テレクラで知り合った28歳の淫乱人妻

この体験談は約 3 分で読めます。

今日の出来事です。

暇だったのでテレクラで時間をつぶすことに。
待つこと数分で電話が。
好みではなかったのでパス。
次は援助目的だったのでパス。

3本目にかかったきた電話が28歳人妻のH。
「暇だったからかけてきた」とのこと。

まずは普通の話から入ることに。
よくしゃべる明るくて楽しそうな女性でした。
仕事のこと、ダンナのこと・・・。
ダンナの話が出たので話をエッチ方向に。
するとダンナは年上で精力減退気味で1ヶ月半ご無沙汰だそうで。
これはいける!と思い口説きモードに(笑)

「俺のは大きいよって言われてるから試してみる?」の言葉で彼女のオンナ心に火がついたらしく、会いたいと。

もちろん俺はOKし、待合場所へ。
そこにはちょっと太めだけどかわいらしい女性が。
28歳、しかもとても人妻には見えない・・・。
そそくさとホテルに入り、まずはお風呂にお風呂でもいろいろ話して楽しめました。
そして、いざベッドへ。

俺のものにおもむろに手を伸ばしてくるH。
触るなりあえぎ声を上げ「ほんとすごーい」と一言。

「もうすぐこれがHの中に入るんだよ」と言うと、
「想像しただけで体が熱くなっちゃった」と。

触ってみるともうすでにトロトロ。
1ヵ月半のムラムラが一気に爆発!?

あえてクリを触らず焦らしていると「ねぇ、女のオナニーって見たことある?」と。
もちろんあるけど、あえてないと答えると案の定「じゃぁ・・・見せてあげる」と激しくクリをいじり始めました。
痛いんじゃないの?と思うほど激しい。

「おまんこからいやらしいのがお尻まで垂れてるよ」と言うと、おまんこがヒクヒクし、ますますびしょびしょに。
一段と声が高くなり体を痙攣させ昇天。

そこでも淫乱振りを発揮。
イッたばかりなのに、「今ならすごく感じるの」と濃厚フェラ。
気持ちいい・・・。
我慢の限界に達したらしくフェラをやめ、ゴムをつけ「早く!!」と催促。

でも俺は意地悪だから息子でクリをグリグリやって焦らす。
すると息子をつかみ、穴に無理やり入れてくる。
すごい淫乱ぶりだ・・・。
入ってしまえば突きまくるのみ。

色々な体位で、時には深く入れ子宮を突き上げ時には浅く、角度をつけておまんこの壁をこすりあげる。
Hは枕をぎゅっとつかみ、快感に耐えている様子。
何度イッても俺は容赦しない。
6度目か7度目の昇天で俺もHの中に放出。

Hはしばらく動けない。
もう一度お風呂に入り2回戦。
今度は洗面所で立ちバックから。
Hに腰を振らせ「鏡を見てごらん。なんてスケベなんだ」と言うと狂ったように腰を振る。

片足を上げ横から挿入。
こうすると結合部が丸見えになるのです。
視覚効果もあり、またもHは昇天し、床に崩れ去りました。
ベッドに戻り正常位でフィニッシュ。
散々責めまくり、どっちが年上か分からなかったです(笑)

「抜いたあともまだ感覚が残ってるの」とセックスだけじゃなく会話も楽しめ、とてもよかったです。

Hもよほど気に入ったらしく、電話番号を教えてもらいました。
今度はバイブ持参でもっと激しくしようと思います(笑)

タイトルとURLをコピーしました