バイアグラを渡してくる痴女な美人秘書

この体験談は約 3 分で読めます。

会社の接待でクラブに行き、解散したのが11時頃。
御客様と一緒に来られた美人秘書の方に名刺を渡していたら、解散後に携帯に電話があって、「今、一人になったけど、もう少し飲みたいから」と誘われた。

20代半ばで元モデル。
顔はもちろん、文句のつけようがないくらいのスタイルの良さは、服の上からでもわかっていました。

バーで1時間くらい飲んでたら、いきなり「私の部屋でケーキ食べながら飲もう」と言われ、もちろん喜んで彼女宅にお邪魔。
部屋に入るとすぐスーツやシャツをハンガーに掛けてくれて、トランクスとTシャツ姿になりました。
彼女は冷蔵庫からケーキを持って来て、高そうなワインも用意してくれました。

すると信じれないことに、突然ケーキの生クリームを僕の肉棒に塗ろうとトランクスを脱がすんです。
びっくりやら嬉しいやら、「うわっ、脱いでいいんですか?」と聞くけど彼女は笑顔で無言。
指で生クリームをチンポに塗って即尺。
絡みつく舌使いで顔をクネクネ動かしながら、片手は玉袋を揉みながら、もう片手は僕の手を自分のマンコに導く乱れる痴女な美人秘書。
僕が手マンを始めると、「強くして~激しくこねて」とおねだりしてくる。
彼女はというと肉棒から玉袋から肛門まで、見事な舌使いでベチャベチャになるほど舐めている。

僕が服を脱がそうとすると、「乱暴に服を脱がして!破ってもいいし何されてもいいから」とおねだりしてくる。

わざとボタンを飛ばすようにジャケットの前を強引に広げ、キャミソールやパンティーはビリビリに破って獣のように脱がした。
すると美人な変態秘書は僕を寝かせると顔に跨がって股間を押しつけてくる。
顔面騎乗!
僕も舌責めでマンコやアナルを舐めまくった。
彼女は、「たまんな~い」「すご~い」「嬉し~い」とエロい喘ぎを連発。

すると突然、「あ、私、ダメ」って言ったと思ったら僕の顔に放尿しちゃった。

69やアナル舐めを楽しんだ後、騎乗位、バック、駅弁と色んな体位でハメまくった。
すべて彼女が要求してくる体位だった。
射精感が来たので、「もう出そうだよ」と言ったら、「飲みたい」って言うので口内発射。

一息ついてワインでも口にしようかと思ったら、「続けよう?」って言われ、彼女は僕をベランダに連れて行く。
ベランダにある椅子に四つん這いになって高々と尻を上げ、僕にマンコを見せながら、「いっぱい舐めて~」と催促。
マンコとアナルを舐めてたら僕の肉棒もすぐ元気になって、夜空の下で駅弁スタイルを楽しんだ。

僕が、「出そう」と言ったら、「中よ、中。中にいっぱい出してね」と言うので遠慮なくドクドク中出し。
出しきった後、合体したまま部屋に戻り、ベッドに彼女を寝かそうとすると、「まだ抜かないで」と言う。
それから15分くらいかな?
合体したままでお互いのツバを飲ませ合いしてた。

時計を見たら、もう夜中3時だ。
帰ろうと思った矢先、「これ飲んで~」って言われ、見るとバイアグラ。
それ飲んでワインを楽しんでたら、1時間くらいでバイアグラが効いてきて痛いくらいにカチカチに勃起。
喜んだ彼女はまた濃厚フェラをしてきて、チュパチュパ言わせながら30分くらいずっと舐めてた。

騎乗位でアナル挿入を求めてきたので応じて楽しんだら、今度はアナルに中出しせよとの要求。
ガンガン腰振って、中に思いっきり発射。

「痛くなかった?」って聞いたら、「慣れてるから」と予想外の言葉が。

アナルから抜いたチンポを口で綺麗にしてくれた。

終わりかと思ったら、バイアグラ効果でまだ元気なチンポにまた生クリームを塗ってきて強烈フェラ。
その後正常位でハメてたら、「一番奥まで突いて、奥で、奥で出して!」とおねだり。
迷いなく中に放出しました。
おかげで今日は朝から寝不足出勤しています。

部屋を出る前に、「服もダメになったし、中にも出したし、かなり激しく強くしたけど、こんなセックスが好きなの?」って聞いたら、元彼の会社の上司(部長)に調教されたらしく、別れてから当分してなくて、今日はしたくてしたくて疼いていたので遠慮せずにおねだりしたという。
あと、低量ピルを毎日飲んでると聞いてこっちもひと安心。

今日も携帯にメールが来てて、『家に寄って』と書いてきた。
スタイル・顔・セックス、どれも凄いので、ちゃんと付き合おうと思います。
今夜にでも交際を申し出てみます。