エロい同級生に骨抜きにされていた彼

この体験談は約 3 分で読めます。

彼21歳、私18歳の頃のこと。

彼と夏祭りデートしていたとき、急に「ちょっと待ってて」と言われ、1人にさせられました。
20分くらい待たされて戻ってきたと思ったら、彼は女の人を連れていて、「同級生の幸恵ちゃん」って紹介されました。
小、中の同級生で、今は県外の大学に行っているそうです。
幸恵さんはすごく優しくて、大学のこととかバイトのこととか相談に乗ってもらいました。
でも、私はちょっと拗ねていました。
彼に待たされたこともあるし、幸恵さんはテンションが上がると彼によくスキンシップをしていたからです。

お祭りをひと通り楽しみ、彼の家に行くことになりました。
幸恵さんも一緒に来ていました。
彼とエッチしたいと思っていたのに、できなくなりました。
また拗ねた私は慣れないお酒をたくさん飲んで、いつの間にか眠ってしまいました。

物音がして、ふと目を開けると衝撃でした。
彼が全裸で立っていました。
そしてその前に幸恵さんが跪いて、手を彼の腰に回してフェラをしていました。
仁王立ちフェラというのでしょうか。
私が目を覚ましたときには彼はイク寸前で、声を押し殺してビクビクしてました。
私は今でもザーメンを口の中に出されることには抵抗があるのですが、幸恵さんはすごく激しくて、彼がイッた後もまだ口を動かして、ザーメンを搾り取るようにして感じさせていました。
なんか女として敗北感を覚えました。

そこでやめて欲しかったのに、彼は幸恵さんの服を脱がしはじめました。
幸恵さんは彼に身を委ねて愛撫を楽しんでいます。
上半身を脱がされた幸恵さんは、乳房を持ち上げられるように揉まれています。
着痩せするタイプみたいで、意外に大きいのがイラッとしました。
彼は私の胸を弄る時よりも美味しそうに貪っています。
どうせ男なんておっきいおっぱいが好きなんでしょ!って感じです。
彼が私のおっぱいを吸っているのはいくらでも見ていたいんですが、他の女にしているのを見ると引いてしまいます。
彼があんまりスケベだから幸恵さんは感じてしまってます。

彼は下半身を攻めにかかりました。
パンティーを脱がせようとしたとき、一瞬幸恵さんは抵抗しました。
その仕草が逆にそそったのか、彼はパンティーを剥ぎ取り、幸恵さんのアソコにかぶりつきました。
女の私から見たら、幸恵さんの悪女っぷりに吐き気がしそうでした。
彼はもう我慢できないって感じで幸恵さんに何かを囁きました。
そして彼は、生のまま挿入しました。
もう最悪です。

そんなに気持ちいいのか、彼は荒い吐息を漏らします。
正常位で大きくグラインドしていた彼でしたが、しばらくしたら急に激しく突きはじめました。
全身に力が入り、低い声を出しながら幸恵さんに覆い被さり、動かなくなりました。
中に出したんです。
どういうつもりでそんなことをしたのか彼を問いただしたかったのに、あまりの衝撃に頭が真っ白で、悪寒すらしました。

ふと見ると、今度は対面座位でキスをしていました。
その時、私がこっそり2人を見ているのを、幸恵さんに気付かれてしまいました。
でも幸恵さんはピクッとしただけで、むしろ私を挑発してきました。
座位の体勢で腰をいやらしく前後に動かして、彼を感じさせていました。
彼はさらに興奮してきたみたいで、幸恵さんを四つん這いにするとバックから激しく突きはじめました。
パンパンパンっていう大きな音が部屋に響いて、繋がている部分のグチュグチュって音まで聞こえてきて、恥ずかしくてたまりませんでした。
しかも彼はイク時に「あー、イクイクイク」って叫ぶし、幸恵さんはわざと大きな声で「中に、中に」って言うし。
私は、(バカバカバカバカ)って心の中で叫んでいました。

朝起きて幸恵さんと2人きりになったとき、「彼、満足してたでしょ?」って言われて、悔しくて涙が出ました。
私もごっくんとか中出しができるエロい女になろうと思いました。

タイトルとURLをコピーしました