさい・・・頭の中が真っ白になって、体が震える」

妹は俺に抱きついて安心を求めていた。

妹「お兄ちゃん、大好き。ずっと・・・こうしていたい・・・」

少し休憩をする。

妹「お兄ちゃん。精子でそう?おちんちんが苦しそうだから」

直ぐにフェラを始めた。

何回やられても妹のフェラは上手い。
精子を吸い出す人形のようだ。

俺「69して二人で気持ち良くなろう」
妹「69?どうやるの?」

俺は説明した。

妹「うん。二人で気持ち良くなれるね」

俺と妹は横に寝ながらフェラ、クンニ勝負をした。

俺「じゅるる・・・べちょべちょ」

妹は大声あげながら・・・

「あぁぁむ・・・ちゅぱちゅぱ・・・じゅぽじゅぽ・・・べろべろ」

俺はヌルヌルのマンコとアナルを丁寧に舐める。
マンコを指で広げるとクリちゃんが見える。
ヌルヌルの穴に指をゆっくり突っ込む。

(ズブブッ・・・)

妹「いっ、痛い、少しだけ・・・痛い」

俺は妹を怖がらせないように・・・。

俺「リラックスして・・・少しずつ慣らして行こう」
妹「うん・・・優しくやってね」

俺はまたクンニを続け、マンコに指を挿入させる。

俺「マンコにチンポの感触を味わってみる?」
妹「うん・・・味わいたいよ」

俺は69を辞め、妹の上に覆い被さり、俺はチンポを握って、ヌルヌルのマンコに亀頭を擦り付け・・・。

(クチャクチャグチャ)

妹「あぁぁ凄い。温かい・・・ヌルヌルする、気持ちいい。んぁぁ・・・」

体をヒクヒクさせている。

俺は妹にディープキスをする。
胸を揉み、乳首を刺激しながらマンコにチンポを擦り付ける。

妹「いやぁー!!ひぃっあぁぁ・・・」
俺「ほらっ、腰を動かしてチンポを気持ち良くさせて」

妹がヌルヌルのマンコを擦り付ける。

そろそろ・・・処女卒業の時がきた!!

俺は妹に覆い被さり、抱き締める。
マンコがチンポにヌチョっときた瞬間に・・・

俺「そらっ!!行くぞ」

妹のマンコにチンポを突き出した。

(スボォ・・・)

妹「いぎゃあぁぁ・・・ひぃっ、ひぃぎぃ」

俺はヌルヌルになってる妹の処女マンコにチンポを突き刺した。
妹の悲痛な声が室内に響く!!

妹「うぅあぁぁ、ひいっーんぁぁ」
俺「痛い?激しくやらないからリラックスして・・・」
妹「うん!少し痛いから・・・優しくして・・・」

俺は妹の体を抱き締めて、優しく腰を動かす。

グチャグチャグチャ・・・

俺のチンポに生暖かい感触が伝わってくる。
俺は更に腰を動かす。

クチャクチャ・・・グシュグシュ・・・

妹「あぁぁ、おちんちんが私の中に入ってる・・・ハアハア・・・凄い、凄い!!」
俺「まだ痛む?段々と慣れるから頑張れ」

更にピストンを繰り返す・・・。

クチャクチャクチャグチャ。

狭いマンコの入口がチンポを締め付ける・・・。

俺「ふぅふぅ・・・はぁはぁ、締め付けが強いけど、ヌルヌルして温かいから気持ちいい」

段々と妹の声も変わってきた。

妹「んあっ、んあっ、気持ち・・・いい・・・はあはあ。お兄ちゃんも気持ちいい?」
俺「俺も気持ちいいよ、少し激しくやるから・・・」

そう言って俺は腰を激しく動かした。

ズボ、ズボボ・・・。

妹「いやぁー壊れる、ひぃやああぁぁー、ひいっひいっ、あがぁ・・・うぅあぁぁー凄い凄い凄い。気持ちいい、変になるっ、ひぃやあ~」

妹の全身がビクビクと痙攣を起こした。