結婚を控えた新郎さんに精液を放出されるこの瞬間が好き

この体験談は約 3 分で読めます。

結婚式場の衣装を専属で担当しています。
昔からバイセクシャルな私は式場にカップルが来店されるとワクワクします。
自分が、胸やお尻が小さいせいか、胸とお尻の大きい女の子が好きです。

この前、来店された琴帆さんは、まさに理想の体型。
店員さんをされているとか。
基本的に新郎・新婦と仕事で会う機会は2回あるのですが、初めての試着の時に気に入った子は、その日のうちにメアドを聞いておきます。

「羨ましいなぁ~、琴帆さんは胸が大きくて。私なんか全然ないから。ちょっと触らせて」

とか言って胸を触っちゃいます。
レズっ気のある女の子は最初のコンタクトでだいたい分かるので、いけそうな子は落としてクンニまでならいけます。

新郎の正樹さんは結構イケメンで、気が多くて惚れっぽい私はすぐに行動開始。
うちの式場は新婦さんとは別の部屋で新郎を着替えさせます。
新婦の琴帆さんは正樹さんのタキシードの色まであれこれ口を出す始末。

「正樹さん、大変ですねー。琴帆さんにタキシードの色まで指定されての試着だなんて。結婚してからもずっと大変ですよ・・・。私なら好きな人のタキシードの色なんて指定したりしないのに。正樹さん、可哀想・・・」

なんて言って、ズボンの上からアソコを触る私。
タキシードを脱がし、ドレスシャツのボタンを外し、乳首を舐めながらすぐに手コキを開始。
すぐに正樹さんのオチンチンは大きくなり、乳首も立ってきました。

「こんなに乳首立ってるじゃん。オチンチンもこんなに。すごい」

「だ、ダメだよ。加藤さん。あっうっ、加藤さん、オレ・・・婚約者がいるし」

正樹さんは立ったまま。
私はかまわずフェラ開始。
今の彼氏よりも太くて大きかったです。

「正樹さんの大きい。先端からもう出かかってるね。私みたいな立場の相手でも出したくなっちゃうんだ?私の中に入れたいの?」

唾液に混じった我慢汁独特の匂いが私を興奮させました。

「ここの更衣室は琴帆さんのところからだいぶ離れてるから大丈夫。早く入れて。琴帆さんを待たせすぎても怪しまれるし」

自分から制服のブラウスのボタンを外してブラを外す私。

「琴帆さんと大きさ・・・全然違うけど、私の小さい胸で満足してくれる?」

「きれいだよ、加藤さんの胸」

「今だけ名前で・・・◯◯って呼んで・・・」

正樹さんは私の乳首を激しく愛撫してくれて、円を描くように乳輪を舐められてアソコはグチョグチョに。
黒の制服のパンツスーツを脱がされて、すぐに挿入してもらう私。

「あっ、あっ、すごい正樹さんのすごい。私の小さい胸を揉んでっ。コンプレックスだった胸をこんなに愛してくれる正樹さんが好き。こんなの初めてっ。もっと無茶苦茶にしてぇ!!」

胸を鷲掴みにしながら激しく腰を振ってくる正樹さん。
私は半分服を着たままなので制服が絡まって大変な状態に。

「◯◯さん、オレもう、出そう・・・」

「床、汚しちゃだめっ。中に。中にぃ・・・いっぱい・・・正樹ならいいよ。出してぇ。私の小さい胸でイッて欲しいの・・・」

私の小さな胸をギュッと上から掴んだまま腰を打ちつけられ、正樹さんの熱い液が私の膣の中でじわっと広がりました。
私、この瞬間がたまらなく好き。
結婚を控えた新郎さんに精液を放出されるこの瞬間・・・。
奪ってはいけない立場、お客様相手なのに、新郎の液の勢いを膣の中でナマで感じる私・・・。
コンプレックスになってる小さい胸で、男性が興奮して射精してもらえる幸せ。
中出しセックスで一瞬でも恋人になれるこの瞬間。
新婦さんから女として男(旦那)を寝取った優越感・・・。

火照った体のまま私は服を着て今度は新婦の琴帆さんのところへ。
今度はカクテルドレスの試着のため、琴帆さんの更衣室で2人っきり。
今、自分のアソコには正樹さんの精液が入ったまま・・・。
今度は琴帆さんを・・・。

タイトルとURLをコピーしました