遊び相手にはもってこいの女・後編

この体験談は約 3 分で読めます。

彼女と約半年付き合い、性的なことを数多く教わり、楽しい思い出もいっぱいあったが別れることにした。
それから数年が過ぎ、お互いに社会人となった。
街ですれ違うこともなく時は流れた。

22歳の時、偶然居酒屋で彼女と会った。
こっちは男友達と、彼女は女友達と飲んでいた。
俺も彼女もお互いに一目で分かり、懐かしさで微笑んで会釈した。

数分後、俺がトイレに行くと同時に彼女も後を追いかけるようについて来たらしく、俺がトイレから出ると入り口で出くわした。
相変わらず彼女からはメスの匂いがプンプンし、フェロモンを撒き散らしてるように感じられたが、学生時代とは違い、大人の女という雰囲気が漂っていた。
スカートにはパンツラインがくっきりと見えて、乳は前に突き出している。
すれ違う男なら誰でも振り返るいい女になっていた。
お持ち帰りしたい気持ちがどんどん湧いてきて、声をかけてしまった。
彼女もその気だったみたいで、俺は「◯時に駅前で待ってるから」と告げて元の席に戻った。

少しまだ時間があったが、友達と別れて早めに待っていたら、彼女も友達と別れて笑顔で現れた。
いきなり俺の腕を取り、懐かしそうに肩に頭を傾けてきた。

「ホテルに行くか?」

彼女が即OKしたので、酔い醒ましも兼ねて歩いて近くのホテルへ。
待ちきれないのかエレベーターのドアが閉まると同時に彼女に舌をねじ込まれ、右手で息子を握られた。
やっぱ彼女は当時と変わっていなかった。
部屋のドアを閉めると同時に、俺のズボンとパンツを一気に下ろし、半立ちのチンポを一気にパクリ。

(あ~、最高に気持ちいい・・・)

でも、我慢我慢と自分に言い、俺もその後十分に経験を積んだので、がっつかないで大人の男を味わわせてやることにした。

ベッドに入る前にすでに2人は丸裸だった。
崩れるようにベッドに倒れ込み、お互いの性器を激しく舐めあった。
舌先をオメコにネジ込み、味を楽しんだ。
少ししょっぱい味がしたが、どうでも良かった。
どちらが先に相手をイカせるか、まるで競争でもしているかのようにお互い性器から口を離さない。
俺のチンポからは先走り汁が大量に出ているに違いない。
彼女のオメコ汁もどんどん湧いてきた。
前と同じであまりオメコも臭くないので、愛液まみれのオメコを舐めあげることができた。
愛液が俺の顎を伝って首筋まで流れてきている。
俺は酒が入っていたので全く大丈夫だったが、彼女はそろそろ限界のようでオメコを俺の顔に擦り付けながら軽くクリでイッたようだった。

俺の顔はベタベタのヌルヌルになった。
彼女はくるっと向きを変えて、「ゴメンね」と言いながら、犬のように俺の顔を舐めて綺麗にしてくれた。
最高級の奉仕だと思った。

俺も早く抜きたかったので、彼女のオメコにゆっくりと腰を送り込んでいった。
相変わらず簡単に俺のチンポをニュルと飲み込んで絡み付いてくる。
昔を思い出していると、彼女の脚が俺の腰の上でロックされた。
密着度が高まり、逃げようにも逃げれないほど、完全に脚が絡んでいる。
俺は強引に腰を送り込み、これでもかと奥深くを何度も突いた。
彼女から異様な声が漏れる。
まるで盛りのついた雌猫のようだ。

「気持ちいいのか?」

そう聞くと、1年以上も男に抱かれてないらしく・・・。

「無茶苦茶感じる、気が狂いそうなくらい感じる、オメコが疼いて我慢できない、中でイキたい、中で出して、あぁ~・・・いい・・・感じる・・・イクイク、イク・・・あぁ~だめ~」

強くしがみつき、ガクガクと大きく身体を揺らして彼女はイッた。
俺はまだまだ大丈夫だが、脚を絡められて逃げようにも逃げれない状態。
しかし、万が一にも中に出してしまったらまずいので、絡んでいる脚を無理やり解いてバックから突き入れてやった。
円を描くようにオメコの中を掻き回し、大きなストロークで突く。
いやらしい音が部屋に響き渡り、チンポが子宮に当たっているのがはっきりわかった。
彼女の中でイキたかったが、我慢して彼女の背中に精液をぶち撒けた。

数年ぶりに彼女を抱き、高校時代の思い出がフラッシュバックした。
俺たちは抱き合いながら眠りに就いた。

その後、自然の流れで、割り切った関係で月に数回、ごく自然に求め合い、性欲を吐き出した。
1年が過ぎた頃、彼女から突然、「結婚して広島の方に嫁ぐことになった」と打ち明けられた。
最後の夜、今まで以上に俺たちは求め合った。
ずっと嫌がっていたアナルも処女をいたくことができた。

年に2回ほど地元に帰ってくる。
さすがにもう抱くことはない。
たまに会って昔話に花を咲かせる良き友人だ。

タイトルとURLをコピーしました