母の下着で自慰にふける祖父

この体験談は約 2 分で読めます。

もうだいぶ前なのですが、祖父が存命中のことです。

父(当時42歳)と、母(当時36歳)と、自分(当時15歳)、そして祖父(当時68歳)の4人で暮らしていました。
父母ともに仕事をしており、祖父は週3回の嘱託での仕事以外は留守番という身分です。

その日は、学校をずるで早退し、家でテレビゲームでもしようと目論んでいましたが、下半身がムラムラしだしたので、クラスメイトの写真をネタにオナニーをすることにしました。
ただ、自室ではいつ襖を開けられるか分からないので、押入れに入り、息を潜めながら懐中電灯の明かりを頼りにオナニーに興じました。

射精後、眠気が襲ってきたので少しまどろんでいると、祖父が帰宅してきた気配がありました。

「おい!◯◯、帰ってきたのか?」と何度か呼ばれたのですが、かったるいのでシカトしたままやり過ごしました。

どのくらいしたでしょうか、ガサガサと箪笥を引き出しているような音がしたので、そっと押入れの戸を開けて様子を窺うと、祖父が母のパンティやブラジャー、パンティストッキングを引っ張り出して、シコシコとオナニーしていました。
ストッキングをチンポに巻き、パンティやブラジャーを顔に密着させながら、ハアハアと興奮したようにチンポをしごく姿に驚くと共に興奮を覚えました。

「◯◯さん・・・」と母の名前を呟きながら、母のパンティを頭からかぶる祖父の姿に自分のチンポも勃起してしまいました。

祖父は母に女を感じ、母とセックスしたくて仕方ないのでしょう。

そうこうするうちに絶頂を迎えた祖父は、急ぎチンポにまきつけたストッキングを取り去り、ティッシュに射精しました。
肩で息を数度したのち、何事もなかったかのようにオナニーで使った下着類を箪笥に丁寧に戻して、また外に出て行きました。

母の下着などに性欲など感じなかった自分でしたが、さすがにそのときばかりは収まりがきかなくなり、祖父の使った下着類を出して自分もオナニーしてしまいました。
パンティやパンストからは祖父の唾液臭やザーメンの香りが微かにしており、母と祖父のセックスを想像して自分も2回目の射精をしました。

きっと何度となく、祖父は母の下着でオナニーしていたのでしょうね。