罪悪感も羞恥心も忘れて

この体験談は約 2 分で読めます。

私はMTBタイプの自転車でサイクリングに行くのが趣味なんです。

その日も、いつものように太もも辺りまでのスパッツと体にフィットした上着を着て、川沿いを上流に向かって出掛けました。

10キロぐらい登って行ったら、小学生ぐらいの子供達3人が釣りをしていました。
休憩を兼ねてそばに行き、釣りを見学しながら子供達と会話を楽しみました。
私は40歳なので彼らのお母さんよりはちょっと年上です。

3人は5年と4年と1年。
1年の子が私に懐いて来てきました。
可愛いので抱っこしてそのままにしていたら、「おっぱい、おっぱい」と言いながら、上着越しに胸を触ったり乳首の位置に口を合わせてきました。

「こら~」とか言いながら可愛いのでそのままにしてたら、他の子がじっとその様子を見ているのです。
視線が凄くてちょっと戸惑っていたら不意に乳首を噛まれました。

「あんっ!」思わず声を出してしまいました。

1年の子は上着をたくし上げてくるし、他の子はじっと見ているしで、変な気分になってしまいました。
周りに人がいないのを確認して、5年の子と4年の子をそばに呼んで・・・。

「あの・・・、ここちょっと触ってくれる?」と、スパッツの土手の部分を触らせました。

2人はここぞとばかりに触ってきました。
太ももやあそこを目いっぱいじっているのです。
私はもう感じ始めていました。

「ねえ・・・ここもっと触って・・・」

クリトリスの部分とあそこの部分を指差してお願いしました。
2人は言われた通りにしてくれました。
1年の子は私の乳首を直に吸ってきました。
この光景に異常な興奮を覚えてしまいました。

「おばさん、なんか汚れてきた・・・」

スパッツはいつのまにか濡れていました。

「いいの・・・あん・・そのまま・・続けて・・・・」

私はもうイキそうでした・・・。

「ああん!!」

いきなり脳天に快感が走りました。
5年の子がスパッツ越しにですが、あそこに指を入れようとしてます。

「すげ~入っていく!」
「あ・・・もう・・・ああああん!!」

子供達の責めに、私は罪悪感も羞恥心も忘れていってしまいました。
しばらくボーっとしてましたが、また会う約束をして私は家に帰って行きました。

タイトルとURLをコピーしました