心とは無関係に私のカラダは痙攣を繰り返して

この体験談は約 6 分で読めます。

私の名は知里、25歳。
OLです。
昨年結婚してちょうど1年目です。
でも私は今、同じ会社のMともセックスをする間柄です。
しかも結婚前からですので、もうかれこれ3年になります。

正直、Mのことは、最初は少し苦手でした。
短大を卒業して今の会社に入社した5年前からずっと。

元々私は伯父の紹介で今の会社に入社しました。
伯父と言っても、まだ40歳になったばかりの若い伯父です。
Mは、その伯父の後輩でした。
年齢は後で知ったのですが、その時は38歳ですので、今は43歳です。
伯父とMはとても気が合うようで、いつも一緒に行動してました。
先輩後輩というより、いわゆる親友という感じです。

Mは一見、とても気さくで優しそうな人なのですが、時々怖い目で私を見るんです。
うまく言葉で言えませんが、Mに見つめられると、射すくめられるというか、逃げ出したくなるというか・・・。
どうしても萎縮してしまいます。
一般的には、ハンサムで明るい人という評価なのですが、Mに見つめられると暗い闇に引きずり込まれるような錯覚を覚えて、とても怖かったんです。
小さな頃から恩のある伯父の親友ということもあって、なんとか取り繕って仕事をしてはいたのですが、そういう気持ちが顔に出ていないかとても不安でした。

入社2年目のある日、伯父に食事に誘われました。
その日は私の誕生日でした。
本当は短大の頃から付き合っていた婚約者に祝ってもらう約束だったのですが、その2日前から海外出張に出掛けてしまって、キャンセルされていたんです。
伯父にはそのことを話してあったので、1人で迎える22歳の誕生日を知っていたんです。
当時1人暮らしをしていた私は、自分の誕生日に誰もいない部屋に帰るのも寂しかったので、伯父の誘いを受けることにしました。
でも、その待ち合わせの場所に来たのは、なんとMだったんです。

「あいつは急に客から呼び出しがあって出かけるそうだ。俺は、その代理で来た」

そうMは言いました。
なんでも、伯父が予約していた店は、当日キャンセルすると結構な額のキャンセル料がかかるため、伯父がピンチヒッターを彼に頼んだということらしく・・・。
Mの出現に驚いて、すぐに伯父に携帯で確認しましたが、間違いないとのことで、逆にMに「私のことをよろしく」と頼む始末・・・。

「さあ行くぞ、知里。15分遅れるとキャンセル扱いになっちまう」

Mはどんどん歩いて行ってしまいました。
まさか、そこで逃げ出すわけにもいかなかったので、仕方なく食事に付き合うことにしました。
意外なことにMはジョークが上手くて会話も楽しく、上品な店にも関わらず、私は堪えきれずに何度も笑ってしまいました。
料理も美味しくてお酒も進み、料理も平らげてあっという間に時間が過ぎて・・・。

「そろそろ帰ろうか」

彼にそう言われて立ち上がろうとしたら、足に力が入らずに転びそうになってしまいました。
自分でも気が付かないうちにかなりお酒を飲んでいたようです。

「おい、大丈夫か?」

Mは私の腰を抱いて立たせると、勘定を済ませて店を出ました。
ふらついていましたが頭は冴えていましたのでタクシーで帰ると言うと、「何言ってる?タクシーの運ちゃんに部屋まで送ってもらう気かよ」と言われ、いくら大丈夫だからと言っても、危ないからと聞いてもらえませんでした。

「適当なとこで休んでいくぞ」

Mは私の腰をガッチリと掴み、繁華街のはずれの建物に入っていきました。
そこはラブホテルでした。
さすがに抵抗しようとしましたが、足に力が入りません。
鍵を取り、エレベーターに乗って部屋のある階で降りたところで・・・。

「彼氏には黙ってりゃわかりゃしないよ」

そう言いながら私を見る彼の目は、私が怖かったあの目でした。
有無を言わさない目の光り。
逆らうことを許さない脅迫的なオーラ。
私はまるで蛇に睨まれた蛙状態でした。
鍵を開けて部屋に連れ込まれるまでほとんど抵抗できませんでした。

部屋に入ると私の目を見ながら、「じっとしてろよ」と言い、私を後ろ向きにして壁に押しつけ、ネクタイで私の両手を素早く後ろ手に縛りました。
そして私を軽々と抱き上げてベッドに連れて行き、押し倒して唇を奪いました。
まるで別の生き物のような舌が私の口の中を動き回ります。
口の中のあらゆるところを舐め回し、Mの舌は私の舌を捕らえて絡みついていました。

Mは私を押し倒すと同時に膝を私の足の間に割り込ませて私が足を閉じられなくしてしまいました。
私はその日、伯父と会うつもりだったので、悪いことにミニのプリーツを穿いていました。
下半身はほとんど無防備と同じです。
Mの右手はいとも簡単にそのプリーツの中に入ってきて股間に張り付き、小刻みに振動を与えながら割れ目を上下になぞります。
また左手は上着とブラウスのボタンをあっという間に外し、ブラのフロントホックを一瞬で外していました。
その間、ほんの数秒だったと思います。
まるで私が着ている服や下着の構造を全て知り尽くしているかのようでした。
手を縛られて抵抗できない上に酔って体に力が入らず、Mのなすがままでした。

(彼に申し訳ない・・・)

そんな悲しい気持ちで一杯でした。
でも、そんな異常な状況なのにどんどん反応してしまう自分の体を、私はどうすることもできませんでした。
酔っていてもわかるぐらいパンティーは愛液でグショグショでした。

やがてMは私の唇を解放して乳房の愛撫を開始しました。
乳房全体を舐めながら乳首を転がし、摘み、噛んで・・・。
そして右手はパンティーの中に入り、振動を付けながらクリトリスを擦り上げて・・・。
とても堪え切れませんでした。
私は余りの快感に堪えきれず、思わず体を仰け反らせていました。
その時、私の口から漏れていたのは、不思議なことに拒絶の言葉ではありませんでした。
悦びの言葉をずっと叫んでいたと思います。
何を叫んでいたかは正直憶えていませんが・・・。

指が秘芯に入ってきた時には、思わず自ら足を開いて迎え入れてしまいました。
意識が朦朧として、霞んで見えていたMの顔は満足そうに笑っていました。

「思った通りいい体だなあ。初めて会った時から、いつか犯してやろうと思ってたよ」

乳房を弄び、秘芯に指を激しく出し入れしながら、彼はそう言いました。
私は立て続けにイキました。
それまでイクという経験がほとんどなかった私は、前戯だけで何度も何度もイッてしまう自分の体が信じられませんでした。
今まで経験してきたセックスが、まるで子供の遊びのようでした。
それほど凄まじい快感だったんです。
一体自分が何度イッたのか憶えていません。
3回目の絶頂以降の記憶がないんです。

5回目か6回目か・・・ひときわ激しい絶頂の後、私は薄っすらと意識が回復しました。
私の体は意志とは無関係に痙攣を繰り返していました。
いつの間にか縛られていた手からネクタイは解かれ、自由になっていました。
着ていた物は全て脱がされ私は全裸にされていました。

「凄いイキっぷりだったなあ、知里。お前は最高だよ」

私の体を折り曲げるようにして腰を引きつけ、ペニスを秘芯に潜り込ませながらMは言いました。
一瞬見えたそれは、見たこともないような大きなモノでした。

「お前に一晩かけて本物のセックスを教えてやるよ。きっと、もう彼氏じゃ物足らなくなるだろうけどな」

そう言うとMは一気に私を貫いてきました。
そのままゆっくりと突き始めます。
あまりにも強烈な快感に、私は思わずMにしがみついていました。
前戯とは比べ物にならないほど圧倒的な快感が、下半身から全身へと大波のように押し寄せてきました。
リズミカルに強く、弱く、速く、遅く・・・。
激しすぎる快感で頭の中が真っ白になり、何もわからなくなりました。
Mの求めるままに体位を変えてペニスを受け入れ、Mの求めるままに恥ずかしい言葉を叫んでいました。

「これから、時々会ってくれよ、知里。いいだろ?な、いいだろ?」
「彼氏とは別れなくていいから。俺とは週に2回だ。いいな?」
「結婚してからも続けるだろ?な、わかってるよな?」

絶頂を迎える途中で焦らされながら、そんな風に何度も聞かれました。
そんな一方的とも言える“愛人契約”の問いかけに、私は何度も頷いてしまいました。
Mは薄笑いを浮かべながら、本当に一晩中、私の体を弄び続けました。
休み休みではありますが、飽きることなく私をイカせ続けたのです。
途中3度、私の中に精を放ち、私も3度失神して意識をなくしました。
まだセックスの入り口しか知らなかった私にとって、Mのセックスはあまりにも強烈な体験でした。

気が付くと私はMにバスルームに連れて行かれ、体を洗われていました。
動くこともままならない私は彼の為すがままでした。
快感の余韻はずっと消えませんでした。
何度イッたのか、どんな体位で抱かれたのか。
途中のことはほとんど憶えていませんでしたが、なぜかMと交わした愛人契約のことだけは憶えていました。
これからどうなるのか不安でいっぱいでした。