初体験は彼女の妹

この体験談は約 3 分で読めます。

僕が中学3年生の時にタメの彼女がいて、ある日、彼女の家に遊びに行くことになりました。
彼女のお母さんは夜に帰ってくるとのことで、家には僕と彼女と、彼女の妹ミキちゃんの3人でした。

彼女に妹がいるのは知っていましたが、会ったのは初めてで、一目見ただけで、僕の彼女をそのまま小さくしたような感じで、すごく可愛くてロリロリで・・・。
話すと、中学1年で、バドミントン部らしくて、ミキちゃんの人懐っこい性格からか、気づくとまるでタメのように話していました。

その日は彼女と、彼女の部屋で色々話してたんだけど、テレビを見てたら彼女がベッドに行ってちょっとドキドキ。
でも、しばらくして見てみると寝てました。
普通寝るかっ!?

でも彼女も部活帰りで疲れていたのだろうと思い、起こさずに帰ろうと部屋を出ると、妹のミキちゃんも自分の部屋から出てきて「もう帰るの?」と聞かれました。
事情を話すと、笑いながら「じゃあ私と話そう?」と言われ、親もまだ帰ってきてないしまあいいかと、ミキちゃんの部屋に行き話していました。

やはり思春期なのか、だんだんとエッチな話になり・・・。

ミキ「もうお姉ちゃんとエッチしたの?」

僕「いや、まだ(汗)」

ミキ「まだ純潔?」

僕「今のところ純潔守ってます!」

ミキちゃんはかなりウケてましたww

それで結局「一緒に純潔卒業しよっ?」と言われ、もう僕もムラムラしていたので、「いいよ」と即答。

するとミキチャンが「オチンチンしゃぶりたい」と言ってきました。
僕はその時よく分からなかったけど、ミキちゃんがズボンから取り出して、ビンビンになった僕のモノを口いっぱいにいきなりしゃぶりついてきて、これではさすがにすぐイッてしまうと思って、まずは先っぽだけ舐めてもらいました。

何度も先から我慢汁が出てきて、その度に吸い取ってくれました。
ミキちゃんの小さい口でのすごい吸い付きに耐え切れず、口の中に射精!!
全部は飲めなかったけど、すこし精液を飲んでくれました。
オナニーとは全く違った初めての快感に、僕はヘトヘトでベッドに座り込みました。

ミキちゃんは、今フェラが終わったばかりだというのに、自分の服を全部脱いで、座っている僕のオチンチンを、またすごい勢いで吸い上げてきました。
こっちを見て「気持ちいい?」と言いながら僕のモノをしゃぶっている姿を見て本当に可愛く思えてきて、頭を撫でながら「気持ちいいよ」と返しました。
そうしているうちに僕のモノはさっきより硬くなって、本当に棒のようになってしまいました。

僕はお返しに、ミキちゃんのマンコを激しく舐め上げると、「あぁ!すごいよぉ!!」と叫んで、中からは愛液がジュルジュルと溢れてきたので全部舐め取ってあげました。

そしてついに、ミキちゃんを横にして正常位で挿入・・・。
初めてだけあって、さすがに最初は痛そうだったけど、だんだん慣れてきたようだったので動かそうとしたけど、きつくて全体的に締め付けられて、今にも中に出しそうでした。
僕はすこし体勢を変えて、上から正常位のまま突き刺すような感じで押し込んだり引き抜いたりして頑張ったのですが、10往復ぐらいで締め付けが強くなり、我慢できずに中でイッてしまいました。

射精しても俺のモノは硬いままで、刺したままでまた動き出しました。
そして体位を変え、騎乗位で、ミキちゃんを上に乗せて自由に動かしていましたが、ミキちゃんが「あぁ・・・イキそう!!」と言ったときは、下から僕が突きまくってあげました。
終わって身体を離すと、ミキちゃんのマンコからは、僕の液とミキちゃんの液が混ざり合ったものが出てきました。

何とか彼女にはバレることなく家に帰り、それから数週間後、僕から誘って彼女とも交わることができました。
でも彼女がいるのに、まさか彼女の妹とが初めてになるなんて思ってもいませんでした。