友達の友達は・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

Y君と出逢ったのは先輩の結婚式でした。

Y君に彼女いることも話の流れで知ってましたけど、そのときは社交辞令もあり、なんとな~くアドレス交換をしたんです。

それから4ヶ月経ち、誘いもありY君と飲むことになりました。
Y君の友達も一緒に3人でごく普通に飲み、友達は最終で帰ると言ってそこでバイバイしました。
ほろ酔いのY君と私・・・。

「2軒目行こう」と誘いもありましたが、結局行ったのはラブホ。

そこでタバコの匂いのするキスをして、強引に服を脱がされ、お互いを愛撫し合いました。
Y君は消防士ということもあり、鍛えられた筋肉がステキ。
ちょっと強引なところもM気が強い私には嬉しくて「もっと、もっと」とおねだりしちゃいました^^
もちろん、大きくなったY君のものも裏から先っぽ、全部を舐めちゃいます。

「おいしい??」とか「こっち見て」とかいう言葉責めもたまらない☆

電気を消して・・・ナマで挿入♪
一気に突き上げてきて喘ぎっぱなしの私。
正常位→騎乗位→何だかよく分からない体位と繰り返して、フィニッシュ。
もちろん中出しは彼氏じゃないのでNGでしたが。

その後はまったりタイムを小一時間程した後、2ラウンド目開始。
今度はフェラでY君を大きくした後、人生初の公開オナニーをさせられ・・・。
濡れたところにまたまた一気に挿入です。
寝バックとかいうのを始め、とにかく色んなバックで突いてきます。
喘ぐ声もさすがにかすれました(笑)

長い本番を終え、帰り際のこと。
彼の免許証が見えました。
それは教えられたのとは違うY君の苗字。

何気なく苗字の話をして分かったことは・・・。
Y君は友達のお兄ちゃんだったということ。
その友達は、実はおとといにエッチしてしまった元彼の友達ということ。
酔ってて気付きませんでしたが、その元彼と行った部屋と今日の部屋は同じ部屋だったこと。

狭い土地なので知り合いの知り合いってことはよくありますが、まさか友達のお兄ちゃんとエッチしちゃうとは・・・。
たいした話じゃないかもしれませんが、誰にも言えなかったのでここで言わせてもらいました。