熟女を痴漢してホテルで中出し

この体験談は約 4 分で読めます。

最近、朝の電車で出会う、恐らく60歳手前の女性。
スタイル的にお尻が大きく、ちょっとぽっちゃり系。

私のタイプは熟女。
年齢的に60歳前後まではOKです。
好きなタイプはぽっちゃり系。
顔はそんなにこだわりませんが、やっぱり綺麗なほうがベター。

今日もその方と朝の電車で遭遇。
最前列に並んで、後ろから押されるまま彼女の後ろを陣取る。
車内は満員状態。
ドアが閉まる直前に再度押され、混雑の波に身を任せて、彼女のヒップに自分のモノを密着させる。
そのまま場所をキープすると、徐々に一物が硬直。
揺れに任せて押したり引いたり。
強い揺れのときは強めに押し付け、彼女のヒップの感触を楽しむ。
混雑を理由に身体を上下させて一物を彼女のヒップに擦り付け、ブレーキのタイミングで左右にずらし、彼女のヒップの割れ目を狙う。
ヒップの割れ目に好位置を確保。

彼女は異変に気づき、身体を左右にずらして一物を外そうと試みるものの、ヒップの割れ目にしっかり挟まると、観念したのか動く気配がなくなった。
それをいいことに、その部分に私自身を上下に擦りつけ、軽いピストン運動に励む。
彼女の顔を見たくなり覗き込むと、目は瞑って口が少し開き気味。

(感じている?)

さらに押し付け、様子を窺う。
すると彼女の口から吐息が漏れ、完全に感じている様子。

ここまでくればこちらのもの。
脇の下の隙間から手を入れ込み、胸を触って感触を楽しむ。
思っていた以上に大きく、また柔らかい。
この感触に脳が刺激され、硬直度はさらに上昇し、射精したい気持ちになってきた。
このまま射精しようと思い、尻の割れ目に強めに押し込んだ。
しかしこの異変に彼女も我に返ったのか、位置をずらしてきた。
仕方なくこの場面での射精は断念して、ヒップの割れ目を指で擦る。
そんな攻防を続けながら再度射精のタイミングを計った。

あと2分くらいで終着駅に到着しようとしていた。
その前に最後の大きな揺れが来る。
この揺れに合わせて射精しようと計画した。

とうとうそのときが来た。
1回目の揺れで強く押し付け、2回目の揺れと同時に乳房を触りながら射精を決行。

ズクッズクッ!

大量の液をズボンの中で発射した。
女性も射精の気配に気づいたのか、さらに顔を紅潮させている。
すかさず女性の手を取り、股間部に手を導いて、ズボンの上から触らせる。
その後、彼女の耳元で囁くと、彼女は頷いた。

(落ちた!)

下車し、彼女の手を取り改札口へ。
2人、肩を並べて駅向こうのホテルへ歩いた。
彼女は恥ずかしいのか、終始俯き加減。
チェックインしてエレベーターの中でキス。
なんと彼女の方から舌を入れてきた。
彼女の舌にむしゃぶりついてドロドロのキス。

部屋に入り、ズボンを脱ぎ、射精したパンツを彼女の顔に押し付け、その部分を舐めてもらう。
彼女の胸をきつく揉むと、喘ぎ声が聞こえてくる。
興奮を覚え、スカートを捲り上げてヒップを掴む。

シャワーを浴びようと促し、自分から服を脱ぎ、彼女も脱ぐ。
ブラジャーからはみ出た大きな乳房に興奮を覚えた。
ブラジャーの隙間から指を入れて乳首を物色。
少し大きめの乳首が心地よい。
人差し指と中指で摘むと乳首は硬くなり、彼女は反り返る仕草を見せた。

これ以上はお風呂で楽しむことにして、先に浴室に入り、シャワーを浴びて湯船に浸かる。
少し後から彼女も入ってきて、やや毛深い秘部を確認。
彼女もシャワーを浴び、湯船に呼び寄せ、2人でお湯に浸かる。
私の前に彼女の背中があり、脇の下から乳房を触る。
かなり大きな乳房で、私の手では完全に隠れないほど。
その先端にある両乳首を指でグリグリと悪戯。
彼女が喘ぎ始めた。

脇の下から頭を入れ、右の乳首にキスをする。
少し歯を立てると彼女は喘ぎ、今度は優しく乳首を舐め、その繰り返しを続ける。
乳首に悪戯しながら、左手は彼女の秘部に手を持っていき、表面を軽く触る。
筋に沿って指を上下させ、上にある硬くなった部分を刺激する。
彼女は仰け反り、喘ぎ声が大きくなる。
ぬるっとした部分に指を入れる。
声を押し殺して我慢している。
指を2本に増やして膣をかき混ぜる。
今まで押し沈めていた声が爆発したように大きな声に変わり、絶頂に到達する彼女。
しかし攻撃はやめず、ひたすら指でかき混ぜた。

今度は口で攻撃する。
湯船の縁に座らせ、股を開かせ、秘部に舌を這わす。
気持ちいいのか彼女は目を瞑り、私の頭を押さえてくる。
下腹部を舐めながら乳首を触る。
私のほうも絶頂を迎えようとしていた。

彼女を後ろ向きにし、バックで彼女に挿入。
あまりの気持ちよさに一瞬で果ててしまった。
彼女も何がどうなったかわからない様子。
しかし興奮は収まらず、再度挿入。
今度は時間をかけゆっくり腰を動かした。
胸を揉み、乳首を少し強めに甚振る。
ピストンしながらクリトリスを擦る。
腰の動きを速くし、大きく揺れる胸を強めに掴み、お互いに昇天を迎えた。

「中に出してーーーっ」

その声を聞きながら、どくっどくっと中出し。
しばらく彼女の中に入ったまま余韻を楽しんだ。

お互いにシャワーを浴びてベッドへ。
バスタオルの上から胸を揉んでいると、彼女は口に含んで舌で愛撫してくれた。
ねっとり絡まる舌に、さっき果てたばかりなのに、別人のようにギンギンにそそり立つ。
彼女は表から裏まで、まるで私の感じる部分を熟知しているかのように攻めてくる。

「イキそうだ」

「出して、飲みたいから」

たまらず口の中で放出した。

攻守交代して、今度は彼女を愛撫。
キスを交わし、舌を貪る。
飢えている獣のように彼女の舌を吸い、耳、首と少しずつ下へ愛撫を重ねる。
下半身を触るとすでに濡れていて、その濡れている部分に舌を運ぶ。
中心は焦らして、その周りに舌を這わす。
ひだが少し黒ずんでいるものの、年の割に綺麗な色と状態をキープしている。

そろそろ中心を楽しみたいので、舌を入れて吸い付く。
いやらしい音が部屋に響き、彼女もこの音に興奮したのか、私の頭を押さえて「もっと強くーーっ」と声をあげる。
彼女の気持ちよさがこっちまで伝わってくる。
奥まで舌を入れ、中を掻き回し、味を楽しむ。
上部のクリトリスに舌を運んで刺激すると・・・。

「もう入れてーっ」

こちらの我慢も限界に達し、正常位で挿入。
乳首に吸い付き、腰をグラインドさせて突きまくる。

「イキそう」

彼女の声に私も頂点を迎え、2人同時に果てた。

タイトルとURLをコピーしました