髪撫でるのは反則だよ・・・

この体験談は約 7 分で読めます。

大学3回生の頃の話。

ある冬の日の夜、仲のいい男女6人で飲んでいた。
ちなみに女の子の部屋で。
みんなかなりテンションが高く、隣の部屋から壁をドン!とされるぐらい盛り上がっていた。
しかし俺は前日から徹夜だったせいか、すぐに眠りに落ちてしまった。

ふと目が覚めると部屋は暗くなっていた。
体には布団がかけられていたけど雑魚寝だから寒い。
周りには誰も居ない。
この部屋の女の子も居ない。

廊下の方を見ると電気がついていて、ドライヤーの音が聞こえた。

(ん?ドライヤー?)

意識がだんだんはっきりし・・・状況理解&勃起。
とりあえずこの状態では起き上がれないので、治まるまで布団の中にいることにした。
すると、いつの間にかまた寝てしまった。

再び目が覚め、体を起こし周りを見渡すと、ベッドで女の子が携帯を弄っていた。

女「あ、目覚めた?みんなもう帰ったよ」

俺「まじで?なんで起こしてくれなかったの?」

女「帰るときに一回Tくんが起こしたんだけど、Aくん(俺)が超不機嫌そうな顔してまた寝たから、怒ってみんな連れて帰ってった(笑)」

俺「・・・そっか。悪いことしたな」

俺は寝ぼけ眼で帰り支度をしていたら・・・。

女「あ、帰る?」

俺「うん、帰る。長居してごめんね。みんなにも明日謝っとくわ(笑)」

そう言ったあと、しばらくして・・・。

女「もし帰るの面倒だったら泊まってもいいよ。外は雪だし・・・」

・・・心臓バクバク。

俺「え・・・いいの?」

女「うん、あたしは全然いいんだけど、もしかしてAくんは他の人の家で寝れないタイプ?」

俺「さっきまでここで寝てたけど(笑)」

女「あ!そうだったね!ごめんごめん(笑)」

(か、可愛い・・・)

普段から可愛いとは思ってたけど、なんだか今はいつもの10倍可愛く感じる。

俺「でも、男と2人っきりだと怖いでしょ。何されるかわかんないよー(笑)」

なに言ってんだ、俺。

女「あはは(笑)でもAくんは何もしてこないだろうなぁっていう、安心感っていうか、なんていうか、信頼っていうか・・・だから大丈夫だよ!」

俺「そっかぁ、ありがとう!」

嬉しいこと言われてるんだろうけど、『今日は一切エロ無しですよー』と遠回しに言われたような感覚になり、しゅんとする。
男として見られてないのか。

女「Tくんも言ってたよ。Aは手出してこないよ、チキンだからって(笑)だからあたしは大丈夫だよ」

俺「ははは(笑)そっかぁ(笑)」

あいつに謝るつもりだったが、撤回だ。

女「じゃぁそろそろ寝よっか。あ、床でごめんね!寒い?」

俺「ん、いや、大丈夫」

俺は勝手にイラっとしてたので、強がって大丈夫と言ってしまった。
かなり寒いっす。

女「そう?寒かったら言ってね。じゃぁおやすみ」

俺「うん、おやすみ」

妙な興奮と寒さが相まって寝付けない。
ごめん、やっぱり寒いと言ったらどう対処してくれるんだろうか。
暖房?さらに布団?

ゆいちゃん(女の子の名前)はもう寝ただろうか?
これでもし寝てたら本当に俺が何もしてこないと安心してるんだろうな。
さらにショックだなぁ。
と、あれこれ15分間ぐらい考えていると・・・。

俺「へ、ヘックション!」

鼻水じゅるり。
この寒さなら当然だ。

ゆい「大丈夫!?寒いよね、ごめん・・・」

男「大丈夫大丈夫。俺、鼻炎だから寝るときくしゃみ出るんだ。こっちこそ起こしてごめんね」

なに嘘をついてまで強がってるんだ俺(笑)
と、そのときだった。

ゆい「こっち・・・来る?」

(・・・え?)

俺「こっちって・・・え?どゆこと?」

思わず動揺して確認してしまう。
我ながら情けない。

ゆい「・・・一緒に寝る?」

俺は素直に“うん”と言う勇気も無く、ぼーっとしてしまう。
なんという根性なし。

ゆい「あ、一緒寝るとかイヤだよね。ごめんね・・・」

俺「ち、違う!イヤとかじゃなくて、緊張して・・・じゃぁ、一緒に寝てもいい?」

そう言うと、ゆいちゃんは嬉しそうにはにかみながら頷いた。
もう喜びと興奮が体中を駆け巡る。
こんなの寝れるわけがない(笑)

俺「じゃ、お隣失礼します(笑)」

相変わらずムードも糞もない俺(笑)

ゆい「どうぞー(笑)じゃぁ、今度こそおやすみなさい」

俺「おやすみ」

かつてこれほどの生き地獄を味わったことがあるだろうか。
シャンプーのいい匂い、片方の腕から伝わる温もり・・・。
息子も悲鳴をあげているかのように勃起している。
悶々とした状態が延々と続く。
興奮が蓄積されていく。
ふと視線を感じ、ゆいちゃんの方を見ると、目が合ってしまった。
お互い可笑しくて笑ってしまう。

ゆい「眠れないね(笑)」

俺「うん(笑)」

その後、沈黙が流れる。

(気まずい・・)

しかし、俺は急に男が目覚めたのか、我慢の限界なのか、ゆいちゃんの頭に手を持っていき、髪を撫で始める。

俺「さらさらだね、髪」

ゆい「そう?ってかやめてよー」

俺「なんで?」

ゆい「髪撫でるのは反則だよ・・・好きになっちゃう・・・」

俺は都合よく解釈すれば『告白』とも取れるその言葉を耳にし、さらに興奮した。

俺「じゃぁもっと撫でようかな」

するとゆいちゃんは黙ってしまった。
しばらく撫でていると俺の胸に顔をうずめてきた。

ゆい「ねぇ・・・ぎゅってして」

俺「うん、いいよ」

強く抱き締めた。
幸せな気分になった。
・・・がしかし、収まっていた息子がむくむくと大きくなる。

ゆい「あれ・・・なんか当たってるよ(笑)」

しまった。
こうなってしまったらやけくそだ。
唇を近づけ、無理矢理キスをする。
だが抵抗は無い。
唇を優しくついばむ。

ゆい「ん、んん・・・」

感じている声がまた可愛い。
さらに舌をいれ、激しくディープキス。
歯茎を舐めると切ない吐息が漏れる。
そのまま手を胸に持って行き、服の上から優しくさする。

ゆい「ぁあん・・・」

服の中に手を入れ、ブラの肩ひもをやらしく横にずらし、ゆっくり焦らすように乳首へ手を動かす。
乳首に触れる。

ゆい「んん!・・・」

感じている顔が愛おしい。
キスを止め、次に耳を優しく舐め、息を吹きかける。

ゆい「はぁん!」

耳はかなり効くようだ。
しばらく愛撫を続け、息も荒くなり、もうびしょ濡れだろうと思い、ゆっくりとゆいちゃんの下の方へ手を滑らしたその時、突然腕を掴まれた。

ゆい「だめ・・・」

俺「・・・そっか、ごめんね・・・」

なんだか急に夢から覚めたようだった。

すると・・・。

ゆい「違う・・・今アレになってるの・・・本当ごめん」

なんというタイミングの悪さ。

俺「謝らなくていいよ、仕方ないよ」

ゆい「ごめんね・・・中途半端でしょ?」

俺「うん、まぁ・・・」

ゆい「じゃぁ・・・手で・・・やろうか?」

俺「いいの?」

ゆい「うん。あたしばっかり気持ちよかったし、お返ししなきゃ」

俺は仰向けになり、ゆいちゃんが下の方にずれていく。

ゆい「・・・ごめん、実はあたしやったことないの(笑)ズボン、ずらせばいい?」

俺「うん(笑)」

ますます興奮してくる。

ゆい「パンツも・・・なんか恥ずかしい、どうしよ(笑)」

俺「ずらせる?」

ゆい「うん、頑張る・・・」

恐る恐るパンツをずらす。
はち切れんばかりのものが飛び出す。

ゆい「初めて見た・・・すごーい・・・」

俺「今まで付き合ってきた人とはそういうことにならなかったの?」

ゆい「うん、キス止まりだった。でもAくんが初めてで良かったかも」

(ありがとう・・・ゆいちゃん・・・あ、あれ、ゆいちゃん?)

ゆい「・・・え、次は、どうしたらいいの?(笑)」

(か、可愛い・・・)

俺「じゃぁ・・・それを手で握れる?」

ゆい「こう?」

俺「うん。それを、上下に動かしてみて」

ゆい「・・・あってる?」

俺「ぁ、うん・・・ぁぁ、そんな感じ・・・」

ぎこちない手つきだけど、最高に気持ちいい。

俺「はぁ、はぁ・・・」

ゆい「気持ちいい?」

俺「うん・・・かなり」

ゆい「そっかぁ」

ゆいちゃんは嬉しそうな顔をしていた。

俺「ねぇ・・・」

ゆい「ん?」

俺「フェラ・・・できる?」

ゆい「・・・やってみる」

俺「ありがとう」

俺のあそこに顔を近づける。

ゆい「舐めればいいの?」

俺「うん、舐めたり、咥えたり」

ゆい「わかった」

ゆいちゃんは恐る恐る口を近づけ、亀頭をぺろっと舐めた。

俺「ぅう゛!」

思わず快感に声を出してしまった。

ゆい「大丈夫?痛かった?」

俺「いや、気持ちよすぎて声が出た」

ゆい「そうなんだ」

すると自信がついたのか、全体を舐め回したり、亀頭を口に含んだり、初めてながらも頑張っていた。
ただ、何回も歯が当たって痛かったけど(笑)

そろそろ限界が近づき・・・。

俺「あ、イキそう・・・口に出してもいい?」

ゆい「うん」

俺「・・・あぁ、あ!イク!」

ゆい「んん!」

どぴゅ・・・どぴゅ・・・どぴゅ・・・どぴゅ・・・。

なかなか止まらない。
快感が半端ない。

俺はしばらく放心状態だった。

ゆい「こんなに出るんだねー!びっくりした」

俺「今日はすげぇ気持ち良かったからいつもの倍ぐらい出てるよ(笑)」

ゆい「へへっ(笑)」

俺「あ!!!ゆいちゃんもしかして・・・飲んだ?」

ゆい「え!?飲んじゃいけなかった!?」

俺「いけないことはないけど・・・」

ゆい「あたし飲むもんだと思ってた(笑)」

俺「普通まずくて吐き出すんだけどね・・・」

ゆい「まぁ美味しくはなかったけど(笑)Aくんのなら飲んでもいいかな♪」

どうしようもないぐらい愛おしくなり、いつの間にか抱き締めていた。

ゆい「・・・んー、眠くなってきた」

時計を見ると朝5時。

俺「あ、ごめんね。無理させたね。そろそろ寝よっか」

ゆい「うん」

ゆいは眠そうな顔を近づけて俺の唇にキスをした。

ゆい「おやすみ」

ようやくお互い眠りについた。

目が覚める。

(ここはどこだ?あ、そっか。昨日ゆいちゃんと・・・)

時計は昼12時を回っていた。
隣にはゆいちゃんがまだ眠っている。

なんて幸せな目覚めなんだ。
起こさないようにトイレへ行き、用を足すとまたベッドに戻り、布団の中にそーっと入る。

ゆい「ん?・・・Aくん?」

起こしてしまった。

俺「おはよう。よく寝れた?」

ゆい「・・・うん。まだ眠いよぉ」

そう言いながら、俺の右腕に優しくしがみつく。

なんて可愛いやつなんだ。
俺は昨日のように、また髪を撫で始めた。

俺「こうやると好きになるんだっけ?(笑)」

ゆい「もー・・・ばか(笑)」

しばらく撫でていると、ゆいちゃんは完全に俺に抱きついてきた。
そして今度は息子が目を覚ましたようだ。

ゆい「ねぇねぇ・・・もしかして、また元気になった?(笑)」

俺「うん・・・」

ゆい「男の子ってすごいわかりやすいんだね(笑)」

そう言うと、昨日のように俺の股間へ移動し、ズボンとパンツをずらし、手こきが始まる。

俺「昨日よりうまいよ・・・あぁぁ・・・」

ゆい「なんかAくん、可愛い」

俺「・・・恥ずかしい」

ゆい「ふふっ(笑)」

寝起きにも関わらず、早くも近づいてきたみたいで・・・。

俺「あ、ぁ、イきそう・・・」

そう言うとゆいちゃんは自然とものを咥えた。

俺「あぁ!ぁ、イク!」

再び口の中で果てる。
ゆいちゃんはまたごっくんしてくれた。
この喜びはなんとも言えない。

俺「ゆいちゃん、もうちょっと舐めれる?」

ゆい「うん」

まだ快感が残っており、くすぐったい感覚はなかった。

俺「ありがとう。気持ち良かったよ」

ゆい「すごい気持ち良さそうな顔してたね(笑)」

俺「・・・見てたの?(笑)」

ゆい「へへっ(笑)」

しばらく二人で抱き合い、余韻に浸っていると・・・。

ゆい「あのさぁ・・・」

俺「ん?」

ゆい「やっぱなんでもない(笑)」

俺「えー、言えよぉ(笑)」

ゆい「ってかそろそろ時間、やばくない?」

俺「あ、本当だ」

その後二人は急いで身支度をし、大学の集中講義へ向かった。