ミニスカで朝のゴミ出しに来る隣の奥さん

この体験談は約 4 分で読めます。

僕は現在35歳。
32歳になる妻と、小学4年になる子供がいます。
転勤が多く、会社のほうで手配してもらっているマンションに住んでいます。
妻もこの春からはパートで仕事をはじめました。
生活の足しにと始めたのですが、正直妻には感謝というか、申し訳ない気持ちが強いです。

ただ唯一の不満は、妻と2人の時間が取れなくなったことです。
それまでは平日の休みの日、子供が学校に行っている時間に妻との夫婦の関係、つまりセックスを楽しんでいたのですが、それができなくなったのです。
夜中にすれば・・・と思われるかもしれませんが、2LDKと狭く、子供が夜中にトイレとかで起きてくることもあり、正直ストレスが溜まり気味でした。
しかしそれは妻も一緒。
でも、「お互いに我慢しよ」と言われて、数ヶ月が過ぎました。

そして、そうなると、今まで全く気にならなかったことが、気になるようになりました。
休みの日の朝のゴミ捨ては、もともと僕がやっていました。
その時にしょっちゅう一緒の時間になる奥さんがいて、エレベーターで乗り合わせたときなど、挨拶がてらに会話も少ししていたのです。
住んでいる階が7階ということもあり、往復すると結構な時間、話ができます。

その奥さんは20代後半くらい。
若くて可愛らしい方です。
1年前に隣に越してきて、新婚さんでした。
見た目はAV女優の佐山愛さん(わかる人にしかわからない例えですが、僕は心の中で『愛さん』と呼んでいます)にそっくりで、背が高く、ストレートのロングヘア。
そして、なんと言っても迫力ある推定Gカップのバスト。
可愛らしいと言いながらも、僕の妄想の中では、スケベなことが好きな奥さんというイメージでした。

その理由として、朝のゴミ捨ての時、いつも胸の谷間を見せつけるかのようなキャミソール姿にデニムのラフなミニスカなんです。
膝上15センチくらいとかなり短く、少しで中が見えるような長さでした。
僕のストレスが溜まっていくタイミングと相まって、季節がちょうど真夏に入ったことで、今まで気にしていなかったことが妙に気になってきていました。

(新婚だし、毎夜激しいセックスをしてるんだろうなあ。それとも、こんな格好で僕のこと誘っているのか?いや、まさか・・・)

僕はそんな妄想を繰り返していました。

そんなある日、子供も妻もいつも通り出掛けてしまい、僕はゴミ捨ての準備をしました。
その日は猛暑で、朝からうだるような気温でした。

(僕も奥さんと同じように、露出っぽい格好でゴミ捨てしたらどうなるんだろ?)

僕は自分の部屋に戻り、急いで着替えました。
上はタンクトップのTシャツ1枚、下はホットパンツとまではいきませんが、結構短めのショートパンツ。
結構タイトで、しかも色が白のやつです。
もっこり具合がよくわかる上に、ショーツを赤のビキニタイプにしたので、薄っすらと透けて見えました。

準備完了。
部屋を出てエレベーターに向かうと、わずかな時間差で隣の奥さんも出てきました。
奥さんも、いつもの露出タイプのスタイルでした。

「おはようございます。ほんとに毎日暑いですよね」

普通の会話で始めます。
エレベーターが1階に向かっていて、上がってくるまでには時間かかりそうでした。

「ほんと、こんなに暑いと薄着になっちゃいますよね。暑いの苦手なんで」

普通の会話のようで、そういう話に持っていこうとしているかのようで・・・。

「いやいや、ほんとそうです。僕も朝から耐えられなくて、タンクトップのシャツに着替えちゃいましたよ。もう少し体を鍛えているとカッコいいんですけどね。それにしても奥さんはすごく似合ってますね!雑誌のグラビアから出てきたみたいですよ!あっ、いやらしい意味じゃなくて、ですよ」

ようやく無人のエレベーターが来て、2人乗り込みました。

「そんなこと主人は言ってくれないし、すごく嬉しい。私のことが好きで結婚したくせに、最近は『痩せろ』とか『その胸、大きすぎて気持ち悪いから隠して!』とか言うんです。ひどいでしょ?」

早速ピンポイントなこと言ってきました。

「ちょっとひどいね。僕はこんな奥さんがいて、すごく羨ましいと思ってましたよ。奥さんのバストを見て癒されてます。うちの妻・・・子供におっぱいあげてたらぺちゃんこになっちゃって」

「っていうことは、私のおっぱいに少しは興味があるってことですか?」

その質問に答えようとしたとき、1階に到着しました。
他の階の住人もゴミ出しに来ていたので、何もなかったかのように2人でゴミ捨て場へ。

「あぁ・・・。こういうの気になるんです。もっときれいに使って欲しいです。手伝ってもらえます?」

奥さんはしゃがみ込んで、散らかっているゴミをかき集めはじめました。
手伝っていると、違和感を覚えました。

(あれっ?奥さん、下を穿いてない?微かに見えたような・・・。それともTバックか?)

ゴミを出し終え、再びエレベーターへ。
またしてもなかなか下りてきません。

「さっきの質問、ご主人、覚えてますか?」

(正直に答えていいのか?)

「まあ、いやらしい意味ではなく、あの、ほんとに奥さんのような大きなおっぱいはすごく興味あります。だからと言って、妻のBカップが嫌いというわけではないです」

「はっきりしてくださいw好き?嫌い?どんなことがしたいですか?ちゃんと答えてください」

エレベーターが来て、7階に到着。

「質問に答えます。うちでコーヒーでも飲みますか?」

「答えを聞いてから考えます」

まだエレベーターホールの前です。

「じゃあ答えます。とっても好きです。奥さんの大きなおっぱいでパイズリしてもらったり、両手で鷲掴みにして奥さんを気持ちよくしてあげたいです」

「やっぱりそうでしょ。さっきからご主人の前、すごく張り詰めてますよ。嘘はダメ!」

2人で奥さんの部屋に移動しました。
もちろん、入るなり抱き合い、激しい音を立てながらのディープキス。
空いている手でお互いの恥部を探り合いました。
もう止めることはできません。
半年近くのストレスは一気に発散され、何度も奥さんのバストや口へと精液が放たれました。
奥さんも、ご主人と2週に1回ペースだそうで、かなり溜まっていたようです。
お互いのストレス発散のため、その後は毎週のように交わりました。
今も隣の奥さんと楽しんでいます。

タイトルとURLをコピーしました