姉の下着を穿いて姉とセックス・前編

この体験談は約 8 分で読めます。

姉貴のショーツを穿く生活になって1年弱。
それに姉貴とセックスするようになって半年以上。
姉貴と俺は都内の某マンションで共同生活(性活?)をしている。
実家は九州の田舎だ。
俺は23歳。
姉貴27歳。
どっちもカレシ、カノジョなし。

俺は姉のショーツやブラで昔から抜いてた。
高校の頃から。
俺が大学を出て東京に就職して、姉貴のマンションに転がり込んだ。
姉貴は3年前に東京に出てた。

久しぶりに姉貴のブラ&ショーツで遊べる!!
姉貴と一緒に住める!

ってことで、喜び勇んでマンションに引っ越ししたわけ。
それが昨年のこと。
一緒に暮らし初めて1ヶ月ぐらいだったかな。
姉貴がいないときに雨が降ってきた。
急いで洗濯物をしまおうとしたのがきっかけだった。
何気に姉貴のブラとショーツを畳んでたら、セクシーな真っ赤なサテン生地のブラとパンツのセットがあった。
無意識に匂いを嗅いでしまった。
ビビビと来るものがあった。
俺はズボン脱いでトランクス脱いで姉貴の真っ赤なショーツを穿いてしまった。
勃起状態だから全部はショーツに入らなかったが、ショーツの感触が良かった。

(姉貴のショーツ・・・)

そう思うと興奮した。
告るけど、俺は中学時代から姉貴が好きだったし、姉貴萌え~だった。
高校に入った姉貴は、どんどんセクシーな体型になった。
顔は安めぐみさんにそっくり。

「お前の姉ちゃんさ、安めぐみそっくりだよなあ・・・いいなあ。やりてえなあ・・・お前の姉ちゃんと・・・頼むよ」

なんてダチに言われたりもした。

姉貴のショーツを穿いてズボンを穿いた。
姉ちゃんのショーツの感触がたまらない。
チンコとタマタマもしっかり収まる。
何より安定感が抜群。
トランクスみたいにあっちこっちと移動しないし。
今まで下着を見てオナニーすることはあったが、身に着けたのは初めてだった。
初体験に感動してしまった。
変態って言えば変態だが。

それからは、姉貴の部屋にこっそり入ってショーツを借りた。
しかし、ばれてしまった。
穿き始めてから1ヶ月弱のことだった。
姉貴が俺の部屋に飛び込んできた。

「則之さ・・・。あんたなんか私に言うことない?謝らなければいけないことしてるでしょ?」

「へ?なんのこと」

「ふーん、そうやってシラきるつもり?わかってるんだからね!」

「な、なんだよぉ・・・」

「ここでズボン脱ぎなさいよ!」

「な!何言ってるんだよ、姉ちゃん!変態!」

「あんたのほうが変態じゃないの?いいから脱ぎなさい!!」

安めぐみが目を吊り上げてカンカンに怒ってる顔を思い浮かべて欲しい。
結構きついって!

俺は思った。

(やばいって!今日は黒のショーツを穿いてるんだった・・・)

じーっと姉貴が睨んでた。
覚悟して俺は立って、目を瞑ってズボンを脱いだ。

「やっぱりね・・・まったく!・・・則之の変態!!バカ!・・・バカ!・・・大馬鹿よぉ!!なんでよぉ・・・信じらんない・・・バカ・・・バカ・・・グスッ・・・バカ・・・グス、グス・・・なんで姉ちゃんの・・・」

姉貴が怒鳴ったけど、後半は泣き声だった。
俺は目を開けて姉貴を見たら、姉貴が涙をポロポロ流しながら俺の股間を見てた。
いや、黒のショーツを見てた。

「い・・・いつから・・・なのよ」

「姉ちゃん・・・。ええっと1ヶ月ぐらい前かな・・・」

「な・・・なんで・・・なの?則之ってパンティフェチなの?」

「ち・・・違う」

「じゃあなんなのよ!説明して・・・グスッ・・・ほんとに信じられない・・・姉ちゃんのパンツを穿くなんて・・・グスッ・・・変よぉ・・・キモいし」

姉貴の泣き顔見たら申し訳なくて申し訳なくて。
正直に事情を話した。
昔から姉貴が好きだったこと、萌えだったことも全部白状するしかなかった。
姉貴といつも一緒に居たかったって。
姉貴のショーツが穿き心地良くて癖になってしまったって。
姉貴は俯いてため息。

「則之・・・あんた・・・姉ちゃんのこと思ってもどうにもならないでしょ?わかってるよね?代わりがショーツって・・・変態よ・・・いくら穿き心地良くても女のよ?ショーツって・・・」

「でもぉ・・・解決できないよ・・・」

「はぁ~。もうどうすればいいか、姉ちゃんだってわかんないわよ。私のショーツを穿くなんて・・・」

しばらくお互いに沈黙。
俺もズボンを穿いていいかわからず、じっとしてた。

「わかったわよ。ショーツなら貸してあげる。はぁ・・・なんで則之、こんな子になっちゃったのかしら・・・」

姉貴のショーツが穿ける。
姉貴がいつも一緒。
まじに嬉しかった。
で、それからは姉貴がショーツを貸してくれるようになった。
最初は姉貴も俺のショーツ姿を気持ち悪いって感じで見てたが、慣れてしまった。

そして・・・。

「則之ぃ、今日はこれを貸してあげる。穿いてみて?穿けるかな?」

げっ!青いTバック。
俺は姉貴の前で穿いた。

「そっかぁ。Tバックも穿けるんだぁ・・・男でも。オチンチンちゃんと入るんだね」

姉貴はモッコリ膨らんだ股間を見ながら感心してた。

「姉ちゃん、これ似合う?チンコがしっかり収まるよ。安定しているから穿き心地いいね」

「あはは、そっかぁ。でもTバック似合うね。ちょっとぐるっと回って見せて見て」

姉貴の前でぐるっと回った。

「お尻に食い込んでるぅ!お尻の穴・・・痛くないの?」

「うん。ふんどし穿いてるみたい」

「そっかあ!男の人のふんどしってTバックだね。ちょっと姉ちゃんによく見せてよ」

姉貴が近づいてモッコリTバックを眺めた。
で、モッコリ部分を手のひらで触って・・・。

「何すんだって!」

「ん?うん。ちゃんと玉も入るね?夏場はTバックにしたら?ショーツライン出ないしね」

「そっか!いいこと聞いた。Tバックも貸してね。ほんとに楽だよ、これ」

「うん。いいよ。ちょっと待って・・・」

姉貴は顔を近づけてモッコリに鼻をつけてクンクンと匂いを嗅いだ。

「汗臭くないね?大丈夫みたいね」

「変だよ・・・姉ちゃん。シャワー浴びてるんだから汗臭くないって」

毎日、お互いにショーツの貸し借りをするようになった。
『男が女のショーツを穿けるのか?』って思う人いるかもしれないが、あまりにも巨大なチンコやタマタマだったら無理かな。
通常時で7センチ以下の人なら穿ける。
嘘だと思うなら試して欲しい。
それに、生地が薄いから柔らかいし、穿いた感じはスベスベしてて気持ちがいい。
それに蒸れないし、何よりチンコとタマタマがきちんと収まってるから安定する。
デザインは女性ものだから見た目は変だけど、穿き心地優先で考えればこれほど合うものはない。
これを書いてる今も、もちろん穿いてる。
今日は黒地に白いストライプのボーダー柄だ。

で、続き・・・。
一緒に姉貴とランジェリーショップ行って、お互いにチェックしながら買ったりもした。
もちろん俺は試着はできないけど。
姉貴が試着する。
ネット通販とかでも一緒に画面を見ながら・・・。

「これ、則之に似合いそうね。サテン地で光沢があってセクシーな感じ」

「姉ちゃんはこっちだな。これTバックだけど可愛いよ。ヒラヒラがついてて可愛い」

風呂から出ると姉貴が、「はい。今日はこれね」って渡してくれた。

「姉ちゃんって、たくさんショーツ持ってるよな?見せてくれよ」

「見たいの?いいわよ。宝の山よ、則之にはね」

タンスの引き出しに綺麗に畳んでおいてあるショーツを全部見せてくれた。
1枚ずつ出して見てみた。
もちろんその場で穿いて似合うか見せ合ったりもした。

「則之のお気に入りのショーツってどれなの?」

俺はお気に入りを選んで姉貴に渡した。

「こんなにたくさんお気に入りなんだね。姉ちゃんのお気に入りはね・・・」

姉貴のお気に入りショーツも教えてくれた。

ある朝のこと。

「今日は則之はこれね。私は・・・これ」

スカートを捲って見せてくれる。

「姉ちゃんの前で穿いてみて?」

横が紐で結ぶ紐パンだった。
色は黒。
水玉模様。

「可愛い~!紐がきついでしょ?姉ちゃんがやってあげる」

姉貴が両サイドの紐を結び直して調節してくれた。

「あら、ローライズだからもうちょっとオチンチン横にしたら?飛び出しちゃいそうだね」

「あ!いいこと思いついた!・・・こうしちゃうよ」

ショーツの中に手を突っ込んでモゾモゾと位置を変えた。

「まあ!女の子みたいじゃない!!」

チンコを下に向けて穿いただけ。
でも、このほうがショーツの前が汚れないことが分かった。
股のところってコットンの布が付いているから柔らかくて亀頭を守ってくれるような感触だった。

「そっか。今度から則之さ、下向きにして穿いたらどうかな?」

「うん!いいね。変じゃない。何よりチンコが動かなくて安定するよ」

「そうね?あ!でもぉ・・・勃起したらどうなっちゃうんだろ?」

「わからないなぁ・・・大丈夫、勃起しないから」

「どうかなあ?これ見て勃起しない?」

なんと姉貴がショーツを脱いでベッドに座って足を開いて・・・突然オマンコ見せてきた。

「ほら!特別だからね!!どう?勃起しそう?」

「ね!姉ちゃん!・・・やべえ!」

姉貴の股間を見てるうちにニョキニョキと大きくなった。
下向きに勃起!
するとショーツが下に引っ張られて・・・。

「あははは!!!おかしいの!!下向き勃起してるぅ!!則之のエッチィ!!」

「ね・・・姉ちゃんが悪いって!いきなり見せるんだもん」

あと、ペアショーツも結構ある。

「見て見て!則之と姉ちゃんお揃いだよ。一緒に穿こうね?」

部屋でお互いに穿いて。

「いぇーい!お揃いショーツ!姉ちゃん、嬉しいよ」

「良かった、喜んでくれて。一緒に出かけようか?これ穿いて」

「OK!姉ちゃんブラもあるじゃん。このブラにしてよ」

「いいわよ」

毎日が楽しくなった。
今も姉貴とショーツをシェアリングしてる。
姉貴の方から、「姉ちゃんと一緒にいる間はショーツ穿いてね、お願い。則之が可愛いんだもん」と言ってくれる。

夏場は家の中では、お互いに下はショーツだけで、上は俺がTシャツ。
姉貴はキャミソールという姿でのんびりくつろいでます。
姉貴のスタイルの良さは何気に見ていてわかりました。
ポチャ系ではありません。
かと言ってガリガリではない。
まあ、あとでヌードを見ることになったんだけど、我が姉ながらほんとにスタイルがいい。
ペアショーツでお互いに姿見の前で見せ合ったり・・・。
ただ、姉貴とはまだセックスとかもなく普通にしてました。
まあエッチな気分になるかと言えば、意外に慣れてしまえばならないものです。
たぶん姉貴と仲良くいられるのが嬉しかったのと、姉貴のショーツで一体感を感じることが出来たからかもしれません。

それから姉貴の水着も着たりもした。
ビキニ水着。
姉貴は結構持ってます。
全部で15着ぐらい。
毎年2着ずつ買ってるうちに増えちゃったらしい。
で、ビキニのパンツを穿かせてもらった。

「ふーん!!ビキニだとよりいい感じだね?水着の生地って伸びるからね・・・ねえ、貸してあげるから水着もパンツ代わりに穿きなさいよ」

「いいの?でも水着って高いでしょ?」

「今年買ったのはだめよ。でも前のならいいわよ。デザインも古いしね」

「じゃあ借りるね。サンキュー!姉ちゃん」

「うん。ちょっと私の前で穿いてる姿見せてよ。則之の水着ファッションショー!」

「そんな!絶対変だって」

「隣の部屋で穿き替えて、姉ちゃんの前まで来てくるっと回って・・・やってぇ!!お願い!あ!ブラも着けなさいね!」

「無理だってぇ・・・変だよブラは」

「ワイヤーが入ってない三角ビキニなら大丈夫でしょ?紐で結ぶし。やって!やって!」

というわけで、姉貴のお望み通りに部屋で水着ファッションショーをやった。
姉貴は「きゃあきゃあ」言いながら楽しんでた。
俺は恥ずかしかったが・・・ブラなんて着けたの初めてだからね!
水着だけど。

「ねえ!三角ブラなら着けられるじゃない?家にいるときだけブラしてよ」

「ね!姉ちゃん!・・・アホか?できるわけないだろ・・・」

「いいじゃん!似合ってる。男もブラすればいいのにね」

「そうかなあ・・・おっぱいないのに・・・どう見ても変じゃないか?」

「いいの。そのアンバランスさが。夏場だけお願い。いいでしょ?」

「姉ちゃんが言うなら・・・いいよ。しょうがない!」

「サンキュー!!じゃあ今日からね」

「俺・・・水着買おうか?」

「え?・・・あ!うん!安いのネットであるでしょ。一緒に見てあげるから買ってぇ!!」

で、安い水着を7着買った。
もちろん姉と俺兼用。
もちろん部屋着。
なんだかエスカレートしてるような気もするが。
姉貴はノリノリで楽しんでた。

ただねぇ・・・水着はあまりお勧めではありません。
やっぱ蒸れます。
夏場に穿くと汗でベタベタ。
速乾性だからいいかもしれないけど蒸れるのは間違いない。
冬場ならまあちょうどいいかも。
色々試すと、女性物ってよく考えて作られているのがよくわかる。
男物のほうが結構いい加減だ。
女のショーツの良さを知ったらやめられない。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました