妻の友達・幸子に挿れたい衝動に駆られて

この体験談は約 5 分で読めます。

妻(恭子)の友達の家に遊びに行った。
妻の友達の幸子(29歳・長谷川京子似・独身)は一人暮らしをしている。

俺はある日の土曜日、家で妻と昼間から酒を飲んでいた。
・・・と言っても飲んでるのは俺だけだが・・・。

妻と話していると幸子の話になった。

「幸子、最近どうなんだよ?」俺が言う。

まあ、可愛いとは思っているけど妻と三人で飲む只の友達って関係。

「うーん、暇みたいよー、遊んであげれば?」

妻は、俺が妻の友達と遊んでも全然平気。いやマジで。
俺は妻の色んな友達と二人で飲みに行くことなんて日常茶飯事だし、妻は俺も友達も信用してんのか・・全く疑わない。
というか俺の酒の相手が嫌なのかもしれないw

で、幸子にメールしてみた。

「おー、どうなんだよ、最近」
「うーん、暇だねー」

「そっかー、いま、飲んでて勢いついちゃったから、そっちいくよ」
「OKー、酎ハイしかないから、適当になんか買ってきてね」

「あいよ、チーズケーキ買ってくぜ」
「あたしゃ、チーズ食えないんだってばさ」

「ふっふっふっ、まあ、任しとけってw」

そして妻に「ちょっと行ってくる」と言って、電車に乗り20分。

幸子の家の近くの駅に着いた。

「おおー、今、駅着いたから迎えに来いよ」
「OK~!五分待つべし」

・・・。

「おっす」
「ああ、久しぶりだねー、顔真っ赤じゃんw酔っ払いー」

「ああー、お前に照れてんだよん」
「またまたー」

「よし、部屋行って飲むべ」
「うっすーw」

車で五分、幸子の家に着いた。

「おお、いい匂いするねー」
「まあねー、花の乙女ですからw」

「ほー、んじゃ、まあ、二人の夜に乾杯~!」
「まだ、三時だっちゅうのw」

俺はソファーで飲み、幸子はエプロンを着けて摘みを作り出した。
ジーパンにタンクトップ、エプロンというお姉さん系の格好。

「おおー、女っぽいじゃん」
「まあねー、裸にエプロンじゃなくてごめんねー」

「あっはっはー」
「どれどれ?」

俺は幸子が台所でニンジンを切ってるところを見に幸子の後ろから近づいた。

「ほー、綺麗だねー」
「まあねー、一人暮らし長いもんでニンジンくらいはねー」

俺は幸子の右肩越しから胸元を覗いてた。

「いやいや、胸がね」
「うわ!もうー」

幸子は驚きながらも包丁を持ってるために動けなかった。

「ちょっとだけ触るぜ」
「駄目だよー」

俺は“駄目”という言葉の前に、後ろから抱くように両方の胸を揉んだ。

「おお、やわらけー、ノーブラ?」

「もう、エッチなんだからー、家じゃブラつけないの!」
「ふーん」

2分くらい揉んだり乳首コリコリしてると「はい、おわりー」と言って、幸子がサラダをテーブルに持って行った。

「ふむー、Aカップだな」
「しかたないだろー、成長しなかったんだから」

「いやいや、綺麗なピンク色でしたよ」
「あー、もう・・そこまで見てるとはw」

ソファーに二人で座り飲んだくれた。
俺がサラダを食おうとしたら、幸子もだいぶ酔っ払ってきたらしく・・・。

「食べさせてあげようかーw」
「おー、もっちろん!」

「えっらそうにーw」
「はい、あーん」

「あーん」
「あーあー、口にドレッシングついたよ」

「舐めてとってー」
「えー、どうしよっかなー」

「いいじゃん、大したことねえよw」
「まあね、恭子には内緒だからね」

「OKーOKー」

幸子が可愛い舌を出し、ペロッと出して舐めてくれた。

「おお、なんか照れるな」
「ねー、へへ」

俺は幸子を見つめた。

すると幸子も無言で見つめてきた。
俺はそっと唇を合わした。
幸子の小さめの可愛い唇にドキドキした・・・。

「サラダ味w」

俺は恥ずかしさを誤魔化した。

「ははー、違うよ。サウザン味」
「そっかーw」

俺たちは目線を外さないで喋った。

「もう一回」
「うん」

俺は舌を出した。

すると幸子も舌を出す。
そして、絡ませた。

「んっ、んーー」
「はあ、んー」

「あー、すげえドキドキする」
「うん」

「なんか、いいな」
「うん」

俺はそう言うと何気に上を見た。

「あれ?」

「うん、ロフトなの」
「へー、初めてみた」

俺は立ち上がり階段を上がった。

「へー、ここで寝るんだ」

布団が敷いてあり、パジャマが布団の上にあった。

「幸子あがってこいよー」
「えー、どうすっかなー」

「お前に選ぶ権利はない、はよこい」
「えっらそうにー、恭子に言うよー」

「ごめんなさい、はやく来てください♪」
「全くー」

そう言い、幸子は上に来た。

「あー、何寝てるのよー」
「すっげー気持ちいい、横こいよー」

「やだよーやられちゃうもん♪」
「馬鹿、何想像してんだよ、やらしいなー、何もしねーよー」

「やらしくないもん」

そう言い幸子が俺の左側に入ってきた。

「おお、いいねー、なんか恋人みたいじゃん」
「えへへーw」

幸子は俺が左手を伸ばすとそれを枕代わりにした。

「なあー」
「ん?」

「俺さあ、お前とやりたい」
「んー」

「可愛い子とやりたくなるのっておかしいか?」
「ははは、上手いね」

俺は自分の左手を引き寄せた。
幸子が俺の胸の中に納まった。

俺は右足を幸子の脚に絡ませ、幸子の股を開いたり閉じたりした。
もう俺の股間はビンビンだった。

「もうー、しかたないなー、でもさエッチは駄目」

「・・・・・・」

「恭子の顔見れなくなっちゃうから」

幸子はそう言って布団の中に潜っていった・・・。

「んっ」

下半身に電気が走る。

幸子は俺の股間をさすりながらベルトを外していた。
俺はラッキーと思いながら脱ぎやすいように腰を上げた。
スルスルとズボンが膝辺りまで脱げたとき、ひんやりした手の感触が股間を襲った。

俺はビクッとなった。

「うっ」

俺は下半身をモゾモゾさせた。
幸子は何も言わずに布団の中で作業をしている。

すると・・・。

「んっ!」

生暖かい感触が襲った。

「うわっ、んーー」

あの幸子の可愛い唇で俺の息子を咥えているんだろう。

「はあ、はあ」

見えない状況で俺はすげー興奮した。

「あー、すげー」

あまりの興奮に俺は布団の中に手を入れ、幸子の頭を持ち激しく前後させた。

「んー」

幸子が苦しそうに声を出す。

俺は手を離し、布団を捲った。
幸子の長い髪は乱れ、タンクトップは捲れ上がっていた。

「もうー、苦しいでしょ!」

幸子がちょっと膨れている。
それがまた可愛い。

「幸子・・もう俺、駄目だ」

幸子はニコッと微笑んだ。

俺は幸子を抱きしめ、タンクトップを脱がし乳首を激しく舐めた・・。

「あー、んー・・」
「す、すごいよ幸子、乳首立ってる、ビンビンだよ」

「恥ずかしい」

俺たちは全裸になった。

「綺麗な体してんなー」
「そんなことないよ」

「なあ、後ろからしようぜ」

幸子は後ろを向き、四つん這いになった。
俺は慌てて息子を入れた。
物凄い挿れたい衝動に駆られていた。

「んっ!あっ、入ってる・・あー」

幸子は俺の股間の動きに合わせて声を出した。

「んっ、んっ」

俺はさっきのフェラが効いてて、三分くらい経つとすぐにイキそうになった。

「あー、もう俺、駄目かも・・」
「んっ、いいよ、いってー」

「んー、どこに出せばいい?」
「口、あたしの口に出して」

「あーーー駄目だ!うっ!」

俺は幸子の“口に出して”の言葉で、中にちょっと出してしまった。

慌てて抜いて口にもっていく。
俺は息子を懸命にしごく。

「あーーー」

幸子は苦しそうな表情をする。

「んーーー」

俺は息子を口にねじ込み、出し入れした。

「おおー、気持ちいいー!」

そして全部出した後に、幸子の口から息子を出し、幸子のホッペで息子の先端を拭った。
幸子はボーっとした表情で俺を見つめてた。

「ふー、気持ちよかったー」

「・・しちゃったねー」
「ああ」

「子供できてたらどうする?」
「・・・・・・」

おしまい