接骨院の先生のスケベ治療で妻を寝取られた

この体験談は約 9 分で読めます。

バレーボールに出かけた妻(28歳)が友達に抱えられて帰宅しました。
話を聞くと、スパイクを打ち、着地する時に足を取られ、お尻と背中からモロに落ちたらしいのです。

友達が居るときは「大丈夫」と言っていましたが、私と二人になると苦痛な表情を浮かべました。
心配になり、服を捲ってパンティーをずらしてみると、真っ赤に腫れているように見えました。
妻は盛んにお尻の骨の痛みを訴え、尾てい骨の少し上がかなり赤くなっていました。
すでに時間は夜の九時半を回っていて病院はもう閉まっていますので、家にある湿布をかき集めて、背中とお尻に貼って、明日朝一で病院に行くことにして寝かせました。

朝起きて妻に声を掛けて起こしましたが、身体全体の痛みで起き上がることが出来ない様子。
なので、近くで往診に来てくれる接骨院を見つけ、来て頂くことにしました。

昼休みを利用して往診に来てくれた先生は、50歳前後の体格の良い方でした。
妻の寝ている布団の所に連れていき、私が事情を話すと、先生はうつ伏せに寝ている妻のTシャツを捲り、短パンとパンティーを一緒に太股まで下ろしました。
妻が大変な時にも関わらず、不謹慎ながら私はその行為を見てドキドキ興奮するのがわかりました。

先生は背骨を上から押し始め、「痛くないですか?」と聞きながら、その手がだんだん下に下りてきて、尾てい骨まで来ました。
妻は、「痛い」と言います。
すると手がお尻の割れ目に沿って下りていきます。
私が思わず、「先生」と言うと、先生は察したらしく、「肛門の近くで尾てい骨は内側に巻いているから」と説明しながら触っていました。
思わず自分の尻を触って確認してしまいました。
確かにそうでした。

「骨には異常は無いでしょう」との事で、先生は鞄からクリームを取り出し、妻の背中からお尻にマッサージするように塗っていました。

ブラが邪魔だということでホックを外されました。
うつ伏せとは言え、私から見ると全裸のようです。
医者とは言え、他人に妻の裸を見られていることに異常なほど興奮して、息子は元気一杯になってしまいました。

治療が終わりお金を払うと、先生は「毎日治療した方が良い、明日も往診に来ましょう」と言うのでお願いすることにしました。

私はその日、妻の治療の光景が頭から離れず、(明日もあんな格好するんだなぁ)と思うと、心配と興奮の入り混じったなんとも言えない気持ちでした。
私は自営業ですが、明日は仕事。
先生が来たとき妻に付いていてあげられないのが不安でした。

次の日、先生は昨日と同じ時間に来ました。
私は、「隣の作業場に居るので、何かあったら声を掛けて下さい」と伝えて、鍵を開けて2階の部屋に案内して、「お願いします」と告げて作業場に戻りました。
妻が昨日と同じ様な格好になるのは確実です。
考えるだけでドキドキしていました。
時間が長く感じられて、想像は膨らむばかりでした。

先生が私の所に来たのは30分くらいしてからでした。
お金を払うと、「奥様が、『明日も』と頼まれましたので、また同じ時間に伺います」と言って、ニコッと笑ったように見えたので何か引っ掛かりました。
しかしまさかと気を取り戻し、仕事をこなして家に帰りました。
でも少し気になったので、すぐ妻の所に言って治療のことを聞きました。

妻は、「昨日と同じだよ」と言いました。

そうかと思い、ふと短パンに目をやると、裾から湿布のような物が両太股から見えました。
妻にその事を言うと、みるみる顔が赤くなり、「湿布してもらったの」と答えました。

妻にもっと突っ込んで聞いてみると、先生に「今日は広い範囲に薬を塗っておきましょう」と言われ、短パンと一緒にパンティーも脱がされたそうです。
そして少し足を開き気味にされ、背中からお尻、そして太股の内側までマッサージするように塗ってもらったため、恥ずかしくて私に言えなかったと言いました。
その話を聞いて私は興奮してしまい、でも妻に悟られるとまずいと思い、平静を装って、「治療だから仕方ないよ」なんて言っていました。

冗談めかして、「あそこも見られちゃったのかな?」と言うと、妻も「見えたかなぁ?」と言うので、試しにパンティーを脱がせて同じ格好をさせてみました。

妻の足を少し開き気味にしました。
見えます!
ちょっと覗き込めば、はっきり割れ目が見えます。
妻は毛が少ないので、あそこの回りには毛がありません。
だから先生にも良く見えたと思います。
でも妻には、「その位の開きなら見えないよ、大丈夫」と嘘を言っている自分がいました。
その時の私は、もっと違う何かを期待していたように思います。

そして次の日、妻は、まだ痛いながらもだいぶ楽になり、動けるようになりました。

「往診じゃなく通いにしてもらうか?」と妻に聞くと、「今日はお願いしてあるから明日からでいい?」と言うのでオーケーしました。

そして私は、ある計画を実行することにしました。
どうしても妻の治療を見たかったので、ビデオカメラをセットしておくことにしたのです。
しかしその時はまだ、それがとんでもない光景を記録してしまうとは思ってもいませんでした。

先生は時間通りに来ました。
部屋に案内して、捜し物をする振りをしながらタンスの上のビデオのスイッチを入れて、「お願いします」と部屋を出て仕事に戻りました。
ビデオを見るのが楽しみで、ドキドキしながら仕事をしていました。

30分しても先生は来ません。
1時間が過ぎる頃、先生は来ました。
お金を払うと先生が、「ご馳走様でした」と言ったので、「えっ?」と言うと、「奥様にお菓子とジュースを頂いて」と。
でも先生が違う物をご馳走になっていたのはビデオを見て知りました。

6時に家に戻ると妻は夕食の準備をしていました。

「今日はどうだった?」と聞くと、「変わんないよ」と答えました。

よしよしと思い、妻が寝るのを待ってビデオを再生しました。

妻の斜め後ろからの映像です。
先生は具合を聞きながら妻のTシャツを捲りはじめ、脱がしてしまいました。
会話や妻の素直さから、昨日もそうだったようです。
そしてジャージとパンティーを全て脱がされました。
身に着けているのはブラジャーと、背中とお尻と太股に貼ってある湿布だけ。
その湿布を先生が丁寧に剥がすと、妻が纏っている物はブラだけになりました。
先生はこちらで用意したお湯にタオルを浸して絞り、背中から妻の身体を拭き始めました。
ブラも邪魔のようで外され、肩紐も手から抜かれました。
完全に妻は全裸で寝ています。
私の息子はもうはち切れんばかりに大きくなっていました。

背中、腰、お尻とだんだん下がってきて太股まできた時、「足を開いて下さい」と先生が言います。

妻は少し足を開きました。
どれだけ先生に見えているかは陰になって見えません。
右を拭き終わり、左を拭く時、先生が場所を移動しました。
はっきり見えました。
妻の割れ目がビデオに鮮明に映っています。
すると先生は、拭きながら妻のあそこを覗き込んでいます。
もう限界でした。
その行為を見たと同時に、握り締めた息子は発射してしまいました。

目でビデオの続きを追いながら息子をティッシュで拭いて、続きは明日にと止めようとした時でした。

「奥さん、お風呂入れないから、あそこにティッシュとか付いて汚れていますから、拭いて消毒しておきますね」

私は固まったまま画面に目が釘付けになりました。

妻は、「あっ、あのー、すみません」と言うのがやっとのようでした。

「もう少し足を開いて下さい」

妻は後ろを振り向きながら、「あっ、はい」と言って足を少し開きました。

妻の顔はすでに真っ赤になっていました。
先生は座布団を半分に折り、妻のお尻の下に敷きました。
そしてタオルで妻のあそこを拭き始めました。
拭かれるたびに妻のあそこが少しずつ開いてくるのが見えます。
先生は鞄からガーゼと液体の入ったビンを出し、ガーゼに染み込ませて、「最初ヒヤッとするかもしれませんよー」と言いながら拭き始めました。
触られる度、ピクッピクッと反応して、妻が感じているのが分かりました。

先生は妻のあそこのビラビラを引っ張りながら丁寧に拭いています。
妻の口から何とも言えない「あっ、うっ」という声が漏れ始めます。

「感じてきてしまいました?」

妻は、「いいえ」と答えましたが、その声は上擦っていました。
明らかに感じている声でした。
妻はうつ伏せで、両手で顔を隠しています。

先生は、「大丈夫ですね?」とわざとらしく言い返し、拭く手を止めません。

妻は相変わらずピクッピクッと反応しています。
時間にして4、5分でしょうか、丁寧に拭かれていましたので、妻はすっかり感じきっている様でした。

先生は拭くのをやめると妻に、「仰向けになって下さい」と指示しました。
妻が、なぜ仰向けになるのか?と聞いています。

「新陳代謝を良くして治りを早める為、これから全身をマッサージオイルでマッサージします」

そう先生は説明していました。

(妻が仰向けになって胸まで見せてしまうのか?治療とは言え、ここまでされてしまうのか?)

見たい気持ちが沸々と湧いて興奮していました。
先生の説明を聞いて妻は納得したのか、仰向けになりました。
私は何とも言えない気持ちでした。
妻は両手で胸を隠しています。
下は隠していないので陰毛が丸見えです。

先生は最初にタオルをまたお湯で洗い、妻の身体を足から拭き始め、だんだん上に上がっていって、隠していた胸を拭く時、妻の両手をそっと開きました。
目の前に妻の胸が現れました。
妻は恥ずかしそうに今度は顔を両手で隠して、身体を拭いてもらっています。
先生の手の動きがいやらしく見えます。
タオルを持ってない手を、もう片方の胸に乗せながら拭いているからです。
反対の胸を拭く時も、今度は逆の胸に手を乗せています。

全身が拭き終わり、いよいよマッサージになるのかと思っていましたが、先生はまたガーゼを出して妻の足を開かせて、あそこを拭き始めました。
先生は呟くように、「お尻の方からだと拭けない所があったからねー」と言って、あそこを開くように拭いています。
妻はまたピクピクし始め、だんだんと足がM字に開かされました。

ここまでは先生の位置が良かったのでビデオにはあそこも映っていましたが、M字になってから先生が真ん中に来たため見えなくなりました。
でも動きから想像すると、クリの皮を剥いて拭いているようで、妻の動きも私とエッチしている時の様に身体をくねらせ、「あっ、うっ、ふっ」と声が出始めてきました。

「気持ちいいですかー?」

先生の問いに、両手で隠した妻の顔が頷きました。

「恥ずかしがらなくていいですよ、じゃーマッサージに移りますねー」

先生はそう言うと、鞄からポンプ式のビンを出し、それを手に出して妻の肩からマッサージに入りました。
妻の手は顔から外されました。
顔は真っ赤で上気している様です。
先生の手が、肩から腕、首、胸、お腹へと下りてきました。
妻はどこをマッサージされていても反応しています。
太股をしている時、先生はわざとなのでしょう、内側に入っている手が妻のあそこを擦る様に触っています。
そのたびに妻から声が漏れます。
うつ伏せになるように言われ、また上から下にマッサージが始まり、足をする時、かなり足を開かされていました。
もう妻はなすがままです。

先生は妻に、「綺麗な身体してますねー」と言いながら、片方の手は足を擦り、もう片方の手がついに妻のあそこに伸びて触りはじめました。
妻は完全に喘ぎ声をあげ始めました。

「先生!やっぱりダメです、主人にこんなこと知られたら」

私はその言葉に嬉しくなり、そしてさらに興奮してしまい、また息子をしごき始めました。

「治療だと思っていればいいですよ」

先生はそう言って妻をまた攻め始め、お尻をグッと引き寄せると、なんとあそこを舐め始めたのです。
開き直ったように、指を出し入れしながら舐めています。
妻は、「でも、でも・・・」と言いながらも感じています。

ついに先生は、舐めながら自分のズボンを脱ぎ始めました。
そして妻を横向きにすると妻の顔のそばに下半身を近づけ、横向きのシックスナインの格好になり、先生は相変わらず妻のあそこを舐めています。
妻は先生のあそこに手は置いているものの何もしません。

すると先生は、「パンツから出して舐めてごらん?早く、出して舐めてごらん」と妻を急き立てています。

妻は首を横に振ってイヤイヤをしています。
先生に急かされてもイヤイヤをしている妻は凄く可愛く見えました。

私の気持ちは、もうこれで十分で、これ以上のことは望んでいませんでした。
妻が拒否していれば最後まで行くことはない、そう思っていました。
しかし先生の一言で、妻は変わっていきました。

「しゃぶってイカせてくれるだけでいいから、旦那さんには内緒にしておけば良い、私も喋ったりしないから」

先生にそう言われると妻は、「うん」と言って先生のパンツに手を掛け脱がし始めたのです。
先生のすでにビンビンになった息子が勢い良く出てきて、妻はそれを握って口に入れました。

興奮はしましたが、同時にショックでした。
さっきまでは妻が一方的に攻められているだけでしたが、今は妻自ら先生の息子を咥えているからです。
先生の息子を、私とエッチする時の様にしゃぶっています。
妻は先生に攻められ、「あうっ、あうっ」と喘ぎながら前後に顔を動かしています。
先生も「気持ちいい」と言いながら、妻のあそこを舐めたり触ったりしています。

まもなく妻の喘ぎ声がイク寸前に変わってきました。
そしてしゃぶるのを止め、先生の息子を手でしごきながら、仰向けに仰け反り、「うっ、っ」とイッてしまいました。
先生は舐めるのをやめて妻の顔を見ています。
妻は先生のあれを握ったまま、仰向けで目を瞑り、肩で激しく息をしています。

先生は握られた息子を妻の手から離し、「大丈夫ですか?」と話し掛けながら妻の足下の方に移動していきます。
私が『あっ』と思った瞬間でした。
妻の足を開き、先生は大きくなっている息子を妻のあそこに入れてしまいました。
妻は、「先生違う、ダメーっ」と言いましたが、もう遅く激しく突かれまくっています。

そして、「イキますよー」と言って先生は、お腹の上に果てました。

妻にキスをして、「最高でした、内緒ね」と先生。

「嘘つき」と妻。

その後、先生は妻をうつ伏せにすると、いつものクリームの薬を塗り布をあてて、いかにも治療しましたという感じにして二人は出て行き、ビデオは無人の部屋になりました。