レディコミ漫画のアシスタントと疑似セックス

この体験談は約 5 分で読めます。

私は33歳、独身、グラフィックデザイナーの仕事を中心にやっています。
これは漫画家の手伝いをしていた時のエロい体験です。

だいぶ前になりますが、片手間にレディコミとかに作品を出している女流漫画家さんの手伝いをしていたことがあります。
手伝いと言っても、背景画を手伝ったり、ベタ塗り、トーン貼りなど、アシスタントに近い内容でした。
そこには漫画家志望の正式な女性アシスタントがいたのですが、今から思うに、その漫画家先生は、経費節約のためにアシスタントは1人に留めて、僕をフリーで使える助手にしておいたのだと思います。

ところで、レディコミのエロ漫画って、カラダやその一部が、すごくリアルに描かれています。
あれってネットの画像から拾ってきたものを見て描く人が多いそうなんですが、描きたいと思うアングルが、いつでもすぐにネットで見つかるというものではないんですよね。
その漫画家先生は、モデルを使ってリアルにスケッチするタイプの人でした。
モデルになるのは僕とアシスタントの女の子です。

例えば、男が裸で佇む背中の絵を描きたいという時は、僕に上半身裸にならせて、「背中を見せて」と。
それを漫画家先生がスケッチしていきます。

途中で、「もっと悲しそうな背中にして」とか注文つけてきて、なかなかのこだわりがありました。

たまにチンチンのときもありました。
もちろん勃起した状態の時のモノを。
相手は女の先生で、こっちは男ですから、そんなことをしていて変な雰囲気にならないのかと心配されるかもしれませんが、先生はプロですからならなかったようです。
こちらは十分なりましたが・・・。

スケッチされる間、ずっと勃起状態を維持するというのはなかなか大変なことでした。
特に、あまり寝てなくて疲れている時はどちらかでした。
神経が張りつめてギンギンになる時と、逆にうんともすんとも言わなくなる時と。
後者の場合は思いっきりエロいことを考え続けてスケッチされました。
あまりにエロいこと考え過ぎて、「なんか先から出ちゃってるよ」と先生に指摘されたこともありました。

あと、男女の絡みをスケッチするというのもありました。
絡むのは僕とアシスタントの子です。
彼女は「女の子が好き」という人だったので、向こうは僕に対して変な気持ちにはならなかったと思うのですが、レズとは言っても相手は20代半ばの見た目は普通の女子ですから、心の内がどうであれエロい気分は避けられませんでした。

その漫画家先生は、1コマ1コマにすごくこだわりがあって丁寧に描かれていましたから、自分のイメージするような絡みとかアングルを細かく指示してきました。
その漫画の主人公の男女と同じような、あるいはそれに近い服を着せられて、僕と彼女が抱き合って見つめ合うというのを数分間やるんです。
さすがに照れました。
そこから始まってキスシーンもあります。
唇が触れ合う瞬間の絵から、舌を絡め合う絵。
これはなかなか大変でした。
舌を絡め合ったままで数分間耐えるわけですから、涎も出そうになるし、舌は痙攣してくるしで、これが一番大変だったかもしれません。

あと、バナナをチンチンに見立てて彼女がフェラチオをしている顔もスケッチされていましたが、あれはあれで見ていて興奮しました。

そんな感じで次第に内容は進んでいくんですが、背後からおっぱいを揉む絵のときは興奮しました。
実際には、彼女は裸にはなりません。
服の上からその所作を見せるだけなのですが、彼女はなかなかの巨乳で、服の上からでもしっかり揉めるサイズと形をしていました。
その先生は、臨場感を出すために静止ポーズではなく、「実際に揉んでみて」と言うので、お言葉に従って彼女の胸を服越しですが揉ませていただきました。
やっぱり、「男より女の子が好き」という子でも、揉まれると感じるみたいです。
僕が遠慮がちに揉むと、彼女は微かに吐息を漏らして、すごくセクシーでした。

さらに恥ずかしいのは挿入シーンです。
これももちろん裸にはなりませんが、服を着たまま色んな体位をさせられました。
例えばバック。
四つん這いになった彼女の腰を掴んで後ろからですが、これも静止ポーズではなく、「実際に腰を振って」と言われて、頑張って振りました。
仕事とは言え、体は正直に反応して、股間はパンパンに硬くなってしまいます。
それを彼女のお尻に勢いよく押しつけるようにするんですから、恥ずかしいし、気持ちいいけど、そんなことは言っていられません。
漫画家先生は真剣ですから。

さらに騎乗位の絵では、僕が仰向けになり、その上に彼女が跨がって動きました。
先生が、「もっと腰を使って」とか「もっと悩ましげに」とか「下からおっぱいを触って」とか注文を言ってきて、もうほとんど“演技指導”のようなものでしたが、アシスタントの彼女が顔を真っ赤にして一生懸命動いている姿は可愛かったですね。

そして、メインは正常位でした。
これは“愛が最も表現される”体位ということで、先生は特に色々と注文をつけてきました。
そのアシスタントの彼女と「恋人同士になったつもりで」と言われて、大変でした。
彼女が仰向けになって、見つめ合って髪とか撫でてあげていたら、やっぱり勃ってきます。
正直、本気で彼女とセックスしたくなりました。
しかし彼女は趣味が違う人・・・。
僕は最高に可哀想な人ではないでしょうか。

その体勢からキスの真似事などを経て、彼女に覆いかぶさって“セックスごっこ”の流れになるわけですが、先生は、どの角度で、どのアングルがエロく見えるかということを、とても細かく探求していました。
先生が「いい」と言うまで腰を振らされました。
服越しですが、彼女のあそこの部分に僕の硬くなった部分を、これでもかとばかりに打ち続けるんです。
何回も射精しそうになって、何回も我慢しました。
そんな苦労を重ねて描かれたエロ漫画だったので、体位の描写もとてもリアルで、男の僕が読んでも興奮しました。

そんなわけで、そのアシスタントの女性とは、さんざんエッチな体位で絡み合っておきながら、一度も男女の関係になったことはありませんでした。
でも、じつは先生とは一度だけありました。
僕が、本業の都合で先生のお手伝いを撤退することが決まった時です。

先生は高級フレンチのお店に僕を招待してくれ、その後、お酒の勢いで先生のマンションに行ってしてしまいました。
スケッチの時は、あれほど細かくポーズの指示していた先生ですが、いざ自分のセックスの時となると、“初心”そのもので、僕の言いなりでした。
無理やりっぽくされるのが好きなようで、強引にするとアンアン、ヒーヒー感じていました。

今振り返ると、アシスタントの女の子と欲求不満が残るセックスごっこをするより、先生と僕がセックスして、それをビデオに撮るなりして作品の参考にすればよかったのにと思います。

タイトルとURLをコピーしました