常連客に人気の飲み屋のおかみさんを口説き落として

この体験談は約 5 分で読めます。

2年前から、会社帰りによく通っている飲み屋のおかみさん(52歳)と肉体関係を持っています。
旦那は亡くなっていて未亡人。
外見は40歳そこそこで、とても50代には見えません。
店では笑顔は絶やしませんが、飲み屋のおかみさんらしからぬ大人しくて清楚な感じのおばさんです。
そんなに美女ではありませんが、おっとりした振る舞いとか仕草が吉永小百合風で、おかみさん目当てで来る常連も多く、ちょっとしたアイドルです。
飲み屋の客層は40~50代のおやじばかりで、若い常連は僕(28歳)くらいなためか、最初の頃は結構照れて、あまりしゃべってくれませんでした。

昨年末のとある土曜日、飯食いがてらに飲み屋を訪れたところ、店にはお客が誰もいませんでした。

「今日は誰も来ないから、もう店閉めようと思ってたとこ」

「なら、また来るよ」

「あ、いいのよ、何か作ります」

「じゃあ店は閉めて2人で飲もうよ」

そんなわけで、店を閉めて2人で飲むことになりました。
いつもはカウンターの向こうにいるおかみさんと並んで座っていると、いつにも増して親密感が増します。
飲んで楽しく話しているうち、おかみさんにどうしても触れたくなり、太ももの上に手を置きました。
急に俯いて無言になったおかみさんの頬にキスしました。

「・・・からかわないで・・・」

そう言いながらも体は逃げていません。

(これはいける!)と思って抱き締めました。

両腕の上からぎゅっと羽交い締めにして首筋に吸いつきました。
首筋から耳の穴をベロベロと舐め回して、耳の穴の中を唾液でたっぷり濡らした頃には、おかみさんの口から喘ぎ声が漏れてきました。
おかみさんの頭を抱え込んで上を向かせ、上から唇を覆い尽くすように吸いつき、舌を滑り込ませました。
おかみさんの舌、おかみさんの歯、おかみさんの歯ぐき・・・。
口の中全体を舐め回しているうち、おかみさんの方からも舌がおずおずと絡んできました。
そんな可愛らしいおかみさんの舌に巻きつけるように、こちらからも舌を絡ませ、唾液を残らず吸い上げました。

いつしか、おかみさんの両腕も僕の背中にまわり、体を僕に預けてしっかりと抱きついてきていました。
僕はおかみさんの内股を擦りながら、もう一方の手で服の上から胸を揉みしだきました。
服の上からでもわかる貧弱な乳。
それでも優しくゆっくりと下から上へと揉みあげました。
次第に硬く大きくなる乳首を感じながら、擦っていた太ももの手を徐々に上の方へと持っていき、パンティを通り越し、地肌へと到達しました。
下腹を擦ってやると、おかみさんの体からぐったりと力が抜け、両腕を僕の首に巻きつけて、気持ちよさそうに熱い吐息を首に吹きかけます。

「欲しい、あなたが欲しい」

「・・・だめ・・・久しぶりだから上手くできない・・・」

「大丈夫だよ、僕がちゃんとリードするから」

おかみさんを抱き上げ、奥の部屋へ連れて行きました。
三畳半くらいの畳の部屋におかみさんを寝かせて、またディープキスの嵐。
キスをしながら服をどんどん脱がしていき、おかみさんを全裸にしました。
予想通りの薄っペらな胸、あばら骨が浮き出ています。
しかし下半身の肌艶はよく、お尻は年老いた老女のそれではなく、むしろ幼児体型に近い感じでした。
胸を隠そうとするおかみさんの腕を払い、あんこ抜きされたような弛んだ乳房を優しく揉みながら、干しぶどう大の乳首を舌先でチロチロ舐めはじめると、肌が薄っすらと汗ばんできました。

「・・・ああ・・・あなたのような若い人が・・・どうして・・・?信じられない・・・ああ~・・・あああ~・・・。ずっと欲しかった、やっとこうなれて本当に嬉しい。でも怖い、怖いの・・・久しぶりだから怖いの・・・。どうなってしまうのか怖いの・・・」

「大丈夫、上手くいくから」

そう言いながらもあまり濡れてきません。
僕はおかみさんの股を開き、顔をうずめてクリトリスに舌を這わせ、割れ目に舌を差し入れました。

「ああ!だめ!そんなことしたらだめ!いけない!汚いわ、だめよ、だめよう~、ああ~、あああ~」

ジュビジュビとわざと大きい音を立てて執拗に舐めあげていくと、おかみさんは「ヒィッ!ヒィッ!」と声をあげ、ビクッビクッと震えながら太ももで僕の顔を締めつけてきました。
おかみさんのオマンコがだんだんと濡れていくのがわかりました。
僕を迎え入れるのに十分な量の愛液で満たされたのを見て、いよいよ憧れのおかみさんの中に突入です。
舌を使ってオマンコの線をなぞり、クリトリスを弾き、腹の肉を貪り、へそを責め、乳首を軽く囓りながら舌先でつつき、首下からあごの先までベロンと舐めたあと、再びおかみさんの口の中に舌を入れました。
おかみさんは帰ってきた僕の舌を貪るように舐め、そして絡ませてきました。

ディープキスをしながら僕は亀頭の先を慎重にオマンコの入口に宛てがい、ズッズッと少しずつ、おかみさんの中に侵入させました。
僕のモノが入ってくるのがわかるのか、「んふっ!んふっ!」と声を漏らしながら僕を迎え入れてくれます。
ついに根元まで入ったとき、おかみさんは脚を僕の腰に巻きつけて、がっしりと締めつけました。
おかみさんのオマンコの締まりは最高でした。

「入ったよ、今、僕達ひとつになってる、すごくいい、すごくいいよ・・・。動くからね、大丈夫、ゆっくり動くから」

「ああ!だめ、怖い!どうなってしまうの?あああ~!」

おかみさんが必死にしがみついています。
ヌプッ!グチュニュ!という音と共に、徐々に濡れてきたオマンコへの出入りが容易になり、どんどん激しくおかみさんの肉の壁を擦りつけていきました。

「だめだめだめえ!ヒッ!ヒィッ!いやあ~!変、変よお~!」

僕の腰を締めつけていたおかみさんの脚もM字に固まって、ただ僕の動きを受け入れるだけになっています。
リズミカルに腰を前後にふり続けること数十回、ついにおかみさんは絶頂を迎え、歓喜の声をあげまました。

「あっ!あっ!この感じ!あっ!ああ!すごいすごいすごい!あっ!イクっ!イクっ!イクかもっ!あっ!あああーっ!!」

イッた瞬間、おかみさんのオマンコからはおびただしい量の愛液が溢れ出しました。
久しぶり味わう絶頂感に、おかみさんの下半身は狂ったように暴れはじめました。
それでも僕は、イキ続けるおかみさんのオマンコに向けて容赦なく腰を振り続けました。

「あひっ!あひっ!だめ!もうやめて!お、おかしくなるぅ~!」

ゆるゆるになっていくおかみさんのオマンコで、その後4回ほど交わりました。

おかみさんは今や完全に僕のものです。
親子ほど年の違う2人ですが、とても愛し合っています。
にぎやかな店の中で、『好きだよ』『抱きたい』『後でしようよ』と視線を送ると、おかみさんは顔を赤らめて目を逸らします。
お店のアイドルをものにした優越感も最高です。
最近はおかみさんが欲しくなると、店を閉める頃に訪れて、おかみさんを抱いています。
おかみさんもセックスの快楽を完全に思い出したようで、僕の体に溺れています。
恥ずかしがりながらも僕を迎え入れて、何度となくイキ続ける毎日なのです。

タイトルとURLをコピーしました