トイレから聴こえてきた大好きだった子のフェラ音

この体験談は約 6 分で読めます。

ぶちまけさせてください。
付き合った人数はブス1人で、もう4年彼女いない。

現在24の俺は、出会い欲しさにmixiを始めた。
最初の3ヶ月は全く成果出なかったが、3ヶ月経ったあたりで1人のメル友ができた。
名前はゆみ。
ゆみは1つ下の23歳で、元読者モデルで現在はOL。
顔は載せてないが、その肩書きと紹介文のベタ褒めっぷりから期待を膨らませていた。

そこからさらに3ヶ月。
他愛ないメッセをやりとりし、ついに会う約束をし、これを機に連絡先を交換した。
程なくして初電話。
内容があまりにもリア充&自分磨きまくってます的な感じで終始圧倒された。

2回目の電話では、ゆみの誰とでも仲良くできる社交的かつ少し天然な性格もあって緊張せず話せた。
俺のオタ話にも付き合ってくれた。

そして3回目は、突発的にゆみの方から掛かってきた。
慌てて出ると、かなり酔っ払っているらしい。
俺は嫌われるのが怖くて今まで一度も下ネタとか話さなかったが、ゆみはかなりの下ネタ好きなのか、酔いも手伝い、この日は下ネタのオンパレードだった。

「彼氏と別れて、もう半年してなくて、ぶっちゃけ欲求不満」だとか、「童貞を攻めまくって感じさせたい願望がある」とか・・・。

さらには俺が、経験人数はブス1匹で回数も1回。
未だにフェラされた経験ないと言うと、「めっちゃ咥えたい」と言い出す。
その日はそれを想像して抜いた。

その日から会う約束を取り付ける1ヶ月後まで、下ネタだったり恋愛系の話がメインとなり、向こうも溜まってるのか満更でもない様子だった。
ちなみに3回目の電話の日に、ずっと気になってたが切り出せなかった写メ交換に成功した。
初めて写メを見た時は、ドッキリだと疑うくらいめちゃくちゃ可愛かった。

俺の写メを見せたら、「超タイプとかってわけじゃないけど、ある意味タイプ(恐らく童貞を攻めまくりたい願望のせい)」と言われた。

話は変わり、会う約束の1週間くらい前。
mixi越しに、同い年で職場もすぐ近くの男からメッセが来た。
なんてことはない、普通のオフ会の勧誘メッセだった。
何でも副幹事らしく、メッセの感じも相当気さくだし、ちょうどゆみと会う翌日で予定もないから「検討する」と言っておいた。

会う3日前。
俺はなんとも言えない不安に襲われた。
ありえない絶世の美女とあまりにもいい感じだからだ。
付き合えるかは分からないが、エッチは本当に出来そうだ。
こんな美味い話、あるわけない。
タチの悪い冗談だったら?
実は詐欺写メでクソブスだったら?
何かの罠だったら?
・・・そんな不安に駆り立てられ、さらには会ってもまともに会話出来る気さえしない。

そんな俺に副幹事は、親切かつ的確なアドバイスをくれた。
そして、どうしても自信なかった俺は会う日を1日ずらし、「良かったらオフ会に一緒に行かないか?」とゆみに聞いてみた。
ゆみは、「行きたい」と言った。

オフ会当日。
ゆみは1時間遅れると言うので、雰囲気に慣れるために俺は先にオフ会に参加した。
カラオケのオフ会で、全部で男が45人、女40人くらいいた。
副幹事は特別カッコいいわけでもカッコ悪いわけでもないが、物凄いトーク力があり、スタッフから絶大な信頼を得ている感じがした。
しかし一般参加のブスやオタには表面上は良く振る舞ってるが、なんか冷たいというか見下してる感もあり、正直そこまでの好印象は抱かなかった。

驚いたのは6人ほどいた女性スタッフだ。
美人揃いだったのだ。
何でもスタッフは副幹事の知り合いがほとんどらしい。
中でも40人中2位の子は副幹事の元カノで、今でもたまにエッチしていると後から聞いた。
完全に見た目で選んでると思った。

1位は紛れもなく、ゆみであった。
俺は写真以上の可愛さに度肝を抜かれてしまい、すぐさま男が群がった。
しかしゆみはそんな男共の猛攻に受け答えしながらも番号交換などを難なくかわし、俺のそばにいてくれた。
正直、物凄い優越感だった。
ナンバー1の美女の連絡先を俺のみが知っていて、俺の隣にいる。

残り1時間になったところで、ゆみは他の女性参加者と仲良くなり部屋を移動した。
残り10分くらいになり、ゆみを探すとショッキングな光景が・・・。
なんと副幹事の肩をマッサージしていた。
それだけではなく、俺もまだ触れてない胸が時折背中に触れている。
さらには手のひらまでマッサージして、完全に手をベタベタ触っている。

(副幹事とゆみが、いつの間に・・・?)

とにかくショックだった。
二次会もゆみは副幹事の隣に座っていた。
俺はゆみとはほとんど絡めず解散となった。

その日すぐにゆみにメールしたら普通に返事が来た。
『今度は2人で遊ぼう』と言うと許可してくれた。
内心凄くホッとした。

そして5日後、ついに2人で会った。
お茶してカラオケして飲んで、あわよくばホテルってプランだった。
ゆみも、「オールでもいいけど次の日は仕事だから、シャワーもあって寝れる漫喫とかがいい」と言ってた。

会って、まずは予定通りお茶をした。
しかしゆみは時折、携帯メールを打ってる。

「何かあったの?」と聞くと、「いや、大した用じゃないけど、ちょっと友達に呼ばれてて・・・でも断ろうと思えば断れるし、行くなってなら行かないよ」と言われた。

でも、口ではそう言ってるが、内心行きたそうな感じだった。

「正直行きたい?」と聞いてみた。

「・・・ぅん。ちょっと特別な友達だから」

そう、ゆみは答えた。
俺は3日後に会う約束を取り付け、その日は解散した。
3日後・・・ゆみに直前でドタキャンされた。
さらに3日後もまたドタキャン、その次もドタキャンされた。
必ず直前になってのドタキャンだった。

その次の約束ではなんとか会えたが、またもやお茶とカラオケをした時点で解散となった。
俺はゆみの後をつけてみた。
すると・・・。
予感は的中した。
現れたのは副幹事だった。
会うなりゆみは速攻で副幹事の手を握った。
副幹事はゆみの荷物を半分持ち、ホテル街の方に歩き始めた。

俺は怖くなり、それ以上後を追えなかった。
俺は心の中で信じていた。

(あの2人はホテル街の方に行っただけで、ホテル行ったわけじゃない、エッチしたわけじゃない)

俺は心の中で信じていた。
そしてそれを確かめるべく、1週間後に俺は例のオフ会にまた参加した。
ゆみはそこのスタッフになっていた。
俺は二次会で、ゆみがいない隙に聞いてみた。

「ゆみと付き合ってるのか?」と。

副幹事は言った。

「いや、付き合ってはない。付き合ってはないけど、ゆみはぶっちゃけ俺が好きみたいだから、2~3日おきに呼び出して会ったりはしてる」

ゆみが俺との予定をドタキャンしたのは全部副幹事の呼び出しが原因だと分かった。
今度は女のスタッフが聞いた。

「ぶっちゃけ、エッチしてるの?」

俺は心臓をバクバクさせながら答えを待った。
その時、ゆみが戻ってきて、結局答えは聞けずに終わった。

そんなこんなで二次会終わり、三次会は幹事の家で飲むことになった。
なんと幹事と副幹事は同じマンションの隣同士に住んでるが、副幹事の部屋は汚いからという理由で幹事の家に決まったのだ。
男は俺、幹事、副幹事、その他2人。
女はゆみとその他2人で8人。

結局、朝4時で全員が潰れた。
俺だけは副幹事とゆみの真相が気になり、眠れなかった。

すると4時半くらいに副幹事がいきなり起き上がり、ゆみを起こした。

「ゆみ、部屋に帰るぞ」

副幹事は確かに言った。
ゆみはまだ寝呆けている。
すると副幹事はいきなりゆみに重なりキスをした。
ゆみはすぐに応戦し、下から舌を伸ばして絡めたり。
今度は、キスをしながらゆみの胸を揉み始めた。
下から服の中に手を入れて直接触っている。
ゆみは「ダメ」と言いながらも少しずつ感じてきている。
ほんの数秒だけ、ゆみの胸をもろに拝むことが出来た。
ブラは完全にずらされていたが、副幹事の手が完全にゆみの胸を覆い揉みしだいていた。
乳首は見ることが出来なかったが、推定Cカップだった。
副幹事が自らの上着を捲ると、ゆみは乳首を舐めだした。
その顔は物凄くエロかった。

ふと副幹事と目が合ってしまったが、副幹事は気付かないふりをしていた。
俺が起きてるのを知ってるにも関わらず、副幹事はゆみのショーパンの脇から手を入れマンコを弄りだす。
ゆみもどんどん声が大きくなり、「やめて、やめて」と言っている。
副幹事は一旦手を止め、フェラを求めた。
ゆみが「ここじゃ嫌」と言い、2人はトイレに入った。
しかし副幹事だけ、すぐ戻って俺のとこに来ると・・・。

「お前、ゆみが好きなんだろ?フェラの音だけ聞かしてやるからトイレの近くにいな」

俺に小声で言うと、すぐトイレに戻っていった。
俺は1分くらい迷った。
でも誘惑に負けてトイレの近くに行った。
なんとも言えない音と、時折漏れる副幹事とゆみの声が響いていた。

10分後、2人は出てきた。
ゆみは俺が起きてるのに驚き、恥ずかしそうな顔をしたが、何も言わずに副幹事に寄り添った。

「続き、してくる」

そう副幹事は言い残し、2人で副幹事の部屋に行き、そして戻ってくることはなかった。
俺はトイレに入り、ほんのり残ってるゆみの香水の匂いを感じながら1人で抜いた。
そして抜き終わったあと、トイレで1人で号泣した。

長文、駄文に付き合ってくれて本当にありがとう。
俺はゆみがマジで好きだった。

終わり。

タイトルとURLをコピーしました