透ける競泳水着で若くて筋肉質なインストラクターを誘惑

この体験談は約 4 分で読めます。

人にはあんまり言えない私の趣味の話をします。

私の趣味は、水泳をすること。
近所にもスポーツジムはあるし、市民プールも車で10分くらいの距離にはあるのですが、私はわざわざ市の市民プールに行っています。
市民プールって、あんまり露出の多い水着は着られないですよね。
だから私は競泳水着のタイプで行くんですが、普通の競泳水着よりも少し薄め。
通販サイトで買ったもので、水に濡れると乳首の凹凸まで体のラインを拾います。
彼氏はいますし、指摘されたことはありませんが、私はあそこの毛も量が多く、もっさりと生えていて、しかもなんて言うか太いので、毛も薄っすらと透けてしまいます。

でもそれが快感で、いつもアンダーショーツもつけず、胸のパッドも入れずに泳ぎます。
市民プールは少し年配の方や、子供たちが多いけれど、インストラクターや見張りをしている人は若い男性が多く、そちらからの視線がもう本当にたまりません。

この間も、閉館ギリギリの時間まで泳いで更衣室に向かおうとしたら、1人のインストラクターのお兄さんに声をかけられました。

「あの・・・いつも来られてますよね?」

20代前半くらいのお兄さんは、しっかり筋肉のついた体をしていました。
私と同じ年の彼氏は30歳を過ぎた頃からお腹が少し出てきて、まるでムーミンみたいな体型。
それに比べてお兄さんは惚れ惚れするような腹筋でした。

「そうですね。週末はよく泳ぎに来ていますけど」

「あの、これから時間があったら、一緒にごはんとかどうですか?美味しいお店を知ってるので!」

「いいですよ」

私がにこっと笑うと、「表で待ってます!」とお兄さんが嬉しそうに言いました。
私は今年で33歳だから、お兄さんとは下手したら10歳くらい年齢差があるかもしれません。
それなのに誘ってくれるなんて嬉しいなと思って、わくわくしながら食事へ。
小さな居酒屋さんで食事をして、私は車だったのでお酒は飲めないと言うと、「今夜は俺の家に泊まっていったらいいですよ」と言ってくれて。

お言葉に甘えてお酒を飲んで、いい感じに酔っぱらってタクシーでお兄さんの部屋へ。
玄関に入ったとたんに抱き締められて、「あの・・・いいですか?」って。
彼氏とはご無沙汰だし、ばれなければ浮気じゃないと思っているから、返事の代わりに私からお兄さんにキス。
唇を舐めたり舌を絡めたりしながら、そっとお兄さんのあそこを触ると、ジーパン越しにもわかるくらい熱くガチガチになっていました。

「ね、ここ、舐めてもいい?」

「じゃ、じゃあ俺も」

ごちゃごちゃっと靴を脱いで、ベッドまで行くのももどかしく、廊下にお兄さんを押し倒しました。
スカートの中に手を入れて、パンツも一緒にストッキングをずるっと脱いで、お兄さんの顔の上に跨がります。
シックスナインが好きじゃない女性は多いようですが、私は年下の男性とこういうセックスをするときに限って、シックスナインは大好き。
だって自分で自由に腰を動かして、好きなところを舐めてもらいやすいですし。

お兄さんは必死にヴァギナを舐めてきました。
筋をなぞるように舐め上げたり、少し右だけ大きいビラビラを口に含んだり。
尖らせた舌でクリを舐め上げられたときは、「もっと、そこぉ・・・」って思わず押し付けちゃいました。

私もお礼にお兄さんのタマタマを手でゆるゆると揉みながら、ずっぽりと喉の奥まで咥えてフェラチオしてあげます。
涎が垂れてきたら、それを指先に絡めて蟻の門渡りをなぞると、お兄さんの腹筋にキュッと力が入るのが分かりました。

「あ・・・あ・・・だめです、それ、すぐイキそう・・・!」

お兄さんがそう訴えるので、彼の上からのいて、今度は私が床に寝転がりました。
着ていたカットソーをたくし上げてシースルーのレースのブラを見ると、お兄さんはごくっと唾を飲み込んでいました。

「すごいですね・・・何カップですか?」

「ん?Fだけど」

「Fカップとか初めて見ました」

って言いながらゴムもつけずに挿入。
そしてそのまま覆いかぶさるようにしてブラの上から乳首にしゃぶりついてきます。
薄い生地なので、乳首が立ってくるとぷっくりとしてしまって、敏感になった乳首がレースで擦れてムズムズします。

「ね、直接してぇ・・・」

自分でブラをたくし上げると、膣の中でお兄さんのペニスがびくんと震えるのが分かりました。
胸にしゃぶりつきながら腰をガンガン振るお兄さん。
若いおちんちんはやっぱり元気があって素敵です。
勢いよく子宮口を押し上げてくるのが気持ちよくて。

「あっあっあっ・・・子宮を突いちゃダメ・・・そこ、気持ちよすぎるのぉ・・・っ!」

お兄さんの首に腕を回して、キスしながらセックス。
お腹の中も口の中も荒々しく犯されました。

「ぐっ・・・も、俺も・・・!」

「な、中はダメだから・・・抜いて・・・っ」

「今さら、もう遅いです・・・!」

「いやいや」ってお兄さんを押しのけようとしたけれど、筋肉質な体に敵うわけがありません。
私に抵抗されて余計に燃えたようで、お兄さんは私の太ももを強く掴んで脚を大きく開き、さっきまでよりもさらに強く突きあげてきました。
結局、お兄さんの精子でじんわりとあそこがあったかくなるのを感じながら、私もすっごい気持ちよくなっちゃいました。

その後すごく謝られましたが、「ピルを飲んでるから大丈夫」って言ったら、お兄さんもほっとしていたみたい。
で、「あの、責任とるので付き合いませんか?」だって。

「私、じつは彼氏がいるの。でもストレスが溜まったりすると、あそこのプールに行ってたまにこんなことをしてるの。水着がすっごく透けてたでしょ?毛とかも・・・」

そう言ってお兄さんの目の前で足を開いてあそこの毛を見せたら、「色白で乳首の色とかも薄いのに、こんなに毛が濃いと逆にそそりますね。今度はわき毛も生やして来てくれませんか?」だって。
そのままクンニが始まっちゃって、気持ちよくなったので、もう1回おねだりしてセックスしました。

翌日はパーキングの駐車料金をお兄さんが負担してくれて、私は何事もなかったように帰宅。
日曜だったので彼もいましたが、何も聞いてくれません。

「夕べはごめんね。友達と食事して盛り上がって飲んじゃって運転できなかったの」

私が謝っても、「気にしないでいいよ。で、楽しかった?」って、新聞読みながら振り返りもしません。
ちょっと罪悪感はあるけど、性欲が溜まってきちゃったら、また市民プールに行って、あのお兄さんを誘うしかないかな・・・なんて思っています。

タイトルとURLをコピーしました