高校生の妹と舌を絡めて本気のキス

この体験談は約 3 分で読めます。

もう何年か前だから記憶曖昧なんだが・・・。
妹が定期テストの最終日で、日頃から勉強するタイプじゃなかったんで一夜漬けしてたんだ。

俺が学校から帰って来ると、リビングのソファーで制服のまま妹が寝ていた。
そのときスカートは捲れあがり、パンツが中途半端に膝くらいまで下がっていた。
さらにビックリしたのは、妹の手の届く机の上に黄緑色のローターが置いてあった。

(相当に眠かったんだな・・・)

さすがに呆れたが、好奇心から、指を1本だけ入れてみた。
ヌルッと簡単に入ったので、ザラザラするところを擦るように出し入れをしていたら、だんだんと湿ってきた。
パンツを膝から引き抜き、足を広げさせると凄く興奮してしまい、クリを思いっきり舐めてしまった。
妹はかなりビショビショなんだが、目を開けることなくじっとしていた。

俺は自分の一物を取り出し、しごきながら妹の制服のYシャツのボタンを外した。
すると、寄せて作ったBカップの谷間が顔を出した。

(こいつも努力してんだな)と、ニヤけてしまった。

ブラを外したかったが、仰向けで寝ていたので後ろのホックを外せず、上にずらした。
妹の乳首は小さくて肌色だった。
俺は片手で乳首を摘みながら、反対の乳首を舐めた。
すると妹がなんか、「あふぅ・・・」みたいな感じで息を漏らした。
俺は結構Sなんで、乳首を噛んだり、思いきり摘んだり、捻ったりした。
妹の乳首はますます硬くなるばかりだった。

また下半身に戻って指を入れると、もうヌルヌルだった。
指が何本入るかと思ったら、すんなり3本を飲み込んでしまった。
指を激しく動かすと、妹の手がぴくっと動いた。
顔を見ると赤く上気していた。

俺「いつから起きてた?」

妹「何やってんだよ、ばか」

俺「入れるぞ」

会話になってなかった。
俺は妹の足を広げて上に覆い被さり、体重を乗せた。
ニュルンと妹の中にすんなり入った。

「あぁぁ」

ため息のような吐息を吐いた妹にゆっくりピストンすると、背中に手を回してきた。
俺は妹の中を味わうようにゆっくり動かしながら妹の耳を舐めた。

妹「くすぐったいぃー」

赤い頬を膨らませて怒った演技をしたが、妹の口は笑っていた。

俺「お前の中、あったかいな」

妹「お兄ちゃんのも気持ちいい」

小さな声で妹が言った。
ピストンを速めると妹のつま先がピンッとなってエロかった。

俺「妹、上乗る?」

妹「やーだっ」

真面目に嫌がってるみたいなんで、無理強いはやめといた。
妹から1回抜いて、四つん這いにさせて後ろから入れた。

「ちんちん気持ちいいです」

何回も言わせながら妹のお尻を叩いていると、俺も興奮してきた。
顔が見えないことから、妹だと意識をあまりしなくていいので、バックのときが純粋な快感は一番大きかった。

俺「いつも、どこ出してる?」

妹「ゴムの中」

もちろんゴムなんかしてないんで、「じゃあどこ?」と聞くと、「制服だから体は嫌だ」って言われた。
俺は、「ふうん」とだけ答えた。
妹の顔に出したかったので、また正常位に戻した。
激しくピストンすると、やはり背中に手を回してきた。
なんかもう妹とかどうでもよくなって、舌を絡めてキスをしまくった。

絶頂に達しそうになったので、抜いて妹の顔に座り、ケツを唇に当てて(さすがに舐めてくれなかったけど)ちんこをしごいた。
すると妹が勝手にちんこを咥えてきた。
なんとも言えない優しい舌使いで俺は天国に導かれた。
俺のちんこは何回も脈打ち、白いやつをたくさん出した。
妹は、「いっぱい出たぁ~」と言いながらダッシュで洗面所に向かい、うがいをしていた。

俺は服を整えて、「リビングで変なことすんなよ」とアドバイスして、「またやろうな」って言ったけど、「お兄ちゃんこそ調子乗んな」って言われた。

今でも仲のいい兄妹です。

タイトルとURLをコピーしました