クーラーの修理をしてくれた若い男性と汗だくセックス

この体験談は約 3 分で読めます。

この夏、生まれて初めて浮気しました。
相手は、クーラー取り付けの業者の若い男性です。
おそらく20代の独身の職人さんで、私より5歳以上も年下です。

自宅のメインで使ってるクーラーが故障して修理を依頼しましたが、基盤がダメになってるとかで修理が出来ず、交換することになりました。
混んでるとかで時間が掛かると言われたのですが、メインのクーラーなので、1日でも使えないと自宅にはいられません。
何とか頼み込んで工事をしてもらうことに。

翌日、ムンムンとする室内で汗だくになって取り付けをしてくれてる職人さんに、年甲斐もなくキュンとなってしまいました。
暑くて仕方ないので私も薄着だったのですが、見ているだけなのに汗をかき、気づかぬうちにシャツが汗で透けて、乳首も透けて見えていたようです。
汗でべったりと胸に張り付き、乳房の形も浮き彫りになっていました。

冷たい飲み物とか、おしぼりとか、甲斐甲斐しく世話を焼いてるうちに、まだ2回しか会ってない人なのに妙な親近感で親密な感じになりました。
取り付けが終わり冷風が出た時には、嬉しさのあまり歓声を上げて彼に抱きついてしまいました。
するとそのまま抱き返されて一瞬、(え?)と思いましたが、理性と裏腹に、「あん」という甘えたような喘ぎ声を漏らしてしまいました。

性急にぎこちなく唇を求められ、拒絶するどころか受け入れてしまいました。
興奮のあまり腰が抜けたようになってしまい、彼にしがみつき、目を瞑り、さらなる愛撫を期待していました。
彼に抱えるようにして床に座らされ、唇を塞がれながらシャツの上から乳房を揉まれました。
乳房を揉まれただけで、あんなに感じたのは初めてでした。
汗で濡れたシャツが気持ち悪くて、早く直に触られたくて、「シャツを脱がせて」と哀願し、上半身を裸にされて、剥き出しの乳房を弄ばれて、私は呆気ないほどに最初の絶頂に達してしまいました。
まだ性器も触られてないのに、信じられないくらい感じてしまって、全身が性感帯になったように敏感になっていました。
いつ、スカートとパンツを脱がされたのかも覚えてないほどです。

居間のソファで最初の合体をしました。
はしたなく喘ぎ声を上げて、私は2度目の絶頂に達しました。
なおも私の身体を求める彼に寝室のベッドに連れていってもらって、本格的に抱かれました。
寝室は冷房が効いていて寒いくらいだったのに、汗だくになるほど激しく抱かれ、お互いに相手を求め続けました。

彼のモノ口に含み、主人にもしたことがない懸命さで献身的な奉仕をし、再び大きくなった彼のモノで貫かれて我を忘れました。
3度の絶頂に達しても彼の愛撫は止むことなく、特に乳房を執拗に弄ばれて、乳首を吸われました。

全身の汗が冷房で乾くまで愛撫され続けてから、一瞬にシャワーを浴びました。
私は彼が愛おしくて、誰にもしたことがないほどの献身さで彼の身体を洗い流し、彼の物を口に含んで丁寧に奉仕しました。
何時間でも、しゃぶり続けていたい衝動に駆られました。
私は浴室の壁に押し付けられるようにして、背後から立ったまま貫かれて抱かれました。

生まれて初めての浮気です。
さすがに罪悪感や背徳心は感じましたが、後悔の気持ちはまったくありませんでした。
記念に写メが欲しいと言われ、顔と裸を一緒には撮らないことを条件にして、彼の求めるままに恥ずかしいポーズを撮影されました。
指で開かれて性器の奥まで撮られたり、彼に乳房を揉まれてるところや、フェラや挿入部分のアップなども撮られました。

彼が服を着て帰る時まで私は全裸のままでいさせられて、玄関先できつく抱き締められてお別れのキスをしていると、もうすぐ主人が帰って来る時間だというのに頭の中が真っ白になりました。