裸足の体操服姿と忘れられない女の子の匂い

この体験談は約 9 分で読めます。

これは小学校の高学年の時に、特に何かを意識したわけじゃないのに、自然と体育の時間に、ぼんやりと女の子の体操服姿に興味を持って見つめだすようになった時の話です。
それは単に、成長していく中で性的な感情が徐々に芽生えているということだったのだが、その頃はまだ分かりませんでした。
体操服なら誰でもいいわけではなく、ある2人の体操服姿に完全に夢中になりました。

A子とB子という子がいて、2人とも成長期ということもあってか高身長だった。
そのせいか2人とも見下ろすような仕草で人を見つめることが多かった。
特にA子は背が高く、すでに大人の女の人と同じくらいの身長があった。
A子は胸の膨らみはあまりなかったが、背が高いだけあって脚が誰よりも長く、とても引き締まっていた。
B子はA子ほどではないものの、やはり背が高い。
特にB子は太めということもあって胸やお尻が年の割に大きく、女性の身体の特徴が出ていた。

体育の時間、外見の大人っぽさから2人の体操服姿(首元と袖が紺色で、同じく紺色の柔らかい生地の短いズボン)に自然と惹かれるようになった。
体操服のサイズの加減なのか、2人だけ妙に体操服が身体に張り付いているように思えた。

A子は背が高いので、大人の女の人が無理をして体操服を着ているように見えた。
肩にかかるくらいの髪を普段は下ろしてるが、運動中はいつも後ろで括ったり、お下げにしていることが多く、褐色肌で姿勢が良いので後ろ姿は特に逞しく見え、長い脚で足早に歩く姿が凛々しく、引き締まった太ももの上の辺りまでがしっかりと見えた。

B子は、三つ編みのお下げやツインテールが似合う、色白で太めの身体。
なので自然と大きな胸やお尻、お腹、太ももが目立ち、周りの女の子に比べて、ぷよんぷよんとした身体の弾力性が強調されていた。

2人とも運動は苦手で、特に走るのがダメで、ゴールするのも毎回最後だった。
B子は太めの身体のせいか、走るたびに胸がたぷんたぷんという感じで激しく上下左右に揺れ動いていた。
別に走っていなくても、体操服姿でさえあれば歩いているだけで微妙に揺れているのが分かるし、ズボンからは太ももはほぼむき出しだし、胸の大きさも目立っていた。
胸だけじゃなくて、白くて肉付きのいい太ももと大きなお尻をぶるんぶるんと振るわせるようにしながら、いつも顔を真っ赤にして息を切らせて走っていた。

A子は走る時は、いつもいわゆる“女の子走り”をしていた。
普段は背筋を伸ばしているのに少し背中を屈めている。
背が高くて手足が長いA子の少し屈んだ女の子走りの仕草によって、体操服姿でもともと目立っていた長く引き締まった足が、さらに目立つように見えた。
A子は普段の仕草が“しなる”というか何をするにも艶っぽさがあり、背の高さが性的な魅力と言わんばかりだった。
いつもB子より遅れて、息を切らせて走っていた。
身体が揺れ動く動作のせいか、運動してかいた汗で肌の光沢感が出るせいか、2人の姿が妙に艶めかしく見えて、僕は2人が走っている姿に夢中になった。

他にも、本人の体質なのか成長期の影響なのか、2人には身体から漂う独特の匂いがあった。
B子は甘味のような独特の匂いがした。
B子が近くにいれば分かったし、匂いに気づいて振り向くとB子がいたということもあった。
B子が上着を着ている時は気にはならないけども、そうでない時は、ある程度離れていても分かった。
A子のほうもB子ほどではないがやはり、上着を着ていないA子の隣にいると、身体から苦味(渋み?)のような独特の匂いがした。
その時は何も気になんかしていなかったし、A子やB子が近くにいるくらいの認識だった。

そんなある時の体育の時間。
整列の時にB子の身体からいつものような甘味のような匂いに混ざって、蒸れたような物凄く強い匂いがした。
そっとB子を見ると体操服の脇の下に汗染みが出来ていた。
強い匂いの正体はB子の脇の匂いだった。
B子はもともと汗をよくかくみたいで、加えて成長の加減なのか、とにかくその日以来、B子からはいつも蒸れた強めの匂いがするようになった。
特にB子が腕を上げる動作をすると、B子の脇の下からの強い匂いがハッキリ分かった。

A子もB子ほどハッキリとではないが、それでも蒸れたような匂いがした。
A子はB子ほど汗をかかないが、腕を上げるとほんのりとA子の脇の下から、B子とはまた違った匂いがするようになった。
そしてこれも同じ理由なのか、体育の授業が終わり2人が靴を履き替えている時、特にA子の足から物凄い匂いがした。
B子もだけど、そんなものじゃなかった。
近くでA子が靴を履き替えているときだったから、間違いなくA子だと分かった。
それで気付いたのだけど、A子のソックスの足裏や上履きの中は誰よりも汚れていた。
しかしA子もB子も特に気にした様子は見られない。

僕は2人の身体から漂ってくる強い匂いに正直驚いたけど、2人の容姿にはその強い匂いが似合っているような気がした。
だから全然不快なものとは思わず、B子の身体の蒸れや脇からの強い匂いが“B子の匂い”だと思ったし、足裏からの強い匂いが“A子の匂い”だと思った。
その頃の僕にとって特別な存在だったこともあり、A子とB子だけにしかない“女の子の匂い”なんだと思った。

それからは、2人の体操服姿に女の子の匂いが加わって、生活感というか生々しさが想起されて僕はさらに興奮した。
以前からそそられていた裸足の体操服姿とA子とB子の素足に見惚れるようになった。
単に裸足になっただけなのに、ずっと脚が長く見えたし、2人の身体が放つ独特の匂いのせいか、足の質感や形の良さも相まって、2人の容姿や仕草に合った形の足だと思えて僕を夢中にさせた。
2人の裸足がとてつもなく魅惑的に思えた。
単純に肌が出る部分が増えたせいもあるだろうが、普段は見えない部分が見えたという興奮もあって、美人は足も綺麗だと勝手なことを思っていた。

背が高くて身体が大人びている2人には、裸足の体操服姿での立ち姿だけでも似合っているように思えてた。
体育の授業中に2人の爪先とか踵とか足裏までハッキリと見えた時は本当に興奮したし、気温が高い日は、体育館で2人の足裏が床に付くたびに小さな粘着音が聞こえ、見ると床にはくっきりと足裏の跡がついていた。
(B子以上にA子のほうがはっきりと跡が残った)

だんだんと、2人の“女の子の匂い”をもっと近くで直接嗅いだりできないかという感情が湧いてきた。
いつの間にか、女の子の匂いがする2人の裸足の体操服姿をもっと近くで見たいし、それに加えて、胸もお尻も太ももも脇も足裏も、すべてが魅惑的に見えた。
もう体操服姿を見るだけで女の子の匂いが思い浮かんできて、興奮して勃起するようになった。
(不思議なことに、学校の制服やプールの時のスクール水着などでは、裸足であっても誰に対しても、全くそんな感情は起きなかった)

特に運動会の組体操の練習の時は裸足でするから、確実に2人の裸足の体操服姿が見れた。
屋外では距離は離れていたけど、A子とB子の身体の微妙な動きから、お尻と裏ももと足裏がハッキリと見える位置だった。
体育館内で練習の時は距離が近かったために、もっとはっきりと眺められるようになった。
目の前にお尻が見えたり、後ろに突き出した足裏や爪先が目の前で見れる時もあった。
当然2人の強い匂いが混ざってくるから、より興奮出来て余計に嬉しかった。
運動会が近づいてくると、1日中体育って日もあったから、2人はどれほどの強い匂いがしたのかと想像して興奮していた。

A子とB子の体操服姿に興味をそそられてたということで、自然と2人の体操服姿を考えながらオナニーするようになった。
家の床に股間を押し付けながら黙々とA子とB子の体操服姿を想像していた。
学校でも時々、「登り棒の練習」と称してオナニーしていたこともあった。
でも2人の裸やキスやセックスとかは全く想像しなかった。
体操服で走っている姿、揺れる胸とか太もも、そういった仕草に艶めかしさを思い出しながら自分でしごいた。

2人の身体の匂いや蒸れを思い出して想像しているうちに、だんだんと過剰な刺激を求めるようになった。
B子の胸とか太ももとかお尻を近くで見て触って顔をうずめることを考えたり、A子とB子に抱きついて、身体や髪や脇の匂い(特にB子に脇)を嗅いでみたいと思った。
裸足の体操服姿の2人の素足や足裏(特にA子の足裏)を見つめて、触って、嗅いで、舐めて、2人に力いっぱい踏みつけられてみたいと思った。
立ち姿のA子とB子の素足に膝をついて思っきり抱きついて、舐めながらすがりたいと思った。
自分の性器をA子とB子の胸や太ももや足裏や脇や顔に思いっきり押し付けてオナニーしたいと思った。
他にも、A子がB子の顔を踏みつけてA子の匂いを嗅いでB子が喜んでいる姿も想像したし、A子がB子の脇の匂いを夢中で嗅いでいる姿も想像した。
A子とB子に取り囲まれて踏みつけられたいとも思った。
僕の体が小さくなって、2人の体操服の中に潜り込んでみたいとも思った。
ウルトラマンやゴジラが好きだったせいか、巨大な裸足の体操服姿のA子とB子が大暴れして街や家をメチャメチャに踏み潰していくという設定まで本気で想像した。
とにかく無茶苦茶なことを考えて、もっとA子とB子のことで興奮して、刺激と快感を得たくて仕方がなかった。

だからと言って実際にA子B子に対しておかしな行動は何もしなかった。
もちろん体操服や上履きを盗んだり嗅いだりはしようとは思わなかった。
裸足の体操服姿の2人を想像してオナニーするのは気持ちよかったけど、その一方で、これ以上バカなこと考えて2人に嫌われたくないって気持ちと、別に相手はこっちのことなんか何の興味なんか持っていないという虚しさを強く感じていた。
それと、A子とB子の裸足の体操服姿には興奮するけど、2人のことが好きだという感情ではなかったと思う。
恋心でも何でもない、ただの性的な快感のための一方的な感情で、ハッキリ言ってこんなことはA子とB子への侮辱だろうし、子供のくせに何をおかしなことで興奮しているんだろうって、自分でも頭がおかしくなったんじゃないかと怖くなったこともあった。
それでも一度覚えたA子とB子の刺激的な興奮はあって、僕はA子とB子のことを考えて1人で興奮してオナニーして、その後で1人で後悔するの繰り返しだった。

運動会の時期が終わり、寒くなってきた頃のこと。
友達がみんな先に帰ってしまっていたので、1人で帰ろうと下駄箱で靴を履き替えていたら、後ろにA子が立っていた。
A子は決まった友達もいないし、あまり人と話すこと姿も見たことがない。
休み時間も1人で席に座っていたり、学校が終わるといつも1人で帰ってしまうような子だった。
この時までA子と2人で帰ったことは一度もなく、どっちが言い出したかは覚えてないけども、せっかくなので近くまで一緒に帰ることになった。
A子は淡々としながらも、僕が思っていたよりもよく喋った。
そのまま何でもない話をしながら帰っていたんだけど、途中でA子の身長の話になった。
A子はそれが自慢らしく、脚が長いこともそれなりの自信を持っていると話しだした。
そんな時、A子は急に・・・。

「◯◯ちゃん(僕)って、私が体操服の時、いつも見ているけど、そんなに体操服が好きなん?」

と、言い出した。
別に怒っているふうでもないけど、冷たい視線に見えた。
A子は僕の色んなことを、どこまでかは知らないけど、ある程度は感づいてるみたいだった。
普段からよく見ていたから、A子が僕の視線を感じたのかもしれない。
A子の体操服姿は好きだったから見ていたのは本当だし、でも一方で興奮した目で見ていたことに負い目も感じていたのも本当だし、A子は軽い気持ちで言ったのかそうでないのかも判断できないし、色んなことが頭に浮かんで僕は混乱した。
でも、いずれにしてもA子に隠しておくのはダメだろうと思った。
僕はA子とB子のことを考えながらオナニーしていることや、2人の裸足の体操服姿や、脇の下や足裏から沸き立つような匂いを感じて興奮したことを、後ろめたく思いながらも本音を話した。
A子は睨むような視線で、「ふうん・・・」と呟いた。
100%軽蔑されると思ったし、みんなに言いふらされると思った。
恐怖でいっぱいだったけど仕方ないから諦めた。

するとA子は、今度は自分のことを一方的に話し始めた。
A子は家で、自分の体操服姿や裸を鏡の前で眺めて楽しんでいた。
匂い立つ自分の足が好きで、室内での体育の授業の場合には、準備運動をするふりして自分の足裏を嗅いだり舐めたりしていた。
体育館の床に自分の足裏の跡がくっきり付くことに興奮していた。
A子は整列の際にはだいたいB子の近くになるので、B子の身体の匂いをそっと嗅いで楽しんでいたらしい。
そしてずっと前から、B子の顔を踏みつけて自分の足裏の匂いを嗅がしてみたいと思っていた。
もしこの話が本当ならA子も相当だ。

「驚いた?」

A子は何だか得意げに、やや嘲るように言った。
そして続けて、なんと実際に同じクラスの男の顔を素足で踏みつけてやったことがあると言い出した。
そいつはCという非常に身勝手な奴で、みんなからそっぽを向かれている男子だった。
ある時はCは、下校時に1人で帰るA子を見るなり、A子の身長や匂いのことを悪意を持って揶揄したらしい。
A子は初めは無視していたが、ある時ついに頭に来たらしく・・・。
A子は放課後、普段は使われていない教室にCを呼び出した。
Cはヘラヘラしていたらしいが、A子に上から睨まれ続けて気まずくなったのか大人しくなった。
A子はCに床に膝をついて座るように言って、その時に裸足になって踏みつけてやったらしい。
A子が言うには、裸足の体操服姿で仁王立ちになり、物凄い顔で睨みつけながら見下ろしてCの顔を踏みつけてやったと。
しばらくしてCの顔から足を離し、苦しそうにしているCの横に座ると、今度は両足でCの顔を何度も踏みつけた。
Cは泣いていたが、A子はすぐにはやめなかったと言った。
やがて着替えるから邪魔だと言ってCを部屋から追い出すと、Cが泣きながら逃げるように走り去ったのだとか。

その時は性的な興奮よりも、いつも身勝手で反省のないCがA子に完全にやられていることを知ったのが最高に快感だった。
A子は僕を見下ろしながら言った。

「◯◯ちゃん、もしかして本気で私の足裏を嗅いでみたいの?」

軽蔑するような目で睨んでいたが、「私の裸足の体操服姿の足裏を見て勃起するなんて変態ね」と楽しそうに言って、高笑いの真似事のように笑った。

正直言って本音がどこにあるのかは分からない。
その日はそのまま終わって、また別の何でもない話をしながら帰った。
だけど僕はそんなA子の素っ気なさが嬉しかった。

それ以降も卒業まで、たまにA子と雑談しながら帰った。
学校ではこれまで通り、2人の体操服姿に見惚れていたけど、マラソン大会の時に汗まみれで色っぽく走る姿を見るくらいで、裸足姿を見る機会もあまりなくななった。
だからまた、A子やB子に対する想像に加えて、A子が言っていたことを想像してオナニーするようになった。

卒業後はそれぞれ別の学校へ行った。
A子にもB子にも会うことはなくなった。
だけど不思議なことにA子とB子以外の女の子には、こんな感情は全く起こらない。
他の子の裸足の体操服姿を見ても、匂いを感じても、別に何とも思わなかった。
中学の時に短パン姿に少しそそられる子が2、3人いたくらい。
高校の時も、せいぜいそそられたのは1人か2人だったし、もう顔も名前も思い出せない。
大学でも社会人になってからも変わらない。
もちろん新たに知った性的な興奮も数多くあるが、ほとんどが一時的に性的な興奮であって、次第に関心が薄くなっていってしまう。

あの時、偶然にも大人びていたA子とB子の身体から放たれた“女の子の匂い”が持つ独特な刺激が、たまたま僕の性的な感性に合致したということなのだろう。
偶然の産物だからこそ、あの刺激と興奮は、性産業の類では決して補えないし、解消できないくらいの衝撃的な思い出として残っている。

タイトルとURLをコピーしました