高校の夏休み、一回り年上の従姉に皮を剥かれて・・・。

この体験談は約 5 分で読めます。

夏休み、両親が2泊3日の旅行に行ってしまい、家の留守番をすることになった。
部活もやらず、夏期講習も行くのが面倒だったので、家にいることにした。
するとインターホンが鳴り、誰が来たんだろうと思って玄関に向かった。
聞き覚えのある声だった。
そこに居たのは従姉の友理さんだった。

友理「◯◯くんが今日から1人でお留守番って聞いて、来ちゃったんだけど開けてくれる?」

どうやら母親が、俺が1人だと何もしないと思い、友理さんを呼んだらしい。
友理さんは29歳で、俺の一回り上だった。

友理「◯◯くん、夏休みなのに何もしないでずっとお家にいて退屈じゃないの?」

オレ「退屈ですよ・・・ずっと部屋でネットしたりゲームしてます」

友理「夏休みの宿題はどうしたの?」

オレ「配布された時にその日のうちにすべてやり終えました」

友理「そっか。昔から◯◯くんは宿題は早く終わらせるんだね」

オレ「面倒くさいじゃん、だからさっさとやっちゃう」

友理「お腹空いてない?お昼まだでしょ?」

オレ「そうですね、まだ食べてないけど、カップ麺でいいかな?」

友理「何言ってんの、買い物一緒に行って。お昼も夜も、2人が帰ってくるまで私が作ってあげる」

オレ「まじで?でも、友理さん帰らなくて大丈夫なの?」

友理「もちろん帰るよ?ご飯作ってあげたら帰る」

オレ「ってことは明後日の昼までは作ってくれるんだ」

友理「そういうこと。さあ、そんなこといいから買い物行くよ」

そう言われ、友理さんの運転で近くのスーパーまで買い物へ向かった。
友理さんは、そこそこおっぱいが大きく、俺はたまにズリネタとして友理さんを思い出しオナニーしていた。
しかしその友理さんが目の前にいて、しかも谷間がチラチラ見える服装だったから、俺は勃起をしていた。

スーパーである程度の食材を買い、家に戻ってきて、俺は自分の部屋で1人でオナニーをすることにした。
もちろん友理さんのエプロン姿を想像して・・・。
すると下から声があり、ご飯を食べに向かった。

友理「◯◯くんは、お付き合いしてる子とか今はいないの?」

オレ「今というか、ずっといないよ」

そう、俺は付き合ったことなど一度もない男である。

友理「そうなんだ。毎日お部屋でのんびりしてて退屈なら、おばさんの家においで」

オレ「いいんですか!」

友理さん「いいよ!」

友理さんの家には自転車に乗って1時間くらい。
行こうと思えばすぐに行ける距離。

友理「さて、何かお洗濯するものとかあれば出してね、ご飯食べたらするから」

オレ「友理さん、洗濯物あまりないんだけど」

友理「そう?今日はとりあえず大丈夫そうかな」

友理さんは食器を洗いにキッチンへ向かった。
俺は頭の中で、(バックからおっぱいを鷲掴みしたい!)って思ったが、体が動かずできなかった。

時間が経つのはあっという間で、夕方5時を過ぎた頃に友理さんはご飯を作り終え、自分の家に帰ってしまった。
俺は友理さんの作ってくれたご飯を食べながら、友理さんとどうすればエッチなことができるか考えていた。
そしてその日の夜、また俺は部屋で1人でした。

翌日。
朝早くに友理さんは来た。

友理「◯◯くん、おはよう」

オレ「おはよう、友理さん」

友理「◯◯くん、昨日作ったご飯は食べた?」

オレ「食べたよ、ごちそうさま」

友理「今日はお部屋の掃除をしようか」

オレ「面倒くさいな~」

友理さん「そんなこと言わないで、ほらほらやるよ」

そう言うと俺の部屋に向かった。
俺はこの時忘れていた。
エロ本をベッドに置いたままにしていたのを。

友理「◯◯くんのお部屋って、いつぶりだろう?」

オレ「中学の時くらいじゃない?」

友理「あんまり変わってないね、さてやろうか」

オレ「あっ!待って友理さん」

友理さんは気づいていたのか、真っ先にベッドに向かった。

オレ「いや・・・それは・・・」

友理「まあ、彼女も居ないならしょうがないよ」

オレ「・・・」

友理「ね、怒らないから教えて欲しいんだけど、私のこと考えて、したことあるでしょ?」

オレ「・・・な、そんなことしないよ」

友理「ふーん、じゃあ、これ見ても勃たないかな?」

そう言うと友理さんは突然ノースリーブを脱ぎ、ブラを見せてきた。

オレ「友理さん・・・のおっぱい・・・」

友理「ほら、だんだん下の方は大きくなってるよ?こんなになっても『してない』って言うのかな?」

オレ「だって・・・友理さんがそんなに大きいおっぱい見せてくるから俺は溜まってしちゃうんだよ!」

友理「じゃ、私が気持ちいいことしてあげようか?」

そう言うと友理さんは俺の近くに来て、キスをしながらズボンの上からチンコを触ってきた。

オレ「友理さん・・・俺したことないんだけど」

友理「童貞くんか・・・いっぱい出していいからね」

ズボンとパンツを脱がされた。
まだ皮が被ってるチンコだった。

友理「皮を剥いてあげる、痛いかもしれないけどね」

オレ「あっ・・・友理さん・・・うっ・・・」

友理「真性包茎はまずいよ・・・仮性包茎にしないとね」

オレ「友理さん・・・ちょっと痛い・・・」

友理「ゆっくりゆっくり、痛いかもしれないけど大丈夫だからね」

オレ「あっ・・・うっ・・・」

初めて俺は皮が剥けた。

友理「よく我慢できたね、これで少しは成長したよ」

剥いたままお風呂場に行き、痛かったけど友理さんは洗ってくれた。
(洗ってくれてる時に一回出してしまったけど・・・)

オレ「友理さん・・・」

友理「◯◯くん、今日は女性の身体について教えてあげる」

友理さんはおっぱいを生で見せてくれて、俺は揉んでみた。

友理「あっ・・・んん・・・あん・・・」

友理さんは、おっぱいを揉まれただけで乳首がビンビンになっていた。

オレ「すごい!ここ舐めていいですか?」

友理「乳首舐めちゃダメ・・・あん・・・」

舐めたり吸ったりした。

友理「◯◯くん・・・気持ちいいよ・・・あん・・・あっ・・・」

オレ「あれ、パンツが濡れてますよ?」

友理「◯◯くんのやり方が上手いから私濡れちゃったんだよ」

そう言うと友理さんはパンツを脱いでオナニーを見せてくれた。
初めてのオマンコ、初めての女性のオナニー姿にまた勃起をした。

友理さん「◯◯くんの大きくなってる」

オレ「俺のオナニーも見てください」

お互いにオナニーをしながら、俺は友理さんのおっぱいに射精した。

友理「◯◯くんのおちんちん、大きくて立派よ」

その後、友理さんは何もなかったように部屋を出て行き、そのまま居間の掃除を始めた。
俺はそのまま部屋で寝てしまったらしい。
夕方に俺は起きた。
もう友理さんは帰ってるって思った。
しかし友理さんはいた。

友理「◯◯くん・・・私・・・としたい?」

オレ「はい・・・」

そして、また俺の部屋に行き、友理さんに押し倒され、そのまま口に咥えてくれ、友理さんはそのまま上に乗ってくれた。

オレ「あっ・・・なんかすごい!」

友理「◯◯くんの大きくて、すごい気持ちいいよ・・・」

友理さんが激しく動くから俺はすぐに出してしまった。

友理「もう出しちゃったの?」

オレ「ごめんなさい・・・」

友理「大丈夫だよ・・・」

そう言うと、オマンコから抜いてフェラをしてくれた。

友理「ほら、また大きくなってきてるよ・・・1回出したら今度は大丈夫よね?」

オレ「後ろからやってみたい」

バックから入れてみた。
もちろん友理さんに誘導されてだけど・・・。

友理「◯◯くんのおちんちん、奥まで当たって気持ちいいよ」

オレ「友理さん・・・こんな気持ちいいこと初めて、嬉しい」

一回目よりは長い時間できたけど、またオマンコに出してしまった。

友理「◯◯くん・・・ありがとう」

友理さんは7時頃に帰った。
次の日、友理さんから電話があり、「家に来て」って言われたので行った。
するとノーブラノーパンでお出迎えをしてくれ、そのまま友理さんのお部屋に行き、昨日の続きということでエッチをすることになった。

その日から俺は友理さんに色々と教えてもらった。
最高の夏休みでした。