父と姉がセックスをしているのを見てしまいました

この体験談は約 4 分で読めます。

もう20年以上も前の話になります。

当時、私は小学6年生。
39歳の父と高校1年の姉と3人でアパート暮らしをしていました。
かなり手狭なアパートだったので子供部屋なんてなくて、茶の間と寝室くらいしか居住空間はありませんでしたし、風呂はいつも近所の銭湯に行っていました。
母親は他に男を作って遊んでばかりいたので、父は嫌気がさして離婚しました。
はっきり言って、父は言いたいことを言えない、かなり気弱な性格だったと思います。
そんな父のことを私と姉は不憫に思っていました。

私たち3人親子の生活は、貧乏ながらも、そこそこ楽しいものでした。
夜寝る時も一緒の部屋でした。
姉も全然恥ずかしがることもなく、着替えなども平気でやっていました。

私が父と姉のショッキングな現場を目の当たりしたのは土曜日の夜更けのことでした。
6畳の寝室で、父、姉、私の順番で布団をくっ付けるようにして寝ていたのですが・・・。
その日、私は明らかに異常を感じて目を覚ましました。
目覚めた時はまだ部屋は暗かったのですが、目が慣れてくると外の街灯の明かりが部屋の中をやんわりと照らし出しました。
隣にいるはずの姉は、なぜか父の布団の中でした。

クチュクチュクチュ。

そんな音が部屋の中に響いていました。
私はただならぬ出来事にパニックになっていました。
まだ不十分でしたが、男女がやる行為についての認識はありました。

キュッキュッキュッキュッキュッ。

湿り気のある音が部屋中に響いていました。
父は布団の中で姉に被さっていました。
そして唯一見える2人の頭はくっついていました。
ディープキスをしているのがはっきり分かりました。
布団はせわしなくうごめいていました。
父が動くたびに布団の中から、キュッキュッキュッという独特の音が聞こえました。
やがて姉が小さな声で言いました。

「お父さん、ちょっと暑いから布団とって・・・」

すると父は無言で布団を剥ぎました。
その時、2人はもろに全裸で重なっていました。
見てはいけないものを見てしまった感じと、同時に嫉妬みたいな感情が込み上げてきました。
父は姉に密着して懸命に腰を動かしていました。
しばらくすると呆気ない感じで2人のセックスは終了しました。
父はコンドームを取って姉に見せていました。

父と姉は定期的に僕が寝ている隣で平気でセックスをしていました。
当然、僕は一部始終を見ていました。
嫉妬に苛まれながらも2人のセックスに圧倒されていました。
そして回数を重ねていくうち、2人の行為がエスカレートしている感じがしました。

そして、生涯忘れることの出来ない強烈な出来事が起きました。
その日は土曜日で、僕は2人がセックスすることを確信していました。
僕自身、性のことに強烈に興味を持っていた時期だったので、心待ちにしていたのもありました。
その日、夜が更けると父は姉に合図を送りました。

「和恵、いいよ、こっちにおいで」

「うん、お父さん」

いつも通り、姉は父の布団に向かいました。

クチュクチュクチュ。

2人はディープキスからはじまり、いつも通り横臥位の体勢でセックスを開始しました。
布団の中で動いていると暑くなるらしく、父がガバッと布団を剥ぎました。
姉は僕に背中を向ける感じで父に密着していて、父の腰の動きに合わせていました。

「お父さん、気持ちいい、もっと動かしていいよ」

「えいた(僕)は大丈夫か?」

「うん、寝てる」

そう言うと父の動きは激しくなっていきました。

「はあ~お父さん、すごいよ~お父さん」

キュッキュッキュッキュッキュッ。

父がピストンするたびにいやらしい音が響きました。
僕はあまりの迫力に布団から顔を出して2人のセックスを観察していました。
姉が背中を向けていたので、バレないと思ったからです。
ところが、父が体位を正常位に変えようとした時です。
一瞬でしたが、姉と僕の目線が合ってしまいました。
僕はとっさに布団に顔を隠しました。
絶対にバレたと思いましたが、その後も2人はセックスを続けました。
僕はドキドキしていましたが、たぶんバレなかったんだろうと自分に言い聞かせました。

やがて・・・。

「和恵、お父さん、出そうだよ」

「いいよ、お父さん、一緒に・・・」

姉の「はぁっ、はぁっ!」という喘ぎ声と、ピチュピチュというなんとも言えない音と共に2人はフィニッシュを迎えました。
そして何事もなかったかのように2人は眠りに就きました。

次の日。

「えいた、昨日、見てたでしょ?」

「・・・」

返す言葉などありませんでした。
そしてキツい一言。

「いい。あんたはまだあんなこと覚えちゃダメだからね、子供なんだから」

この言葉はいまだに頭から離れません。
そして、こんな事があっても2人は僕の隣でセックスを続けました。
それはまるで僕の反応を楽しんでいるようにさえ感じられました。

タイトルとURLをコピーしました