クンニ攻めのお返しは妹のバージン・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

クンニするのが好きな俺と、クンニされるのが好きになった妹との近親恋愛です。

今、俺と妹は同居してます。
だから毎日が兄妹相姦の日々で、お互いにこの関係から抜けることができなくなってしまいました。
このままでは、どちらも結婚することなく続いてしまうのではと不安です。

妹の美瑠(ミル)が17歳の時に、初めて俺がクンニをしました。
その1ヶ月後に妹のバージンを俺がもらって、それからはずっと兄妹でセックスをしてます。

俺と美瑠は9歳差です。
美瑠が17歳、俺が26歳の時の出来事から話します。

美瑠が俺に話したことがきっかけだった。
俺はすでに女性とセックスは8人経験済、それなりにテクニックも持ってました。

「お兄ちゃん、あのさ、久美子から聞いたんだけど、アソコを舐められたりするのって凄い快感だって。ほんとにそうなの?女も舐められると気持ちいいの?」

美瑠が夏休みの時に、いきなり切り出した話。
俺、ビックリ。

「あのさあ、そんなこと兄ちゃんに聞くか?」
「だってぇ・・・お兄ちゃんはエッチのことたくさん知ってるでしょ?ねえ、お兄ちゃんも彼女のアソコを舐めるの?」

「え?まあ・・・」
「へえ!!ねえ、彼女喜ぶ?『気持ちいい』って言ってる?」

「あのなあ。お前、何聞きたいの?そりゃあさ、興味があるのはわかるけど。ってか、美瑠は経験済か?もうバージンじゃないとか?」
「ばーか!まだ・・・バージン・・・だよ」

「まったくぅ、まだ早ええよ。知るのは!ガキなんだから」
「お兄ちゃん!!ひどい!私だって、もう子供作れるんだからね!!ねえ、教えてよぉ!!気持ちよくなるの?」

「あ?ああ。女も男も関係ねえよ。女もなアソコを舐められるとイクんだよ。人によっちゃあ、めちゃくちゃ感じまくるやつもいるしね」
「ふーん・・・いいなあ・・・。私も早く知りたいなあ」

という感じの会話だったと思う。
それから数日経ってのことだった。
やたら美瑠が神妙な顔で言ってきた。

「お兄ちゃん、お願いがあるんだけど」
「へ?何?」

「教えて・・・アレ」
「何?何?」

「だからぁ・・・美瑠のアソコ、舐めたら美瑠も気持ちよくなんのか」
「な!何言ってんの?お前・・・あほか?」

「お願い!!お願い!!こんなことお兄ちゃんしか言えないし、お願いできないもん」
「俺たち兄妹だぞ?わかってんの?」

「わかってるって!!でもぉ・・・お兄ちゃんは嫌?美瑠のココ舐めるの・・・」

俺、なーんも言えなくなったわ。
(マジか?)と思いながらも、美瑠の成長したオマンコを見てみたいって気持ちとの葛藤だった。

「後悔しないか?いいんか?」
「う、うん・・・。恥ずかしいけど」

「今か?明日とかじゃだめか?今だと親父もおふくろもいるしな」
「ええっとぉ、うん!わかった。じゃあ、明日ね。変なことしないでね?それから・・・エッチは無しだよ?お兄ちゃん?私、まだバージンなんだから」

「ああ。わかってるって。舐めるだけな」
「うん!!」

美瑠は思い切り笑顔になった。
俺は変な気持ちだったから、すごく覚えてる。

翌日、土曜日。
親父、おふくろは仕事へ。
朝飯を食ってリビングにいたら美瑠が来た。

「お、お兄ちゃん・・・お願いします」

緊張しながら、ぺこりと頭を下げた。

「今かよ!まじか?うーん・・・じゃあ、シャワーで綺麗に洗って来いよ」

「う、うん」

風呂場に直行!
しばらくしてバスタオルを巻いた美瑠がリビングに来た。

「お兄ちゃん・・・」

「お前なあ・・・素っ裸になる必要はないぞ?一旦服着て来い」

Tシャツ、紺のストライプのミニスカートで戻ってきた。

「パンツ穿いたか?」

美瑠こっくり。
2階の俺の部屋に連れて行った。

「じゃあベッドに仰向けに寝な」

美瑠、無言のまま俺のベッドに寝た。
いきなりってわけにもいかないので、添い寝して髪撫でたり、軽くほっぺにキスしたりした。
で、そーっと右手を腿に置いた。
ビクッと美瑠がビビった。

「いいか?大丈夫か?」

「う、うん。痛くしないでね?」

そーっとスカートを捲りながら、美瑠の股間に手のひらを置いた。
かなりのモリマンだった!!
パンツは青色のちょいとセクシーな感じだった。
モリマンを包むようにして割れ目を撫でる感じにした。

「お兄ちゃん舐めないの?」

「お前なあ・・・いきなりはないだろう。順番があんの。お兄ちゃんの言う通りにしろよ?」

「わ、わかったよぉ」

かなりいい感触だったし、毛も剃っていない。
ジョリジョリと音がした。

「足、開いてみて?」

美瑠がゆっくり足を開いた。
すかさず下へと手を移動して、もろにオマンコをパンツの上から触った。
プックリした感触。
まだまだ未使用のオマンコだってわかった。

しばらく触って、クリトリスとかも指で撫でた。
少しずつ美瑠の息が速くなった。
感じてるのがわかったところで割れ目に沿って指を動かす。
割れ目に少しずつパンツが食い込むようにして動かした。
指で動かしながら、俺は股間へと顔を移動して食い込み具合を眺めた。
いい形だった。
少しシミができて濡れてきたのがわかった。
美瑠は小さい声で喘ぎながら目を閉じてた。
うん、妹ながら可愛い!!

「美瑠、気持ちいいか?」

こっくり。

「パンツ、脱がすな?」

ゆっくりパンツを脱がす。
毛が見えて、それから膨らんだ恥骨が見えてきた。
そのままスルスルと下ろした。
おお!!きれいなオマンコ!
まじに未使用!!
見た目で分かった。

パンツを脱がし終えてから、俺はベッドにうつ伏せになり、股間に顔を持って行ったんだ。
間近に見る美瑠のオマンコに圧倒された。
俺のチンコはフル勃起だった。
両足を開きながらM字開脚にした。

「恥ずかしい・・・お兄ちゃん、見ないでぇ」
「でもぉ・・・綺麗だぞ、お前のオマンコ」

「いやぁ~。早く舐めてみて?」
「ああ」

大陰唇がパクッと開いて、小さい小陰唇が出てきた。
ほんとに綺麗だった。
ビラビラって感じじゃなくて整っていたから。
オマンコにキス。

「あ!」

美瑠が声をあげた。
かまわず割れ目に沿って舌で舐めた。

「ううう・・・。う、うそ!」

優しく舐めてクリの部分で舌を回す。

「あああ!!すごい!!」

美瑠が声を上げて少し仰け反った。
ここからは本領発揮!
両手を腿にまわしてガッチリホールド。
指で小陰唇を開いて中を舌で舐め回した。
舌の動きを速くしたり遅くしたりして刺激を与え続けた。

「あああ!あん!うそ!うそ!うそ!・・・お兄ちゃーん!!気持ちいい!!」

美瑠が声を上げてよがった。
そこから15分ぐらいだったかな、クリを舌で攻めまくっていたら・・・。

「おにいちゃーーーーん!」

俺の頭を両手で掴むと、美瑠は絶叫して仰け反った!!
イッてしまった!
でも、俺はまだまだ続けたけどね。
結局、最初のクンニは1時間ぐらいだったが、美瑠は3回イッてしまって・・・。
最後は顔面を紅くして汗かきながら仰け反ってイッた。
添い寝しながら髪を撫でてあげたが、美瑠はゼーゼー言いながら目を閉じてた。

「良かった?3回くらいイッちゃった?」

何度も頷く美瑠。
可愛くて可愛くて、無意識に抱き締めてました。

「お兄ちゃん、凄いんだね?気持ち良かったぁ~。またしてくれる?もっと気持ち良くしてくれる?」
「いいのか?」

「お願い!お願い!美瑠のココをもっと気持ち良くして?こんなことお兄ちゃんにしか言えないよぉ」
「わかった。じゃあこれからもクンニしてやるな」

「お兄ちゃん、だーい好き!!」

抱きついてきた!
うわあ!やべえ!
これじゃあ俺が我慢できない!!
とはいえ、必死に我慢したけどね。
美瑠の下腹部に俺の勃起チンコがもろに当たってた。
Gパンを穿いてたけど、知られてしまったかも?・・・と思ったら・・・。

「お兄ちゃん・・・なんか当たってる。硬いもんが・・・」
「まあ、男のあれだ。なんだ?チンコだ。ごめんな」

「知ってるぅ。友達から聞いてるよ。男の人がこうならないとセックスできないって」
「そっか。まあ、そういうことだ」

「お兄ちゃんもセックスしたいの?」
「まあね。でも美瑠とはやばいから、な」

こっくり。
でも美瑠は俺の目をじーっと覗き込むように見てた。
ドキッとした。

それからは、親父、おふくろがいない日に美瑠の相手をしてました。
もちろんクンニサービス。
徐々にエスカレートして、クンニだけじゃなくておっぱいを舐めたりとか吸ったりとか、本番なしで美瑠を可愛がった。
俺は毎回パンツがびしょ濡れだった、我慢汁が大量に出てたから。
美瑠の相手が終わってからオナニーして発散した。
情けないが、さすがに妹と本番ってのは気が引けた。
一方で美瑠はバージンのくせに感じやすい体になってしまった。
まあ俺のテクニックのおかげというのもあるけどね。

<続く>