拘束されて失禁させられたい女にお漏らし調教

この体験談は約 10 分で読めます。

皆様の刺激的な投稿とは少し趣向が違うと思うので、興味が無い方や不快に思う方がいましたら申し訳ありません。

私は北関東在住で、性癖以外はごく普通、むしろ常識的で明るく多趣味で人付き合いも多い方です。
ですが・・・人に言えない、知られたくない秘密があります。
性癖が特殊というか、アブノーマルな性癖を持っています。

それは・・・女性の羞恥する姿、特に“お漏らし”と“失禁”にとても興奮してしまいます。

濡れた下着やおしっこの匂いが好きです。
お漏らしで性的衝動が高まる女性が好きです。
そんな女性を辱め、意地悪をすることに快感を覚えます。
分別ついた大人の女性のお漏らし、オムツやおねしょ。
それが例え我慢を強制されたものでも。
属性的にはSなんでしょうが、暴力的なことや苦痛、人格無視や罵倒、あまりハードなことは得意ではありません。
羞恥責めや言葉責め、優しく意地悪に辱めたいんです。

こんな私ですが、お漏らし好きな女性を求めて出会い系などで、極めて稀ではありますけどリアルでのプレイを楽しんでおりました。
そんな中、ある女性と出会いました。
5年前くらいの話です。
きっかけは、今は閉鎖されてしまったお漏らしサイトのパートナー募集掲示板です。
そこの掲示板は女性の数も多くかなりアクティブでしたが、書き込んでも返信はほとんど見込めない掲示板でした。
まぁ、自分の書き込み内容が悪いんでしょうけど。

何ヵ所かのサイトを巡回してコーヒーでも飲もうとPCの前から席を外しキッチンから戻ってきた時でした。
キーボードの横に置いてある携帯の着信ランプが青く点滅しています。
最初は気にも留めず、(誰かな?)くらいで携帯を開きました。
受信BOXには・・・サイトからの返信通知でした。
高鳴る鼓動、震える指先でスクロールすると。

『興味があります。是非、お話してみたいです』

短い文章と共に先方のアドレスが・・・。
すぐにお礼の返事をして感謝の気持ちを伝えました。
頭はパニクって何を書いたか覚えてません。

年は29歳で、お漏らしやSMに興味があるけど未経験。
おしっこの我慢は日常的にしていて、我慢をするだけで感じて濡れてしまうので常にナプキン着用とのこと。
我慢してチビることはあっても、リアルでのお漏らしは経験なし。
拘束されて我慢を強いられた上で失禁してみたい、というのが彼女の願望。
誘拐されて縛られて脅されて、そんな恐怖の中で失禁してみたいというのが、彼女の理想だそうです。

とは言え、まだ知り合って間もないし、そういう関係になるのは時間をかけて信頼を築いてからにしようなどと、世間話を交えてメールのやり取りしていました。
メールを交わしはじめて数時間が経った時に、『声を聞いてみたい』と彼女から。
快諾の後に携帯の番号を交換して、緊張しながら彼女にダイヤルしました。
何回かのコールの後に出た彼女の声は、今までのメールの感じとは違い、消え入りそうな声です。

「・・・初めまして・・・」

緊張してると思い、努めて明るく色んな話題を振りましたが、一向に彼女のテンションは上がりません。
頭の中をフル回転させて話題を探しますが、会話のキャッチボールが成立しません。
どことなく上の空のような。
会話の途中で気づいたことがありました。
彼女、自分の車の中から電話をしてるみたいなのですが・・・時折、息遣いが荒くなり、衣擦れの微かな音が聞こえます。
ピンと来ました。

「おしっこ、我慢してるでしょう?」

会話の途中、唐突に切り出しました。

「・・・」

彼女は無言で息遣いだけが聞こえます。

「我慢しながら弄ってるでしょう?」

少し意地悪に責めてみます。
電話越しに聞こえる息遣いや衣擦れの音、私には確信がありました。

「いいんだよ、恥ずかしがらずに教えてごらん」

しばらくの沈黙のあと、彼女は消え入りそうな声で、「・・・はい・・・」と答えます。
その頃には変態Sモードに突入していたので、昂る気持ちを抑えながら優しく意地悪に彼女を追い詰めていきます。

「『はい』だけじゃわからないよ。おしっこを我慢してるだけじゃないでしょう?正直に話してごらんよ。2人だけの秘密だから。我慢だけじゃなくて触ってるんでしょう?」

彼女の息はますます荒くなり、心なしか衣擦れの音も大きく聞こえます。

「じゃあ電話はやめよう。メールに戻る?」

ちょっとだけ突き離してみます。
すると彼女は相変わらず消え入りそうな声で・・・。

「・・・おしっこ・・・我慢しながら・・・さ・・・触ってます・・・」

調子に乗ってもう少しだけ意地悪してみます。

「よく言えたね。可愛いよ。ありがとう。でもさ、触ってるって、どこを触ってるの?それだけじゃわからないよ」

彼女の息遣いはさらに荒くなりました。

「どこ触って何をしてるのか教えてごらん?」

彼女は沈黙したままです。

「やっぱ電話切ろうか?」

観念したのか、更なる刺激が欲しいのか、意を決したように彼女は喋り始めました。

「・・・おしっこを・・・我慢・・・しながら・・・車の中で・・・オナニーしてます・・・」

やっとの思いで認めさせた恥態を更に煽ることにします。
彼女はもう荒くなる吐息や行為を隠すのをやめました。

「随分と我慢してるみたいだね。おしっこを我慢しながら車内でオナニーなんて変態なんだな」

少し冷たく彼女を詰めます。

「・・・いや・・・そんなんじゃないです・・・やめて・・・」

彼女は、「変態」という言葉に明らかに反応しています。
それは嫌悪なの心地よいのかは分からないけれど。
どうやら近くのショッピングモールの駐車場に車を停めているようです。
ここに来て私も興奮して頭の中が真っ白になってきました。
携帯の向こうで彼女はもう吐息ではなく、押し殺してはいますが喘ぎ声に近くなってきています。
聞けばコートの下は生足ミニスカらしい。

「パンツの中に手を入れてごらん?どうなってる?」

もう手を入れて弄ってるんだろうけど、彼女の口から言わせてみたい。
また沈黙が続くけど、ことらも敢えて沈黙を決めて携帯の向こうの動向を探ってみます。

「・・・濡れてます・・・溢れてきて・・・トロトロです・・・」

だんだんと大胆になってきたみたいです。
何が溢れてトロトロなのか言わせようと思いましたがやめました。

「もう変態なアソコは弄くりすぎてビッショリなんでしょう?」

答えはしないが、押し殺した喘ぎは更に色を増します。

「携帯をアソコに近づけていやらしい音を聞かせてごらん?」

躊躇してるのでしょうか。
暫しの沈黙の後・・・。

・・・ピチャピチャ・・・クチュクチュ・・・。

卑猥な音が聞こえてきました。

「・・・今日・・・逢えませんか?・・・」

彼女の自慰が奏でる卑猥な響きで、ぼーっとするほど興奮してる自分は、突然の申し出に面食らってしまいました。
その申し出に狂喜乱舞して飛び付きたいけど、正直迷っていました。

「・・・ダメですか?・・・逢いたいです・・・」

哀願とも言うべき切なさを含んだ願いに迷いも理性も吹き飛びました。

「わかったよ。今から会いに行くよ」

血が沸騰しそうなくらい興奮してるけど冷静を装ってみます。

「その代わり・・・。これから1時間半、おしっこ我を慢できるかい?もし我慢できなくてトイレ行ったりしたらお仕置きだよ」

もう彼女から初めてメールが来た時から1時間以上経っていました。
ずっと我慢して、少し酷かと思ったけど、命令というより彼女に課題を与えてみました。
すると彼女は思いも寄らないことを言ってきました。

「・・・もし我慢できなくなったら・・・オムツを穿いてもいいですか?」

(オムツを持ち歩いてるのか!)

ダメだ・・・ドキドキが止まりません。
でも、普通に使わせてしまうのは勿体無いので少し意地悪してみます。

「うん、オムツを穿いてもいいけど、我慢の約束は変えないからね。それと、オムツはびしょびしょになったパンツの上から穿くんだよ。いいね?」

今までとは違う少し上気した声で従順に彼女は答えました。

「・・・はい・・・我慢します・・・」

今から急いで用意して向かっても深夜12時にはなるでしょう。
遅くなっても大丈夫なのかどうか、再度確認をとって通話を終えました。

携帯を持つ手が微かに震えています。
時計を見ると22:30を越えています。
お漏らしデート用のバッグを見ると、吸水シーツとジップロックや袋関係がありません。
仕方ないので高速に向かう途中、深夜まで営業してるドラッグストアに立ち寄って購入。
何とか23時前には高速に乗ることができました。
途中、エリアに寄って彼女にメールを打ちました。

『大丈夫かい?約束は守れてる?もう近くのインターだからもう少し待ってて』

彼女が電話をしてきました。

「・・・はい・・・我慢してます・・・でも・・・もうお漏らししたみたいに・・・」

「うん、急いで行くから。お漏らししたらお仕置きだからね」

逸る心を抑え、ついでに周辺のラブホをチェックしつつエリアを後にします。
程なくしてインターを降り、待ち合わせ場所の大型ショッピングセンターの駐車場へ向かいました。
その時、彼女から電話が。

「・・・早く来て・・・もう・・・」

もう限界なのでしょう。
想定済みなのと、オムツ着用なので、わざと冷たく諭してみます。

「約束を守れなきゃどうするんだっけ?大人なんだからお漏らしなんて恥ずかしいだろ?我慢しなさい」

消え入りそうな声で彼女が言います。

「・・・もう・・・我慢できません・・・お願い・・・。・・・あっ・・・うぅ・・・」

苦しさと悦が混じりあった喘ぎと共に通話は切れました。

(ちょっとやりすぎたか。もう会えないかも)

そう思っていたら、携帯に着信がありました。
電話に出ると・・・。

「・・・ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」

彼女は泣いていました。

「大丈夫?こっちこそごめん。無理させちゃったね」

泣かれちゃったんで、ちょっとパニクりながら懸命に謝ります。
しばらくして彼女のすすり泣きが落ち着くと・・・。

「・・・奥の駐車場の角に停めてます・・・」

心臓が破裂しそうです。

「会えるの?」

「・・・はい・・・逢いたいです・・・車の後部座席にいます・・・」

車の車種とナンバーは教えてもらってたので、すぐに該当の車を見つけました。
白のミニバン、彼女の車です。
ドキドキしながらドアをノック。
オートスライドドアが静かに開きました。

「こんばんは。初めまして」

開いたドアに身体を半身入れた瞬間でした。
車内からヒーターの熱気と一緒におしっこの匂いが!
カーコロンの香り、彼女の香り、ツンと鼻をくすぐる強いおしっこの匂い。
目が回りそうなくらい興奮しました。
麻薬的な快感です。

「会いたかったよ」

ブランケットに包まり、顔もまともに見せずに泣き濡れた彼女を強く抱き締めました。

「よく頑張ったね。無理させちゃってごめん」

少し荒々しくブランケットを剥いで髪を撫で、片手で頬の涙を拭い、激しくキスをしました。
彼女は脱力して身を委ねます。
シャンプーの香り、汗ばんだ肌の匂い、アンモニアの香り・・・。
至福の瞬間でした。
彼女が落ち着くまで愛撫し続けます。
彼女の呼吸や鼓動が落ち着いた時、自分もやっと余裕が出てきて・・・。
また虐めたくなってきました。

「我慢できなかったね。車内がおしっこの匂いでいっぱいだ」

彼女はブランケットを寄せて隠れようとします。

「約束を守れないときはなんだっけ?」

強引にブランケットを奪い、運転席に投げました。
ブランケットの端が濡れていました。
恥ずかしがりながら抵抗する彼女の手を払い、太ももに手を滑り込ませると・・・じっとりと熱感触が。
さらに奥に手をやると、膨れてパンパンのオムツに手が届きます。
彼女はもう抵抗しません。
キスをしながらオムツを弄びます。
太ももどころか、スカート、後部座席もびっしょり濡れていました。

「沢山漏らしちゃったな。お仕置きだからね」

彼女がコクんと頷きました。
満月の光と水銀灯の灯りが車内に差し込み、彼女の横顔を照らしました。
メールで『逢いたい』と言ったものの、いざ会うとなると不安や恐怖があったようです。
まして、メールで指示されながら、車の中で自慰をして失禁。
オムツもオシッコで溢れてしまい、快感と不安が入り混じってどうしていいか判らなかったとのこと。
敢えてお漏らしやメールの話題を外して世間話などしていると、ようやく笑顔も出てきました。
びっしょりのオムツを穿いたまま普通の話題で盛り上がっている、少し滑稽で可愛らしい姿でした。

時計に目をやると、もう少しで深夜1時を越えるところです。
正直、これ以上の展開は躊躇しました。
でも、彼女の気持ちを確かめるために切り出してみます。

「この後はどうする?ホテルに行ってみる?着替えもしなきゃ。でも、またの機会でも構わないよ。着替えだけなら替えの下着も用意してあるし」

すると彼女は・・・。

「・・・朝まで一緒にいてください・・・」

なんと嬉しい一言。

「じゃあ、ホテル行こう」

彼女は伏せ目がちに頷きました。
自分の車に戻り、助手席に吸水シーツとバスタオルを敷いて、手を繋ぎながら迎え入れます。
先ほどの笑顔は消えて、また緊張してるようですが、手を繋ぐときも迎え入れる時も抵抗は感じられず、自ら身を任せる感じでした。
助手席に座って前方を見てる彼女の耳元に、「お仕置きしなきゃね」って囁きながら唇を重ねしました。
ホテルまではそれほど時間はかかりません。
運転しながら彼女に意地悪を言ってみます。

「ホテル着くまでオムツに手を入れてオナニーしてごらん?」

彼女は下を向いて無言です。
ホテル街に入りましたが、さすがに満室の表示ばかりです。
何軒か探しながらウロウロしてるとき、彼女の吐息と微かにクチュ・・・クチュクチュ・・・という音が聞こえます。

「いやらしい子だね・・・」

運転をしながら彼女を見ずに告げます。
ようやく入れるホテルを見つけて駐車場に入りました。
彼女を車から降ろし、手を繋ぎながらホテルの廊下を歩きます。
オムツのせいか、歩きづらい感じです。

部屋に到着して、ソファーに2人で座りました。
キスをしながらも頭の中は妄想が駆け巡ります。
彼女の願望を叶えてあげる時間がありません。
彼女はメールで、いつも妄想している願望を話してくれました。

『誘拐されて監禁されて拘束されたまま失禁』

せっかくだから彼女の願望を叶えてあげたいけど、朝までの時間では組み立てられません。
それこそ長いフリータイムを利用しないと。
適当にやっても白けちゃいますから。

そんな事を考えながら彼女の洋服を脱がしていきます。
可愛らしいミニスカートのお尻はじっとり濡れています。
ミニスカートを脱がすと、モコモコに膨れ上がり、重さでずり下がって変色したオムツが。
彼女の白い太ももは、汗なのかおしっこなのか愛液なのかヌルヌルになっています。

「随分漏らしちゃったね。大人なのに、我慢できないなんて恥ずかしいね。約束を守れない子はお仕置きだよ。いいね?」

彼女は無言のまま虚ろな感じで身を任せます。
私も興奮しすぎて何がなんだかわからない状態ですが、優しくベッドに彼女を寝かせました。
ベッドの上にバスタオルを敷き、大きく脚を開いてM字に開きます。
濡れそぼった内股に舌を這わせながら鼻先でオムツを押したり、全体を手で包み揉んだり・・・。
おしっこの匂い、噎せ返るような淫靡な匂い・・・。
彼女の喘ぎは一段と激しくなり、愛撫だけで何度も果てました。

吸収量の限界を越えたオムツを、言葉責めをしながらゆっくり脱がします。
赤ちゃんがオムツを替えられような体勢、かなりの羞恥を伴う瞬間です。
オムツの中は黄色に染まり、一段と尿の匂いが強くなります。
パンツも全体的に変色し、オムツを脱がすときはアソコの部分から彼女自身から溢れ出る液体で糸を引き、性器と陰毛は透けて卑猥な形を浮き上がらせていました。

ずっしりと重いオムツを脱がした後、いよいよお漏らしのお仕置きを始めます。
彼女に目隠しを装着し、両手足を梱包用ラップで優しく拘束。
股間はびっしょりになったパンツごとクリに当たるように電マを固定。
こうして身体の自由と視界を奪いました。
ローターで乳首を苛めながら同時に電マのスイッチを入れます。
時間的に誘拐監禁ごっこはできないので、快感責めのお仕置きです。
電マとローターが奏でる低いくぐもったモーター音と彼女の喘ぎ声が室内に響きます。

もう何度、彼女は絶頂を迎えたことでしょう。
“イク”タイミングと身体の変化が少しわかったので、イキそうになるとスイッチをOFFにして寸止めします。
彼女は喘ぎを通り越し、悲鳴や呻きにも似た叫びをあげます。
不意にスイッチをON・OFFして責め続けると、ラップで拘束した股間からは尿が止め処なく溢れ、バスタオルが濃い色に染まります。

イキ過ぎて過呼吸に近くなったので、拘束を外し、固定した玩具も外しました。
優しくキスをしながら身体に触れると、触るたびにビクっとなります。
身体全体が敏感になりすぎて逆に辛そうです。
枕元にジュースを用意して少し休ませることにしました。

呼吸が落ち着いた後、69に体勢を変えて、口でしてもらいながら責めます。
顔の前には彼女のふくよかなお尻。
尿と愛液でずぶ濡れのパンツ。
わざといやらしく、汚ならしい音を立て吸い付きます。
愛撫を続けると尿が漏れ始めました。
自分の顔を尿で汚したことを叱り、乳首を軽くつねると、叫び声をあげながらまた果ててしまいました。

ぐったりした彼女を少し荒々しく扱いながら、びしょ濡れのパンツを剥ぎ取り、お尻を高く上げさせ、後ろ手を腰の上で掴み、鼻先に自分が汚した下着を置き、後ろから激しく犯しました。
呻き声を上げながら体を痙攣させ、昇り詰めては果てての繰り返しで、自分も彼女と共に崩れ落ちました。

帰りの車中、「また逢いたい」と話すと、彼女は笑顔で頷いてくれました。
すでに5時・・・。
東の空が白んで来ていました。
駐車場に戻り、キスをして別れを告げました。
その後、色んな場所でお漏らしデートを楽しみ、“誘拐監禁お漏らしプレイ”もリベンジしました。

タイトルとURLをコピーしました