兄妹相姦に興味津々の妹が夜這いしてきた

この体験談は約 4 分で読めます。

納得のいかないことが起こった。
うちの親は超ケチだ。
中2で、やっと携帯を許されたほどなのに、今回妹は小5で携帯を与えられた。
この事だけでもカチンって来てた。
さらに頭にきたのは、妹の携帯はサイトが開ける普通の携帯、俺のはプリカ携帯!
親に詰め寄ると、俺は信用してないって!
逆らってもどうしようもないから、ぐっと我慢した。
その事が裏目に出た。
両親にざまーみろと心の中で叫んだ。

事が起こったのは、知り合いの通夜に両親が出かけた夜。
部屋でテレビを見てたら、コンコンとノック。

「お兄ぃ。ちょっといいかな?」

「なんだよ」(ムスッて顔)

「あのね。頼みがあるの」(モジモジ)

「お前、何企んでんだ?」(疑いの目)

「何よ!その言い方。お兄ぃなんて、大っ嫌い!」

妹は怒って部屋を出ていった。

「なんだっつーんだよ、バーカ。嫌いなのは知ってるよ」

はっきり言って妹とは仲が良くない。
理由は、生意気で、チクリ魔で、ヒステリックで・・・って、数えればきりがない。
しかし、ちょっと変な態度だったよな。
だいたいノックなんて普段はしないし。

風呂に入る為にリビングに入ると、いつもリビングのソファーを占領してる妹の姿がない。
気にも留めず風呂に入り、体を洗おとしたら、ボテイシャンプーが切れていた。
仕方なく、「香織ー、ボディシャン取ってくれよ」って叫んだ。
すると素直に、「ちょっと待って」って脱衣場で探してる。

「先に頭を洗ってなよ」

「ああ。そうする」

カラカラ・・・(風呂のドアが開く音)。

「あっ、そこに、置いといてくれよ」

シャワーで泡を流して振り向くと・・・。

「お前っ!何してんだ」

妹がビショビショで立ってた。

「だってさ、置いてたらボディシャンプーが倒れてこぼれんじゃん」

確かにそうだけど。

「もういいよ。濡れたし。背中流したげる」

「はぁ?」

言われるがままゴシゴシ。

「今日のお前、おかしいぞ」

「そうかな。フフン(鼻歌)」

「わかった、わかった。頼みってなんだよ」

「聞いてくれるの!」

その後、妹の口から想像を絶するセリフを聞くことに・・・。

「あのね。お兄ぃはもうエッチしたんだよね?」

「ぶっ、なっ、お前はどうなんだよ」

「うん。非処女だよ」

「い、いつ?」

「去年だよ」

「去年って?まさか太一か!」

「うん」

太一は同級生。

(あの野郎。明日中に殺す。いや、今殺す!)

「お兄ぃ、私、寒いから入るね」

って服を脱いだ。

(おぉぉっと、なかなかの体をしてるな)

「私さ、エッチってね、あんまり気持ち良くないんだぁ」

「えっ、そうなんだ」

「まだ痛いんだよね」

(“まだ”ってことは現在進行形だから、太一だけじゃないってことか?)

「何人経験してる?」

「8人かな」

「は、8人」(絶句)

「お兄ぃは何人?」

「俺は・・・ご、5人だ」(じつは1人で、成功か失敗かも微妙)

「少ないね」

「うるさい。で、頼みは?」

「後で部屋に来て」

「わかった」

2人、風呂から上がり、各自部屋に戻った。
俺は凹む気持ちを隠して妹の部屋に向かった。

開口一番、携帯サイトの書き込みを見せられた。
妹のタンクトップ&超ミニスカの格好が、書き込みを読むにつれ理解できた。
どの書き込みを読んでも、兄と妹の近親相姦の話ばかりだ。
妹は読んでいる俺の反応を観察してる様子。

(薄着は挑発?まさかね・・・)

「で、これを読むのが頼みなのか?」

「違うよ。読んでどう思う?」

「どうって、まぁそんな事もあるかもなって」

「じゃあ同じことをしようよ!」

(やっぱそうきたか。これだけ伏線を張られたら馬鹿でもわかるよな)

「悪い、俺はノーマルだからできねーよ」

がっと手を引っ張ってベッドに引きずり込もうとする妹を振り払い部屋に帰った。
頭の中がグルグルしてパニックだったからすぐに寝た。

夜中に下腹部に快感を覚えて目を覚ますと、薄明かりの中、目に飛び込んできたのが女のアソコだった。
夢かと思い、指で割れ目を触ったら、聞き覚えのある声で、「あん」って。
ガバッと起きると妹が素っ裸で俺のチンコに吸い付いていた。

「馬鹿、やめろ!」

時間を見たら午前0時。
騒いだら両親にバレる。
絶対に俺が悪くなる。

「母さんたちにバレたらヤバイだろ」

「じゃあ私の言う通りにして、静かにするから。わかった?私はセックスが気持ち良くなればいいんだからさ」

渋々と妹の要求に従った。

「じゃあ、お兄ぃ、舐めて」

俺の上で仰向け状態で口にアソコを近づけた。

ペロペロ、ジュパジュパ、ズルズル。

音だけが薄暗い部屋に響く。
妹の声は聞こえない。

(俺の舌テクではダメなのか?)

顔に跨がってベッドの台座に手を置き、前屈みになり、声を押し殺している。
30分くらい舐めたかな、口の周りはベトベトだった。
妹は自分から四つん這いになった。

「お兄ぃ、入れて」

俺はチンコをぐいっと差し込んだ。

「痛いか?」

「大丈夫だよ。早く動いてぇ」

初めはゆっくり、徐々に速度を上げて腰を使ったら、妹は「イクゥゥゥゥ」って絶叫して果てた。
しばらくすると妹が甘えた声で言ってきた。

「お兄ぃ、まだ欲しい」

そう言うと俺の上で激しく腰を上下した。

(もうどうなっても知るか!)

仕返しとばかりに妹の中に大量射精した。

翌朝、一緒にシャワーしながら話した。
今までの妹の相手は、ちょっとアソコを触ったらすぐに挿入してきた。
昨夜のように、ちゃんと濡れてから挿入すれば大丈夫。
それが結論だった。

「サイトに書いてあった通り、『兄妹は最高』ってほんとだね」

俺は彼女と別れさせられ、高校卒業まで何回ヤッたことか・・・。
妹だからガキの頃から同棲してるようなもんだし。
倦怠期もなく1日おきに生セックス。
よく妊娠しなかったと今になって胸を撫で下ろしている。

タイトルとURLをコピーしました