真っ平らな胸のガリガリ妻を露出調教中

この体験談は約 2 分で読めます。

派遣の根岸さんはガリガリもいいとこ。
ゲットするまでは、デート代やらなんやら色々金がかかったが、一度落ちたら俺に病みつき。
旦那は出向で東北へ行ってるらしい。
見た目は地味だ。
茶色とかグレーの服しか見かけない。
最初に書いたように、ブラなんか要らないんじゃないかって思うくらい、胸がない。
本人は80センチなんて言うが、それも疑うほど真っ平ら。
そのぶん、尖塔のグミのデカいこと。
旦那がここしか責めなかったのか、かなり敏感だ。

5回目くらいのホテルで・・・。

「根岸さん、デカいな。これ」

愛撫しながら囁いてやると、顔を赤らめて、「そこが一番感じるの」だと。

嘘つけ!
騎乗位が好きで、乗ったと思えばすぐ擦りつけてくるくせに。

スレンダーだが腰使いの激しいこと。
毛と毛が擦れて、一緒に赤い突起が擦られるのがたまらないらしい。
よく見ると、ガリガリのくせしてクリトリスだけは、指で剥かなくても飛び出してくる。
まだ初めの頃、丁寧に吸いついてやったら・・・。

「何年かぶりかしら、弄ってもらったの」

「それなら今日はたっぷりサービスしてあげる」

あの頃は、根岸さんのマンコを吸いたくて吸いたくて、俺も節操がなかったな。
舌先で円を描くように転がし、たまに膣口を吸ってやると自分から指でアソコを広げて、眉間にしわ寄せて片方の手で胸のデカいグミを摘んでやがる。
顔を真っ赤にさせて腰を高々と上げたと思ったら、5分もしないうちにイッてしまった。

今は、人前で平気でおしっこができる女に仕込み中。
やっと最近、俺の前でおしっこができるようになってきた。

「見ないで、きゃー、見ないで!」

ぎゃーぎゃー騒いだが、回数を重ねて、ねっとりとした花弁へのサービスと引き換えだとわかると、俺の望むことをすれば後でご褒美がもらえことがわかったらしく、色々な注文に応えてくれるようになった。

「ねえ、このくらいでいい?」

「だめ。もっとお尻を突き出して、尻の穴を見せするようにしてしょんべんをまき散らせ」

「いや、そんなの恥ずかしい」

ガリだが可愛い奥様だ。

タイトルとURLをコピーしました