飢えたバツイチ女を見知らぬ男に抱かせてみた

この体験談は約 5 分で読めます。

以前付き合っていた、セフレとの実話です。

彼女は40代後半で、小学生の息子と専門学校の娘を持つバツイチでした。
彼女とは出張先の会社で知り合い、最初のデートで中出し。
セックスに飢えているのがわかりました。
そこから彼女の調教が始まりました。

ある日、彼女といつものようにホテルに泊まり、朝からパチンコ屋に向かいました。
いつもパチンコ屋に行く時は、ノーパン・ノーブラで胸元が極端に開いたミニのワンピースを着させていました。
当然、いつも隣の客に凝視され、時にはスカートの中に手を入れられることもありました。

「絶対に拒むな」と、私から言われていた為、彼女は見知らぬ男に自由にノーパンのスカートの中身を弄られ、その姿を私に監視されじっと耐え続けていました。

バックで隠し、他の客に知られないようにするので精一杯のようでした。

「番号教えてよ、いいだろ」と、大抵の男は彼女の耳元で囁いてくるそうです。

彼女は、「言えません・・・」と答えつつも感じ続け、耐えられなくなり席を立ちトイレに逃げ込みます。

彼女が逃げた後は、追いかける勇気のある客はそういません。
その後、店の外に連れ出し、どれだけ濡れていたか確かめると、太腿まで溢れるまで汁を垂らしていました。

私「イカされたのか?」

彼女「・・・うん」

正直に答え・・・。

彼女「でも怖かった、もういい?」と私に訴えてきます。

私「まだ見せてないだろ。ダメに決まってるのわかってるだろ!」

彼女をパチンコ屋に戻しました。
自販機に向かわせジュースを買わせましたが、絶対にしゃがませず前屈の状態でジュースを取らせますので、後ろから見ているとノーパンでいる彼女はバレバレでした。

その姿を見ていたのは私だけではありませんでした。
私の斜め前にいた30代半ばくらいの男性が、彼女のその姿を凝視していたのです。
私はいつもと違う何かが起こると直感しました。

その男性はゆっくり彼女の背後に近づき、彼女が振り向き様に・・・。

「奥さん、穿いてないんですね、僕、見させてもらいました。ちょっと外に出ませんか?」

「何でですか?行けません・・・」

「奥さん、知られてもいいんですか?穿いてないのに。あっ、ブラもしてない、わかりますよね?」

彼女は私の方に、『どうしたらいいの?』と助けを求める視線を向けていました。

そんな彼女を、その男性は手を繋いで店の外に連れ出して行きました。
彼女は抵抗することも出来ず言い成りです。
私は2人を追いかけ、店の外に出ました。

私が外に出て2人の行方を探していると、2人は駐車場のエレベーターに乗り込むところでした。
私は2人がエレベーターに乗ったことを確認し、止まる階を待ちました。
止まったのは3階、私も3階に向かい2人を探します。
しばらく探していると1台のワンボックスの陰に2人を見つけました。
2人に気づかれないよう近づいて様子を窺っていると、すでに抱き合いキスをしています。
男性の手が彼女のスカートを捲り上げ、お尻もオマンコも丸見えにして、指でオマンコを激しく掻き回しています。
少しずつ2人に近づき、十分に2人の行為が見えるところまで行くと、彼女の押し殺した声が聞こえてきました。

「お願い、見られてしまいます、許してください」

「奥さんはもう逃げられないのわかってるよね?見られるために来たんでしょ?」

2人のやりとりまで聞こえてきます。
男性は私と同じSの男性のようでした。
彼女は男性の言い成りになることだけで、十分に感じていました。

「奥さん今からでしょ、セックスしに来たんだよね、変態なんだね」

「やめて、違う、変態じゃないもん・・・」

彼女を変態行為で感じるようにした私は、もう2人の行為に見入っていました。

スカートは胸まで捲り上げられ、彼女の大きい乳首も丸見えです。
その時、ほかの車が通りかかりました。
咄嗟に彼女がしゃがみ込み、自分の辱められている体を隠すと、男性はファスナーを下げてペニスを出し・・・。

「奥さんしっかり舐めてよ、奥さんのオマンコに入れるんだから」

「ダメ、入れない!許して、舐めるから許して」

そう彼女は言い男性のペニスを舐めさせられました、と言うより舐め始めました。
もう、彼女が自分からペニスを受け入れる準備をしていることが私にはわかりました。
以前からカップル喫茶や複数プレイを経験させていましたので、私の前でペニスを舐める彼女は見慣れていました。
しかし今回は私が見ているとは思ってなかったそうで、私に見せたことのない表情、見知らぬ男に今から膣の奥深くに射精されることを待っているような表情を浮かべて、必死にしゃぶり続けていました。

「やっぱり奥さん上手いね、オマンコもいいんだろうね、楽しみだよ」

「ううっ・・・、ンンン・・・」

首を振りながらも、必死に舐め続ける彼女。

男性が腰を引き、彼女の口からペニスを抜くと・・・。

「奥さん立って、入れるよ、後ろ向くんだよ」

男性は力任せに彼女を立たせ、後ろ向きに車に手をつかせてお尻を突き出させました。

「ヤダ、見えてる、やめて、お願いだから」

彼女はそう言いながら、尻を突き出したままで受け入れていました。
彼女の膣の奥に男性のペニスが飲み込まれていくのをはっきり見ていました。

「抜いて、お願い、抜いて抜いて!」

最初は声を押し殺し囁いていましたが、男性が口を塞ぎ、彼女声がすすり泣きに変わっていくのを見て、私も興奮していました。
男性が彼女を前に向かせ、片足を抱えて挿入しようとした時には、自分から腰を突き出し、ペニスを受け入れようといています。

「奥さん、いい子だね」

そう言って男性は、激しく彼女を突き上げています。

「お願い、本当に恥ずかしいの、車でして、何でもするから・・・」

信じられない彼女の発言に私もびっくりしましたが、成長した彼女に可愛さを感じた一瞬でした。

男性がワンボックスの後部座席のドアを開け、彼女を車内に入れます。
ワンピースは脱がされ、何も身に着けていない状態にされ、彼女も抵抗せず車内に消えました。
2人が激しく腰を使っていいるのはすぐにわかりました。
ワンボックスの車体は腰の動きを私に伝えるように揺れています。
私は、確実に中が見えるところまで近づきました。

「欲しかったの、いっぱいして、何でもするから!」

彼女はさっきまでとは別人にのように、男性にキスをして抱きついて腰を使っていました。

「一回出そうね、いいよね?出しても」

「出して、いっぱい出して、中がいいの!」

「出る!奥さんのオマンコに出るよ!」

「イク、イクッ、出ちゃう、出ちゃうから・・・」

彼女はイキながら失禁してしまう癖があります。

2人の動きが止まりました。
彼女の膣の奥に大量の精子が流しこまれた瞬間でした。

それから数分後、車が動き出しました。
彼女は私が待っていると思って嫌がったそうですが、男性に連れられホテルで何度も膣の奥深くで男性の精子を受け入れ、3時間後にやっと男性から解放されました。
当然連絡先を聞き出され、その後もその男性に調教されています。

ただ、私の指示でされていることまでは、その男性は知りません。