巨乳で巨尻な息子の嫁の浮気現場を目撃

この体験談は約 6 分で読めます。

私は56歳の会社員です。
紹介するエロ話は、息子の嫁の身体を頂いた話です。

私は3年前に妻に先立たれてから、1人でマンション暮らしをしていました。
一人息子の高志が、「一緒に暮らさないか」と言ってくれたのですが、1人の方が自由だし、嫁の玲子にも気を遣わせて悪いと思ったからです。

それと、これはあまり大きな声では言えませんが、私はこの年になっても人一倍性欲が強くて、息子たちと暮らしたら玲子に手を出しそうで怖かったのです。
1人だとパソコンでエッチ画像を観ながら自分で処理出来ますし、たまにデリヘルなんかも利用出来ますからね。
ただ、玲子のエロい身体を、いつも見れないのは残念でしたが・・・。

玲子は本当にエロい身体をしていました。
まだ30歳になったばかりですが、子供がいないので体の線は崩れていませんし、なんといってもEカップはあろうかと思える胸と、バックから入れたいと思わせる大きなお尻は堪りませんでした。
エッチ画像を観ながらオナニーする時は、自然と玲子に似ている画像を選んでいました。

玲子は自分でも自信があるのか、いつも身体の線がハッキリ分かる服を好んで着ていましたし、胸の谷間を強調する格好をしていました。
先日も私の所へ高志と一緒に様子を見に来たのですが、ソファーに座っている時はミニスカートの奥が気になって仕方ありませんでした。
顔はそれほど美人ではありませんが、俗に言う“男好きのする顔”をしていましたね。

そんな玲子と私の関係が劇的変わったのは、隣町で玲子の姿を見かけた時からです。
ある日の昼過ぎ、仕事関係の知人を車で隣町にある私鉄の駅に送って行った時のこと。
駅の中から玲子が出て来たのです。

(どうしてこんな所へ?)

不思議に思い目で追っていたところ、見知らぬ男が運転する車に乗り込んだ玲子。
私は気付かれないようにその車を尾行しました。
すると、その車は駅から10分ほど行った所にあるラブホテルに入って行ったのです。

(玲子が浮気をしている!)

高志が可哀想に思えましたが、それとは別に、私にとっては面白いことになってきたとも思いました。
それで、その週の日曜日に、近くに来たからという理由で私は高志たちのマンションを訪ねたのです。
そして高志がトイレに立った隙に、「先日の昼間に◯◯駅で玲子さんによく似た人を見かけたんだけど・・・」と口にしてみました。
一瞬ドキッとしたような顔をして・・・。

「◯◯駅とか行ってません!・・・私じゃないですよ!」

ちょっとキツめの口調でそう言った玲子。
しかし、その目は泳いでいましたし、私の方を見ようとしません。

「だよね~・・・いや、その女性がさ、男が運転する車に乗ったと思ったら、いきなりその男とキスしたように見えたんでね~・・・まさか玲子さんがそんな事をするはずがないと思っていたんだよ・・・」

「だから私じゃないです!間違いです!」

怒ったような口調でそう言うと、玲子は居づらくなったのか向こうへ行ってしまいました。
私はすぐに高志の自宅を出ましたが、帰り際、玲子に分かるように高志に耳打ちしたのです。
それは玲子を不安にさせるためのお芝居で、ただ単に他愛ないことを言っただけでした。
でも、その効果は絶大でした。
3日後に玲子から電話があり・・・。

「今日は高志さんが出張でいないので、夕食を作りに行きますから一緒に食べましょう」

今までそんな事は初めてでしたから、私は期待していました。
何かあった時の為に合鍵を渡しておいたので、私が帰宅した6時半頃には、すっかり支度を終えた玲子が待っていました。

「いや~、わざわざ悪いね。ありがとう」
「たまにはお義父さん孝行もしないといけないと思って・・・」

「高志は泊りなのかな?」
「そうです」

玲子が作ってくれた物を食べながらビールも飲みました。
高志と玲子が結婚して以来、玲子とこうして2人で飲むのも初めてでした。
いつも以上に胸が強調された格好をしている玲子。
私がそこを意識しているのは分かっていたはずです。
食べ終わり、ソファーに座ってテレビを観ていると、洗い物が終わった玲子が隣に座りました。
ミニスカートから見える太腿が欲情をそそります。

「あの~お義父さん・・・私のことで何か高志さんに話しました?」

「何も話していないよ!」

「そうですか・・・それでお義父にお話があるのですが・・・」

そう言うと玲子は私の大腿に手を置いた。
ミニスカートの裾が上がり、もう下着が見えそうな感じだ。

「お義父さんは・・・その~・・・どうしているんですか?」
「何をだね?」

「その~・・・あっちの方の処理とかです・・・お義父さんはまだ元気そうですし・・・」
「それは玲子さんが気にすることではないよ」

「そうですけど・・・、もしも我慢されているのならお辛いだろうなと思って」
「ん?・・・じゃあ辛いと言ったら、玲子さんがどうにかしてくれるとでも言うのかね?」

「ええ・・・もし私で良ければお相手しますけど・・・」

そう言うと私の手を握り、玲子は下を向いた。

「そんな事をして高志に悪いとは思わないのかな?」

「高志さんには内緒ということでお願いします」

「そうか、君がそう言うなら・・・」

そこで私は玲子を抱き寄せました。

「それじゃあさっそくアソコを擦ってくれないか?」

いきなりで少し驚いた様でしたが、玲子はズボンの上から股間を擦り始めました。
するとアレは途端に大きくなり、ズボンがパンパンに膨れ上がりました。
それを見た玲子はベルトを緩めてズボンを下ろし、パンツの脇から手を差し入れて直接アレを触ってきたのです。
そして私に顔を近づけてきたので、唇を重ね合わせました。
アレを擦りながら自分から舌を入れてきた玲子。
私はその舌を強く吸いました。
そして私がズボンとパンツを脱いで股間を曝け出すと、手コキからフェラへ。

まず亀頭を舌先でツンツンして、次に舌を使って舐め回しました。
それから竿の横に唇を這わせて裏側を舌で舐め上げると、カプっと咥えてから手と一緒に顔を上下させはじめました。
不倫していることが高志に知られるのが余程恐かったのか、玲子は必死にサービスしてくれました。
口止め料のつもりだったのでしょう。

玲子のフェラは凄く上手でした。
高志が教えたというより、あの浮気相手から学んだのだろうと推測しました。

私はフェラを一旦止めさせると、玲子の上半身を裸にして乳房を揉みました。
玲子の乳房は弾力があり、かつ柔らかく、餅のような肌触りで心地良かったです。
ずっと私を欲情させていた玲子の乳房に、こうして触れる日が来るとは思いもしませんでした。
もちろん初めて見たのですが、大きな目は乳首はとてもエロく、あの浮気男に吸われていたのかと思うと憎たらしくなりました。

それからミニスカートを腰までたくし上げると、ソファーの上で足を広げさせました。
するとマンコを覆っている赤色のショーツが丸見えになり、その中心には少しシミが出来ていました。
口止めのつもりでサービスしていた玲子でしたが、根がスケベなのでしょう、すっかり感じてしまっている様子です。
そのシミの所を指で突くと、「あ~ん」という悩ましい声を発し、クリトリスのある付近を擦ると身体をピクっとさせました。
匂いを嗅いでみると、小便の混じった独特の匂いがしました。
ショーツに手を掛けて脱がし、マジマジと観察しました。

「そんなに見ないで下さい、恥ずかしいです」
「恥ずかしい?・・・玲子さん、このショーツは貰うよ」

「えっ!どうしてですか?」
「匂いを嗅ぎながら抜くためさ!」

「嫌です」とは言わずに苦笑いを浮かべた玲子でした。

それから両足を持って広げると、薄っすらと濡れて光っているマンコが目の前に。
ついに見てしまった嫁のマンコ・・・。
何だか信じられない気分でした。
割れ目に沿って指を這わせ、クリトリスに触れると、また身体をピクっと反応させます。
そのまま指を上下に動かしました。

「ああ~っ!」

右に左に身体をよじらせながら喘ぐ玲子。
さらに私は顔を埋めてベロベロとクンニしてあげました。

「はあ~~も、もうダメ~~っ!」

泣きそうな顔で玲子が訴えてきます。
私の攻めはさらに続き、今度は指を2本入れ込んでの手マンです。
玲子の穴の中はビショビショに濡れていて、手の動きに合わせてマン汁が飛び散ります。

「お、お義父さん・・・あたし・・・あたし・・・もう・・・もう・・・」

その言葉を聞いて私が指を抜くと同時に玲子がイキみ、勢いよく潮を噴き上げました。

「やだ~~っ、恥ずかし~~い!」

少し驚きましたが、これほど感じるのですから、浮気するのも仕方がないのかもと思った次第です。

「どうする?・・・このまま入れて欲しいか?」

「入れて、入れて下さい!」

玲子の両足を抱え上げると、片足を床に置いたまま玲子のマンコに肉棒を突き刺しました。

「ああ~~っ!」

突き刺した瞬間、もの凄い快感に襲われた様子です。
私は玲子を起き上がらせてソファーに両手をつかせると、立ちバックの格好で後ろから肉棒を差し込み直しました。
そしてリズム良く玲子のお尻に打ち続けました。

「あっ!あっ!あっ!あ~~っ!あっ!あっ!あっ!あ~~っ!」

腰の動きに合わせて喘ぐ玲子。
たまらずマンコの中に大量に発射してから引き抜くと、玲子はソファーの上に崩れ落ち、しばらく動けませんでした。
息を整えるためにソファーに座っていると、玲子が身体を起こしました。

「感想は?」
「す、凄かったです!」

「もうあの男と会うのはやめなさい!・・・君が高志で満足しないなら私が相手をするから」
「はい、これからはそうします」

「いい子だ。玲子、今日は泊まって行きなさい。お風呂に入ってからもう一度しよう」

お風呂から上がった私と玲子は今度は寝室で抱き合いました。
すっかり玲子が愛おしくなり、時間を掛けて優しく愛撫しました。
玲子の方も、これほどセックスで感じたのは初めてのようで、私の肉棒をたっぷりと咥え込んで楽しんでいました。
こうして私と息子の嫁である玲子との秘密の関係がスタートしたのです。

タイトルとURLをコピーしました