義母と妻が悪戯される光景・後編

この体験談は約 5 分で読めます。

その夏、私達はキャンプにも出掛けた事があります。
車で、1時間くらいして目的地に到着です。
現地に着くと、私達の他に2組の方がいました。

1組は老夫婦で、もう1組は40代の男3人です。

みんな私達をジロジロ見るんです。
それもそのはず、妻も義母もキャンプだと言うのに、ミニスカートに胸元開いたミニTシャツなんですから。

出掛ける時に、私も「キャンプでミニスカートは無いだろ!」って言っても、「問題無いよ!可愛いでしょ」って全然話に成らないんです。

老夫婦はまだしも、おじさん達にしてみれば、目の保養です。
私達(殆ど私一人)もテントを組み立て、椅子やテーブルの準備をしていると、おじさん達がやって来ました。

おじさん1「こんにちは、キャンプ初めてですか?」

私「はい。分かります?」

おじさん2「分かりますよ。段取り見ていれば、大体。何か手伝いましょう!」

おじさん1「私は木村と言います。そっちが佐々木、そして彼が高橋です」

私「どうも、私は加藤です」

妻「こんにちは、よろしくお願いしま~す」

義理母「すみません!素人なもんで」

木村さん達は、手際もよく準備はあっと言う間に終わり、テントの立て方も教わりました。

木村さん「今晩、一緒に夕食でもしませんか?食材も一杯あるんで・・・」

義理母「でも悪いわ!手伝ってもらったうえに、食事まで・・・」

高橋さん「いいえ、男3人も味気ないんで、一緒なら色々話して楽しいでしょう」

佐々木さん「そうして下さい。我々も今日で3日目で、寂しくなって居た所なんです」

私「じゃ、お言葉に甘えて良いですかね?」

木村さん「いいですよ。こちらこそ、お願いします」

そんな感じで、夕食は一緒にすることになりました。
もう一方の老夫婦は、マイペースで早々に夕食を済ませると「ちょっと温泉に行ってきますね」って車で出掛けて行きました。

私達は夕食の準備を始めました。
相変わらず木村さん達は要領もよく、次々と料理を作っています。

妻「料理上手何ですね?凄い!」

佐々木さん「そんな事ないですよ。俺達、単身赴任で料理も自分で作るんです」

義理母「単身赴任では、大変ですね」

高橋さん「もう慣れました。かれこれ3年になりますから」

私「3年!奥さんとかいるんですか?」

木村さん「みんな居ますよ。子供も大きくなって自立してますから」

義理母「そうなんですか?奥さん1人で寂しんでしょうね」

木村さん「そんな事ないんです!1人で伸び伸びして、私が帰ると邪魔者扱いです。ハハハ」

高橋さん「そうですよ。みんなそんなもんです」

そんな話をしているうちに、夕食の準備も終わり、みんなで食べ始めました。
酒も一緒に飲んだこともあり、会話は大いに盛り上がり、エロい話に展開です。

木村さん「恵さんは、旦那さんが亡くなって夜は寂しんじゃないですか?」

義理母「そうなんですよね!もう寂しくて・・・」

木村さん「しかし、綺麗ですよね。周りの男達が黙っていないでしょ!再婚なんて考えていないんですか?」

義理母「誰もいませんよ!もう40過ぎのおばさんじゃ」

高橋さん「そんな事ないですよ。見た目は20代ですよ。初めて見た時も娘さんと姉妹だと思ってましたし」

佐々木さん「そうですよ。俺、妻が居なかったらアタックしてましたよ」

義理母「上手いですね!みなさん」

佐々木さん「本当ですよ。かなりエロい感じ・・・私大好きですよ」

義理母「このムッチリ体型?好きなんですか?」

高橋さん「え~全然、良いスタイルですよ」

確かに男好きなボン・キュ・ボンな感じ。

木村さん「娘さんもお母さんに似て綺麗で可愛いですよね!旦那さん羨ましいよ」

私「そうですか?もっと飲みますか」

そんな話で盛り上がり、私はちょっとトイレに向かいました。

トイレから戻る時、気がつきました。
妻、義母共にミニスカートで低めに椅子に座っている為、木村さん達からはパンツ丸見え状態なんです。
しかも、2人共結構エッチな感じの下着(レースの透けているタイプ)なので、よく見れば毛も透けているかも知れません。
まぁ、みんな寂しい生活送っていると思うと、ちょっとくらいサービスしないとと思い、見ないフリをしました。

酒もだいぶ進み、みんな酔っていました。
私はセーブしていた所もあり、正気でした。

そんな時、木村さんが「この奥に蛍池があって、蛍綺麗ですよ!行きます?」と言い出した。

もちろん妻も義母も大喜び!
さっそく出かけることになりました。
私は現地の見張りも必要という事もあり、残ることにしました。

義母、妻は木村さん達と奥の方に歩いています。
その時、高橋さんの手が妻のお尻に触れているのが見えました。
私はちょっと不安もあったのですが、色々話を聞いて同情と、ちょっと妻が悪戯されるのも見てみたくなりました。
その時、老夫婦が帰ってきたので、蛍池に行く事を告げ、見張りをお願いしました。
老夫婦も気持ち良く了承してもらい、私も後をつけて行きました。
(かなり小走りで)

そっと後をついて行き、直ぐに妻達が見えました。
私は声を掛けず、後ろから見ていると、高橋さんは妻のお尻のスカートを捲り上げ、手は完全に尻を撫でています。
義母も同じく佐々木さんに触られています。

現地に着いたらしく、妻と義母は「あ~綺麗」って言っています。

感動している時には、妻のパンツは下げられ、高橋さんはマンコに手が触れています。
義母も左右に佐々木さんと木村さんに囲まれ、胸や尻を触られています。

2人はそんな事お構いなしで、「蛍綺麗・・」って完全に気にしていません。

すると、「ここは蚊に指されるから奥の小屋に行きましょう」と言って歩き始めました。

小屋の中に入ると電気が点けられ、私も裏窓から中を覗いています。

小屋の中には、テーブルや食糧・酒がありました。
たぶん数日滞在している彼らが、準備していたのでしょう。
妻も義母もまた酒を飲まされ、完全にベロベロで横になってます。
高橋さんは、横になった妻のパンツを下げ、マンコを一気に舐め始めました。
義母もTシャツも脱がされ、パンツもスカートも脱がされ全裸です。

佐々木さんと木村さんは「久しぶりだ」と体中舐め回していました。

私もかなり興奮し息子はビンビンです。

遂には、嫁は高橋さんに入れられていました。
義母はもっと凄く、マンコに佐々木さんが入れ、口には木村さんのチンポを咥えさせられ、「ンゴォ、ンゴォ」って苦しそうでした。
でも殆ど意識は無いと思います。

2人共外に出すと「交代だ」って入れ替わって犯していました。

みんな2回は出した頃、服を着せ始めました。
私は、ちょっと戻った所から「お~い何処だ!」って声を上げると、木村さんがちょっとして小屋から出てきました。

木村さん「こっちです。ここで飲んでいました」

私「酒あったんですか?」

木村さん「昨日ここで飲んでそのままだったんで、残りを・・・奥さん達、酔って寝ちゃって」

佐々木さん「今、運んで上げようと思っていました」

木村さん「じゃ戻りましょう」

私は、妻をおんぶし、義母は佐々木さんがおんぶして戻りました。
妻の口からは、精液の生臭い臭いがしていました。

テントに戻り、木村さん達と別れました。
私は2人の口を拭き(義母のマンコも拭いてあげました。見ながら一発抜きました)、眠りにつきました。

翌日、妻と義母は完全に記憶が飛んでいるらしく、“蛍池って何!?”状態ですから。

それを聞いていた木村さん達が近寄ってきて・・・。

木村さん「おはよう。昨日はどうも」

義母も「すみません、記憶無くなって・・失礼なことしませんでした?」

・・・ですから、私は目を瞑ることにしました。

木村さん「また、どこかで会えるといいですね」

高橋さん「昨日は本当に楽しかったです。単身で寂しかったから・・・本当に嬉しかった」

佐々木さん「私もです、あなた方と出会ってよかった」

彼らは悪い人には見えなかった。
本当に嬉しそうで・・・。

私「また、教えて下さい。キャンプ!」

木村さん「ありがとう、こんな私達で良ければ、いつでも・・・これ」

名刺をくれた。

佐々木さん「私達この近くで働いていて、暇見てはここでキャンプしていますから・・・いつでも」

私は、また直ぐにキャンプに来ようと思いました。
(結局一ヶ月後には、出会ったのですが)

義母も妻も、ニコニコお礼を言い、帰路に就きました。

私は、この頃から義母・妻の無防備さを感じ、2人の悪戯光景を楽しむ癖がついたのです。