妻の不倫相手から渡されたご褒美・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

私は共働きのサラリーマンです。
妻は勤務先の送歓迎会だと称してしょっちゅう帰宅が深夜になりました。
私の勤務している会社も残業が多く、すれ違い夫婦になって数ヶ月。
毎週のように送歓迎会があるはずもなく、また、そんな状態ですから夜も拒まれるようになりました。
さらに妻の態度は冷たくなる一方です。

妻が浮気しているのではないかと思い始めてからというもの、最初は居た堪れないほど悩み続けました。
私が先に帰宅して妻を待つ夜は辛く、それでいて妻が他の男に抱かれているのではないかと思うと興奮してしまうのです。
そんな時にインターネットでは『寝取られマゾ』で賑わっているのを知り、『寝取られマゾ』にはまってしまいました。
ましてセックスを拒まれている夫です、想像しては夜な夜な自慰で興奮を沈める日々となってしまいました。

そして妻はとうとう、「会社の研修で出張がある」とまで言い出しました。
私は思い切って妻と話をしました。
妻は簡単に浮気を白状しました。
最初はちょっとした気の緩みからの浮気、でも今は本当に彼に夢中で、このままではいけないから離婚してもいいと言います。
ただ、離婚したいわけではなく、家庭は家庭で守りたい気持ちはあるが、今の彼とは別れたくないと言います。

私は小心な男です。
当然のようにそんな妻の浮気を認め、離婚せずに夫婦でいることで話はまとまりました。
ただ、夜の生活については妻は妥協はせず、なんの罪の意識もないかのような態度でした。

「そのぉ、夜の相手はして欲しいんだけど」
「あなた、お情けのセックスなんて嫌でしょう」

「だって、それじゃ欲求不満になっちゃうよ」
「やめてよ、それじゃ私は性欲処理係じゃない。そんなの嫌だわ」

「それじゃ、僕はどうすればいいんだよ」
「だってずっとしてなかったじゃない」

「君が拒否するから」
「自分でしてたんでしょう?私が拒んでいるって言ったら彼が、『きっと自分でしてるから心配ないよ』って言ってたわ」

「そっ、そんな」
「彼に悪いから自分でしてよ」

それから妻は、私が浮気を公認したことで、全く臆することなく堂々と思った事を言い、行動するようになりました。
さらに、彼に嫌われないような、そんな相談事のような話まで夫の私にするようになりました。

「彼にあなたとの事を話したんだけど、彼、私が離婚しないから嫉妬しているの・・・」
「離婚って言ったって、その男も結婚しているんだろう」

「そうなんだけど、彼、独占欲が強い男らしいタイプの人なのよ」
「・・・」

「彼、私があなたとしてないって言っても信じてくれないのだから、彼に誠意を見せたいのよ」
「誠意って、何すんの・・・」

「だから彼を家に呼んで、あなたとの事をちゃんと見せたいのよ」
「えっ、そっ、そんな・・・」

「嫌なの?それなら離婚する?」
「り、離婚なんてしたくないよ、何でもするよ・・・」

それから2日後、妻の浮気相手Kと初めて会いました。
Kは私を無視するかのように家に来ると、ちょっと会釈しただけで私に挨拶すらしない図々しい男でした。
リビングで妻とKが食事をしました。

「あなた、あなたは隣の部屋に行っていて、彼が気を遣うから悪いでしょう」

それから一時間は過ぎたでしょうか。
隣の部屋で悶々として待っていると、妻が下着姿で寝室へ来るように言ったのです。
寝室に向かうと、ベッドでKが裸で横たわっていました。
掛け布団が下半身を覆っているので、下は下着を穿いているのかはわかりません。
妻は下着姿のままベッドへ潜り込みました。
そしてKに抱きついていきました。
するとKが私の方を指差して・・・。

「ねぇ、あれ、旦那だろう。なんか気になって嫌だなぁ・・・」

「大丈夫なの、あの人にはさせてないから。見てて、自分でするのよ、そういう変態なの」

「自分でするのかぁ・・・ははは、いい年して、センズリかぁ・・・」

Kは私を流し目で見るとバカにした感じであきれ返っている様子です。
もちろんこの状況に私は興奮してしまいました。
逆に自分ですると言ってくれたので、これでオナニーができるという安堵感さえ覚えたくらいです。
それでもこの状況の中でオナニーを始めるには少々躊躇していました。
そうしているうちに妻の喘ぎ声が大きくなり、Kが妻の上に覆いかぶさっていきました。
私は観念して、興奮で抑えれない気持ちをそのまま行動に移したのです。
私は裸になりオナニーを始めました。
はっきり言ってこれは、マゾ男には至福の喜びです。

「ほら、あの人、自分でしてるでしょう」

「え、ははは」

馬鹿にして見られてしまいました。

「あなた、彼に誓って。私とセックスしないわよね、そういう約束だから」

妻にそんなこと言われると余計興奮してしまいました。

「ああ、しないよ」

「あなた、自分でして処理するのよね?じゃないと離婚よね?」

「自分でするよ、離婚したくないよ」

Kが突然言いました。

「旦那にお願いさせろよ」
「そうね、あなた駄目よ、彼にお願いしてくんなくちゃ嫌よ」

「Kさん、僕は離婚したくありません。お願いです。離婚させないでください」
「違うでしょう、自分で処理する事を言うの」

「はい、自分で処理します」

そんな私にKが追い討ちをかけました。

「駄目だな、処理しますじゃなくて、お願いさせろよ」
「あなた、お願いして早く」

「ああ、自分で処理させてください」
「処理ってなんだよ、プッ(笑)」

「せ、せんずりで処理させてください」

妻とKに誓わされてから3ヶ月が過ぎたときです。

「ねえ、Kさんからあなたにプレゼントだって。3ヶ月忠実にしていたご褒美よ、プッ、フフフ」

妻からKからのご褒美を手渡されました。

「ご、ご褒美って・・・」

「開けてみなさいよ。彼がね、あなたがもっと気持ちよくできるようにって、自分でするときに使うおもちゃだって、プッ、あはは、早く開けてみなさいよ」

包みを開けると、なんと、オナホールでした。
愕然としました。
妻を寝取られた夫が、よりによって浮気相手の男からオナホールをご褒美と称してもらったのです。
何という屈辱でしょうか・・・。

「ちょっと使ってみなさいよ。フフフ、ちょっとだけなら見ててあげるから。彼にも報告しなくちゃなんないしね」

女性の見ている前でオナニーするというのは興奮ものですが、オナホールでするのを見てもらうというのは・・・。
しかし私は、想像するだけで勃起してしまったのです。

私はその場で真っ裸になってオナホールを使ってみました。
私は元々仮性包茎なので、オナホールに入れてピストンするとすぐにイキそうになりました。
それからは理性を失ってしまいました。
自分で焦らしながら狂ったようにオナホールを使い、喘いだのです。
そして我慢できず、そのままホールの中に射精してしまいました。

「あら、駄目じゃない。誰が中に出していいって言ったのよ。彼から、中に出すのは自分だけだから、あなたには例えおもちゃでも中に出させるなって言われてるのよ。きっと彼、怒ると思うわ」

情けない・・・。
妻の浮気相手にプレゼントされたオナホールに欲情して、妻の見ている前で理性を失うほどの激しい自慰をして果ててしまった。

「あなた、そのおもちゃ、よっぽど気に入ったみたいね(笑)。ちゃんと洗って清潔にして使うにのよ、フフフ。彼にお礼ぐらい言わないとね。それから、二度とその中には出さないこと。彼が、出すときは自分の手でさせろって言ってるわ。彼に報告しておくから」

それから三日後のことでした。

「あなた、彼ね、あなたがおもちゃで喜んでるって聞いて、大事に使えよって言ってたわ。それから、この前、おもちゃの中に出したでしょう。彼、私に抗議したのよ、今日から一週間、自分でするの禁止。わかったわね」

浮気相手のKはますますいい気になって、僕を虐めるのです。
人の妻を寝取っておいて、中に出すのは自分だけなどと・・・。
しかもそれを妻の口から私に伝え、私が欲情してオナホールの中に出してしまった事を咎め、自慰さえも一週間禁止されてしまいました。
Kは好きなように妻の膣内で射精を楽しんでいるというのに・・・。
中で出すのは自分だけ・・・。
妻に中出ししていると妻の口から宣言させ、私が嫉妬に狂って激しい自慰に耽ることを計算尽くで・・・。

こんなの嫌なんだ。
こんな事になってはいけないんだ。
そう思うのですが、どうしても興奮し、欲情してしまいます。
プライドも何もあったものではありません。

Kは私に自慰禁止を命令しておいて、妻の口から私が嫉妬で欲情するような話を伝えるのです。

「ねぇ、あなた」
「えっ、何?」

「彼って、男らしいでしょう」
「・・・」

「あなたみたいにナヨナヨしていないし、はっきりしている人なのよね。ちょっと強引なところがあるけど、それが女には魅力的でもあるわ」
「・・・」

「彼と私が愛し合うのはもう公認じゃない。ねぇ、返事ぐらいしたら!」
「えっ、ああ、う、うん」

「でも、もしよ、もしもだけど」
「えっ、もっ、もしもって?」

「ほら、子供ができちゃったらどうしようかと思っていたのよ」
「こっ、子供って・・・。何もそこまでしなくても・・・。ねぇ、避妊ぐらいするべきだよ」

私はこの会話の途中でどうしようもなく欲情してしまいました。
子供ができる・・・。
すなわち妻がKに膣内での射精を許しているという事です。

「避妊?」
「コンドームするのが礼儀だと思うよ」

「あなた何を言ってるのよ。彼、コンドーム嫌いなの。だから私の中でイカせてあげたいといつも思っているし・・・。彼なら、抱かれているとき、どうなってもいいって思っちゃうわ」
「そっ、そんな・・・」

妻が私のズボンを見ると、やっぱりと言う顔をして・・・。

「あなた興奮してるの?(笑)」

もう私の声は上擦ってしまっています。

「だって、中でなんて言われると興奮しちゃうよ」
「私が中に出されると興奮するの?ねぇ」

「興奮するよ」
「オナニーしたいんでしょう」

「したいよ」
「私が避妊処置しているから妊娠はしないわ、今のところね。あなたが望んでいるように、彼には中でイッてもらっているわ。彼のこと好きだし。彼、そのことをあなたに話してみろって言ってたわ。きっと興奮してオナニーしたがるって、あははは」

私は理性を失ってしまいました。
ただオナニーがしたい、それだけでした。
妻に何度も、「オナニーさせてくれ」と土下座して頼みました。

「じゃあ、彼に聞いてみるわ」

妻は携帯電話でKと話をしました。

「私。そう、今、うちの人に話したら、笑っちゃうわ。あなたが言ってた通りよ。そう、そうなの、土下座しちゃって(笑)。あははは、うん、そうね、うん、わかったわ。あははは、それじゃ明日ね」

全く馬鹿にされたものです。

「彼が特別に自分でしてもいいって。でも、今日はおもちゃでやっちゃ駄目だって、あははは。自分の手でしろって言ってるわ。彼、やさしいでしょう。そっちの部屋でして。それから特別に私のショーツ一枚、あなたがにあげる。それで楽しんで。彼がそうしてやれって。彼に感謝してね。ショーツは何色がいい、やっぱり白ね?あははは」

私は隣の部屋で、妻にもらった白いショーツを一枚握り締め、愚息に巻きつけながら激しい自慰をしました。
きっとそうだろうとは思っていても、あからさまに言われると・・・。
Kが妻の膣内で射精を楽しんでいること・・・。
もう興奮が収まりません。
妻のショーツに立て続けにピューツ、ピューツと。
Kは妻の膣内でピューツ、ピューツと、あの感触を楽しんでいると思うと、惨めでありながら尋常ならない興奮でした。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました