大嫌いなオタク社員に夜の職場で

この体験談は約 5 分で読めます。

私が18歳の時の話です。
高卒で地元の信用金庫に勤めた私は、まだ入って3ヶ月くらいの時、自分のミスで残業したことがありました。
女性社員はすべて帰り、私と支店長、そして営業マンの3人が残りました。

ようやくその仕事も終わり、支店長が「じゃあ、M(営業マン)はT(私)を駅まで送りなさい」と言い、先に帰っていきました。

Mさんはまだ28歳でしたが、すこし太っていて脂っぽく、頭も薄く、あまりしゃべらない暗い雰囲気で、いわゆるオタク系でした。
とにかく私は嫌いでした。
女子社員の間でも、嫌われていました。

Mさんと2人で帰るなんて嫌だなーと思いながらも、「じゃあ私服に着替えてきます」とロッカーに向かいました。

私がロッカーで着替えていると、急にMさんが入ってきました。
その時私は、制服のスカートとブラジャーという状態だったので、「えっ!ちょっと!今着替えてるんだけど!!」と思わずタメ口で叫んでしまいました。

しかし彼は構わず私のところまで近寄り・・・。

「へへへ・・・Tさんは、可愛い体だね・・・若いから、ピチピチしてる・・・」

そう言って、私の腕をさすってきました。

「やめてよ!気持ち悪い!!こんなことして!明日支店長に言いますよ!!」

そう叫びましたが、顔色一つ変えなかったので、私はとても怖くなりました。

「いやぁ・・・誰か・・・!!!」

叫びながらロッカーを飛び出そうとしましたが、腕を掴まれ、引き戻され、床に叩きつけられました。

「大丈夫だよぉ・・・可愛がってあげるからさぁ」と言いながら、私の上に覆い被さってきます。

私は怖くて怖くて、泣きながら抵抗しましたが、彼は私のブラジャーを無理やり外すと、「うわぁ、プリンプリンしたおっぱいだねー。えへへへへ」と言いながら、両手でおっぱいを鷲掴みにしました。
そして両手で揉みながら、舌で乳首を舐め始めました。

「可愛いよ・・・おいしいよ・・・ハァハァ」と言いながら、ネトーッとした感触の唾液が、私の体中にまとわりつきました。

そして彼は制服のスカートを脱がせると、ショーツの上から私のおまんこの匂いを嗅ぎ始めました。

「クンクン・・・クンクン・・・あれ、ちょっと臭いなぁ・・・消毒しないと・・・」などと言いながら、ショーツのまわりを舐め回しました。

私は自分でも、もう濡れているのがわかりました。
気持ち悪くて怖いのに、体は反応してしまっているのです。

彼は私のショーツをゆっくり脱がせると、人差し指で軽く割れ目を撫で、「あれぇ、こんなに濡れてるよ~?気持ちいいなら、そう言わなくちゃ~」と言いました。
そして私の足を大きく開くと、私のおまんこ顔を埋めました。

ぴちゃぴちゃぴちゃ・・・ちゅぱちゅぱちゅぱ・・・。
ちゅるちゅる・・・ぺちゃぺちゃぺちゃぺちゃ・・・。

いやらしい音を立てながら、私のまんこを舐め始めました。

「は・・・あ・・・はぁ・・・」

自然と私の声が漏れてしまいました。
彼はその声を聞くと顔を上げ・・・。

「Tさんは、淫乱なんだなぁ・・・。一体何人のちんちんをここに入れたんだ?」

そう言って、更に激しく舐めて来たのです。
私はもう我慢ができませんでした。
徐々に大きな声が出てしまいました。

「あんっ・・・あああっ・・・いい・・・ああん・・・はぁはぁ・・・」

彼は舌の先でクリトリスを刺激しながら、中指でGスポットを撫でました。

「ほら、いいんだろ?気持ちいいんだろ?この淫乱女め!ハァハァ」

「あああん・・・あああっ・・・はぁはぁはぁ・・・ああ、いい、あんっ・・・あんっ・・・」

「もっと声を出せよ。ホラホラ・・・」

ぴちゃぴちゃぴちゃ・・・くちゃくちゃくちゃ・・・ちゅぱちゅぱちゅぱ・・・。

「ああっ!!あああ!!ああん!!はぁはぁはぁ・・・あんっ・・・ああ!!」

もう、頭の中が真っ白になりかけて・・・。

「ああ、だめえぇー!!イク、イク、ああああああっ!!!イクゥーー!!!」

ビクビクビクッ!!!

彼は私の体を起こすと、私の目の前にちんちんを差し出してきました。

「さあ、これをしゃぶるんだ」

私は当時5人の男性との経験がありましたが、こんなに大きいのは見たことがありませんでした。
興奮していた私は、早く欲しくて仕方がありませんでした。
唾液たっぷりの口で、たまたまを軽く含み、舌で転がすように舐め回し、そのあと裏スジに舌を這わせ、先っぽをぺろぺろっと舐めました。
そのまま口に咥え、ゆっくり上下に動かしながら、舌で先っぽやカリの部分を舐め回しました。

ちゅぱちゅぱ・・・じゅるじゅる・・・ちゅぱちゅぱちゅぱ・・・ぴちゃぴちゃ・・・。

彼は時々「うぅ・・・」「ああぁ・・・」「はぁはぁ」と声を漏らしていました。

私は更に激しく上下に動かしました。

彼は「ああ、上手だ・・・この淫乱女め・・・おしおきだ・・・あぅ・・・」と言いながら、「さあ、四つん這いになって・・・」と、私の体を床に四つん這いにさせると、後から一気に突いてきたのです。

「あああああっ!!」

私は思わず大きな声を上げました。
ロッカー室中に響き渡りました。
彼のちんちんは奥までズンズンと突いてきます。

パンパンパンパンパンパンパンパン!!!

その音に合わせるように、私の声が上がります。

「あっあっあっあっあっあっ!!!あんっ・・・ああ・・・!!」

「はぁはぁ・・・いいよ・・・よく締まってる・・・そして可愛いお尻だ・・・」

彼は私のお尻を撫でながら、奥まで激しく突いてきます。

「ああっ!あっあっ!!あんっ!!あんっ!!はぁはぁ・・・あああん・・・」

「いいよ・・・もっと声出して・・・はぁはぁ・・・」

両手でおっぱいを揉みながら、更に激しく突いてきました。

パンパンパンパンパンパンパンパン!!!!

「あっあっあっ!!あああっ!!あああっ!!イイ・・・!!すごいー!!」

私はもうどうにもならない感覚に襲われました。
クリトリスでイッたことはありますが、膣でイッたことはありませんでした。
でも、イキそうなのが自分ですごくよくわかりました。

「ああっ!!ああ!ダメ・・・イク・・・あっあっあっあっ!!ああああっ!!」

「わかった・・・僕も一緒にイクよ・・・まだダメだよ・・・まだ・・・」

パンパンパンパンパンパンパンパンパン!!!!

「あっあっあっ!!ああああっ!!ああ!!ダメ、我慢できないっ!!」
「よし、僕もイクよ・・・ううぅぅ・・・はぁはぁはぁ・・・い、イキそうだっ・・・」

「あああああああああああ!!!イ・・・イクぅっ・・・!!!」
「うううううっ!!!」

彼は急いで私を仰向けにすると、私の口の中にたくさん出してきました。
私の口の中は、彼の精子でいっぱいになりました。

それから私は、Mさんとはほとんど口をきかないまま信金を辞めました。
でも、今でもあのセックスを思い出すと、また誰かに犯されたくてしかたなくなるのです・・・。