わたしの休日の日課

この体験談は約 2 分で読めます。

30歳の独身女です。

小、中学生で年齢は12歳~14歳くらいの子が大好きです。
その子達とSEXがしたいとは思いません。
おちんちんをしゃぶってザーメンを飲むのが目的なんです。
このくらいの子のザーメンは濃くてすごく美味しいんです。
そう感じるのは私だけでしょうか?

学校帰りや公園で遊んでいる子を物色して車の中や公衆トイレ、建物の陰、屋上に連れて行きひたすらフェラします。
勃起しても10cmにもならない可愛いおちんちんを根元まで咥え込んで舌をベロベロと動かします。
中央部分から先っちょまで存分に味わいます。
若い子たちは持久力はありません。
ちょっとそうしているとすぐに大量の濃い精液を放出してしまいます。
口の中が若い子の精液でいっぱいになると、しばらくそのまま味わってからゴクリゴクリとゆっくり飲んで胃の中に流し込みます。
その瞬間が私が最高に興奮する時なのです。
この間もおちんちんは咥えっぱなしです。

若い子のおちんちんは1回出したくらいでは全然萎えたりしません。
私は次の精液をいただく為にまたおちんちんを刺激し始めます。
若い子たちは10回くらいは出してくれます。
もちろん全部美味しく飲みます。

最後は大好きな精液をたくさん出してくれたおちんちんをいたわる様に1時間くらいかけてやさしく舐めてあげてから開放してあげます。
といってもその頃になると子供たちはさすがに放心状態です。
だって時間にして4時間くらいずっと咥えられっぱなしなんですから。