嫁とロータープレイ

この体験談は約 7 分で読めます。

ニッケル水素充電池っていうのはすごい。
ローターに入れると、威力倍増なんてもんじゃない。
嫁を競泳用水着に着替えさせて、髪の毛ポニーテールにして、眼鏡もかけてもらって。
さっそく試してみた。
ポニーと眼鏡はともかく、競泳水着は重要。

いつも通りにしてて、途中でいつものローターを取り出す。
水着なのでローターを挟んでしまえばもう落ちない。
ローターのスイッチを入れる。
最弱に設定したけど、電池のせいでいきなり強並みに振動する。

彼女は「いきなり・・・」なんて言ってるけど、ホントはまだ『弱』なんだよね。

手で色々位置を変えてやると、とりあえず1回イッた。
イッたときにさらにグリグリしてやると、逃げようとする。
両手を押さえ付けて、体を重ねて動けないようにする。
何しろ水着を着ているから、いくら暴れてもローターはそのまんま。
膝でローターを押し付けてやるともう一度イッた。

しばらく膝で色々やるけど、ちょっと反応が鈍くなってきたみたいなので、ローターを『中』に設定。
でも威力はいつもと違って『大強』みたいな。

「ぎー」とか叫んで、ちょっと暴れる。

「気持ちいい?」って聞くと「ぐうう・・・」って答えるから、まあ、いいんだろ。

膝でグリグリしたり、手で色々角度を変え始めると、腰を浮かせてイキ始めた。
股間の布地の横から、前からも後ろからも手を入れて、より気持ちいい位置を追求する。
続けて何度もイク姿を眺めるのは、とてもエロくて興奮する。
お尻の穴に指を入れていると、イクときにビクビクと締め付けてくる。

何度イッたのかわからないけど、そのうち「ダメ」「止めて」とか言い始めた。

膝の上に生温かいものが流れてきて、失禁したことがわかった。
でも、シーツの上にはタオルケットを敷いてあるし、水着だから濡れても大丈夫。

そのままローターを『強』に設定。
今までで最強の振動に変わると、嫁はまた「ぎー」という声を上げた。
ローターは、普通のピンクローターのくせに“ぶぉんぶぉん”唸っている。
また失禁が始まったのか、ローターの振動で“じゅびじゅび”という音もする。

「もうちょっと頑張れ」と声を掛けてさらに責め続ける。

責めを止めるつもりか、時々、手が伸びてくるが、さっぱり力が入らないらしい。
そもそもローターは布地の中だから、簡単に取れないよ。
それでもしばらくすると、反応が鈍くなってきた。
いったん中断。
嫁は肩で息をしながら、ぜいぜい言ってる。
顔が涙目になっているので、キスで誤魔化す。

タオルケットをごみ箱に入れて、別のタオルケットを敷き直す。
そしてあそこを少し舐めてやると、びっくりしたような反応があった。
さっきまでの振動に慣れて、反応なんてないと思っていたのに意外だね。
手付かずの中も指を入れるといい感じ。

舌でしばらくクールダウンしたところで、布地をずらして挿入。
すぐにいい声を出し始め、30秒もしないうちにイッてしまったばかりか、そのままいい感じの声を続けてまたイッた。
それからは、喘ぎ声だけであと一息という感じだ。
布地をずらして、再びローター挟む。

「もうダメ。もうイケないの」と嫁は言うが、何でローターを挟んだときに言うんだよ。

無視してローターのスイッチを入れ、『弱』に設定するが、ちんちんにもかなりの振動がある。
ちんちんには布地越しの振動だが、嫁は直の振動に耐えていることになる。
私が腰を動かす必要はほとんどない。
ゆっくり突いて、押し付けたままじっとしていると、そのままイッてしまった。

ここでローターを『強』に設定。

「気持ちいい?」と聞きながら、腰を動かす。

突くたびに「がー」とか「ぎー」という、わけのわからない言葉を叫びながら何度かイッている。

ちんちんにもかなりの振動がきて、自分もイキそうになるので、押し付けたりぐりぐりする。
しばらくそのままにしていたが、どうにも気持ちがいいので、ローターの電源を切って、ちんちんを抜いた。
嫁はぜいぜい息をしながらぐったりしている。

「今、イカせないとまた続くからな」

そう言うと、オレの顔を跨いで、太ももで顔を挟んでくれる。
その体勢でちんちんを口に含むと、喉まで簡単に入る。
頭を押さえて喉に出した。
道具に頼っているが、今年一番のプレイだった。

今日の嫁は、体操服っぽいTシャツに紺色のハーフパンツ。
この格好で、いつも通り眼鏡をかけさせる。
まずは添い寝。
半身で上に乗ってもらう。
その体勢のまま、パンティの上から軽くひっかいたり、たいしてない胸を鼻でグリグリしながら反応を見る。

そのうちパンティが湿ってくるから、そうなったら指をパンティの中に侵入させる。
その間、嫁はちんちんを弄ったり、オレの胸を舐めたりしている。
パンティの中はヌルヌルだけど、指で中を責めている間は静かなものだ。
喘いだりもしない。
充分にヌルヌルになってきたら、その液でクリを弄り始める。

ここらへんから「ふ・・・うう」とか「う・・・ん」とか言って、ちょっとだけ反応するようになる。

指でイク寸前まで追い込んだら小休止。
この間に、パンツやシャツを脱ぐ。
脱いでいる間にも、ねだるようにちんちん咥えにくる。
咥え始めは唇や舌でねっとりと。
それからゆっくり喉の奥へ。
半立ちのちんちんが、喉の入り口を通過するのは気持ちがいい。
喉でフェラしてもらっている間、ちょっとだけ指でパンティの中を弄る。
適当なところで嫁をひっくり返して、パンティをずらしてちょっとだけクリを舐めてやる。
イキそびれていたので、すぐに喘ぎ始める。

今日は面倒なので、ローターを入れた。
例のローターだ。
スイッチは『弱』だけど、『強』になるローターだ。

「あー」とか普通の声を出してイッてしまった。

が、後が続かない。
しばらく責めたものの、なかなか二度目はイッてくれない。
反応も決して悪くないと思うのだが。

「もっと強くして欲しい?」

そう聞くと、ものすごく小さな声で「うん」だって。
こういう要求を聞いたのは初めてだ。
ちょっと進歩。

というわけで、ローターを『中』に設定する。
しつこいようだが、このローターだと振動は『大強』である。
ローターのくせに“ブー”とか唸ってるし。

スイッチを弄った途端、嫁は腰を浮かせるようにして「があー」とか言いながらイキ始めた。

腰を浮かせたまま、続けて二度ほどイッたようだ。
そのうち体をよじって逃げようとする。

手首を捕まえて、足も使って押さえ込む。
ローターを『強』、つまり『最強』に設定して当てると、声も変わって「ひぎー」とか「あがー」とか色々叫ぶ。

遂に「やめてー」という声がした。

もちろん、やめない。

するとローターが“じゅー”という音を立て始めた。
失禁したようだ。
今日は水着を着ていないから、いつもと音が違う。
パンティにおしっこが吸われてしまうからか。

「あーあ、またやったな」とか言いながら、ちょっとクールダウン。

慣れているからベッドの上にバスタオルを2枚敷いているが、後始末しとかないと布団が大変なことになる。
ビタビタになったパンティを脱がし、濡れたバスタオルでくるんで、とりあえずごみ箱の上に乗せる。
嫁はぐたっとして何もしない。
片付けるのはオレだ。
手際よく始末したら、さあ続きだ。

まずクリを舐めてやる。

「ひいっ」と叫ぶ。

いつもそうだが、絶対に叫ぶ。
ローターの刺激の後だというのに、このときだけはやたらと反応がいい。
嫁がいい声を発するようになったので、ちんちんを挿入。

挿入した瞬間だけ「あ、あああああ・・・ん」と叫んで、後は普通に反応している。

セックスしているみたいに普通に喘ぐ。

二度ほど「またイクう」とイッたところで「もうダメ」とか言ってる。

「もうイケないのか?」と聞くと「うん」って言ってる。

クリのあたりにローターを置く。

「あ、それダメ」とか騒ぐが無視してスイッチを入れる。

『強』てゆーか『最強』にセットして腰を動かすと、また「ひぎー」とか「うがー」と叫び出す。

お尻を抱えるようにして下から手を回し、ヌルヌルになったお尻に指とか入れる。
第二関節くらいまででいい。
とにかく、入れたままで腰を動かすとまたイク。

「そこいや」「いや」「があー」とか叫びながらイク度に、お尻の穴はビクビクして、指を締めつけてくる。

こうして何度もイカせていると、ちょっと様子が変になってきた。
声も「があー」ばっかりで、イクときの波がなくなってきた。
続けてイクというのがこの状態だとしたら、悲鳴も単調だし、個人的にはあまり好きではないな。
お尻に入れた指もたいして締めつけなくなってきたし。
続けてイクけど、何かちょっと変な感じ。

ちんちんを抜いて、ティッシュで軽く拭いて横になる。
キスをしてやると、それを合図に、嫁が這いずってきて添い寝した状態に。
息が上がって“ぜいぜい”している。
嫁の柔らかい脚で、オレの片脚を挟んで、乳房を押し当てて、「はあはあ」言いながら胸を舐めてくれる。
もちろん片手はちんちんの面倒を見ている。
ちゃんとやらないと、また責めが始まっちゃうしね。

しばらくするとイキそうになるので、嫁の顔をちんちんに押し付けて口に含ませる。
ちんちんを喉まで、ゆっくりとすべり込ませる。
喉に入ったまま、舌を動かしたり、喉を締め付けたり。
刺激を楽しみながら、ちんちんを休ませる。
しばらくしたら動き始める。
突然、喉の奥まで突いてやると“ぐぼっ”と音がする。
お腹がへこんで、吐くのを我慢しているのがわかる。
えずくと喉の入り口が収縮して、なかなか気持ちがいい。
ちょっと可哀想だが・・・。

奥まで突っ込んでいる間、嫁は息ができない。
時々ちんちんを口まで戻してやる。
えずくと鼻水も出る。
だから口で息をしようとする。
口を開くと糸を引くよだれが大量にこぼれる。

嫁はそれに構う暇もなく「はあはあ」言いながら、手でちんちんを刺激してくれる。

早くイカせないと自分が苦しいからね。

息が整ったら、またちんちんを喉まで入れる。
こんなことを繰り返しているうちにイキそうな感じになる。
素早くちんちんを口まで戻して息継ぎさせる。

そして「イクぞ」と一言。

ちんちんを口に含んだまま「う、ん」という返事が返ってくる。

頭を手で押さえ付け、ちんちんを突くと“うぶぉ”と音がする。
この声は息継ぎした後の一度だけ。
続けて、喉の奥までちんちんを突き込むと、“ぐぼ、ぐぼ、ぐぼ”と音がする。

目に涙をいっぱい溜め、喉にちんちんを突きこまれるのに耐えている。
たぶんこの時が、嫁にとって一番苦しいはずだ。
目を閉じて必死で耐えている。
オレがイッて動かなくなったらおしまい。
涙と鼻水とよだれで、ぐちゃぐちゃになった顔のまま「ふーう、ふーう」という独特の呼吸をしながら、オレの出したものを飲み込んでいる。

後始末が終わったら、頑張った嫁を抱き締めてキスしておしまい。