波のプールで好き放題に胸を揉まれました

この体験談は約 3 分で読めます。

今、高校2年生です。
40度を超えた酷暑のある日、同級生の彼氏と某プールに遊びに行きました。
最初は彼氏の友人カップルと4人で行くはずでしたが、当日になって友人カップルが遅れるという連絡が入り、現地で合流することになりました。
先に着いた私たちが波のプール近くのスペースを陣取り、そこでいちゃいちゃしてると彼氏の携帯が鳴りました。
友人カップルが着いたので、駐車場まで迎えに行ってくると彼氏。
私は荷物の見張りのため、1人残ることになりました。

暇なので波のプールで遊んでいると、お尻に違和感を覚えました。
振り向くと男の人がぴったりくっついて、後ろからお尻を触っていました。
周りに人もたくさんいるし、そのうちやめるだろうと放っておいたらだんだん大胆になり、そのうちあそこにまで手を伸ばしてきました。
ドキドキしながらも、周りにバレるのが恥ずかしくてされるがままになってると、水着をずらされて直にあそこを触られてしまいました。
さっきまで彼氏といちゃついてた余韻で少し濡れていた私は、男の指にも感じてしまいました・・・。

相手にもそれがわかったようで、男は一気に指を奥まで入れてきました。
思わず腰を上下に振ってしまい、すると指は2本に増え、奥の気持ちいいところをグリグリ回しながら突いてきました。
あまりの気持ちよさに思わず声が漏れてしまいます。

「あ・・・」

私が声を噛み殺して喘いでいると、そこで一旦男は指を抜き、私の背中を押して波のプールの深い方へ連れて行きました。
深い方に来ると、人もまばらです。
それに水で隠れて胸が見えなくなるので、男は後ろから胸を揉みしだきます。
激しく揉まれるうちにに水着がずれてしまい、今度は乳首を摘みながら大胆に揉まれてしまいました。
私の胸を好き放題楽しみながら、男はいやらしいことをいっぱい言ってきます。

「すごくいやらしくて大きなおっぱいだね。さっき、彼氏に揉まれてるのを見て、こうやって揉みしだきたいと思っていたよ。あそこもエッチになってるのかな?」

そう言うと、また指を入れてきました。
もうプールの中でもわかるくらい、そこはびちょびちょになっていて、指が入って来た瞬間、思い切り喘いでしまいました。

「ヌレヌレだから指がズブズブ入っちゃうね。彼氏がいるのにいけない子だ。お仕置きしなきゃね」

男は反対の手でクリをグリグリ弄りながら、指を激しく出したり入れたりしてきました。
男のモノが大きくなってるのがわかり、海パン越しにお尻に押し付けてきます。
さすがに抵抗しないとやばいと思い、「もうすぐ彼が戻ってくるからやめてください」と言いました。
そう言えばやめてくれると思ったんです。
でも男は・・・。

「じゃあ急がないとね」

そう言うと、いきなり水着のショーツを下ろしました。

「入れるぞ」

返事をする間もなく、硬くて太いペニスが一気に挿入されました。
腰を後ろからガッチリ掴まれ、波に合わせて深く突いてきます。

「ほら、もっと腰振って」

気持ちよさに負けて、私も腰を上下に振ってしまいます。
奥を突かれてもう私は訳がわからなくなって、思わず叫んでしまいました。

「気持ちいい!もっと突いて!」

「奥のヒダヒダが絡みついてくるよ。もっとびちゃびちゃにして深く入れてあげるね」

奥を思い切り突きあげられて、一瞬頭が真っ白になったそのとき・・・遠くの方に彼氏と友達カップルの姿が見えました。
でも、時すでに遅しでした。

「イク!中に出すぞ!」

パンパンと激しく水の中で腰を打ちつけられ、私がイッた瞬間、たっぷり中出しされてしまいました。
男は最後の最後まで私の中に出し切ると、何もなかったように私から離れていきました。