嫁いでいく姉と最初で最後のセックス

この体験談は約 5 分で読めます。

3歳年上の姉を、一度だけ抱いたことがあります。

姉は24歳で見合い結婚して、今は28歳。
義兄と幸せに暮らしてるようですが、最初は見合いも結婚も乗り気じゃなかったんです。
ま、これは俺と姉だけが知っていることですけど。

姉は親父の上司の紹介で見合いすることになったんです。
家族思いの姉は親父の手前、仕方なく見合いしたんです。
そして数ヶ月後に見合い相手と結婚しました。

結婚式を控えた前の週だったと思いますが、突然姉から、「飲みに行かない?」と誘われました。

「えー、姉ちゃんと2人でか?姉ちゃんお酒弱いじゃん、行きたくねーよ」

「そんなに飲まないし、マーちゃん(俺)に聞いてもらいたい話もあるし・・・」

姉はちょっと寂しそうな表情で俺を見ました。
その寂しそうな顔が気になって飲みに行くことにしました。

居酒屋では最初は他愛のない話をしてました。
1時間ほど過ぎた頃だったと思いますが、会話が途切れた時に俺は、「そういえば、聞いてもらいたい話って何?」と尋ねました。
しばらく間があって姉はボソッと言ったんです。

「結婚したくない」

単純な俺は俗に言うマリッジブルーってやつかなと思って、「イケメンで優しそうな人じゃん、何が不満なのさ?喧嘩でもしたの?」と聞きました。

「いい人だと思うし、不満はない。でも心から好きかと聞かれると自信ない」

姉はさらに続けて・・・。

「見合いだってパパの手前、仕方なくしただけだし、結婚だって康広さん(義兄)に押し切られて・・・」

と、暴露したんです。
その話を聞くまで俺は、見合いも結婚も姉の意思だと思ってました。
事実、結婚が決まって以来、家では幸せそうにしてたし、姉が結婚で悩んでるなんて全く気付きませんでした。
俺は姉になんて言葉をかけていいか分からず、「でも結婚して幸せになるかもしれないじゃん」なんて当たり障りのない返事しかできませんでした。

前置きがかなり長くなりましたが、ここからが本題です。
その後は2人飲むだけで、ほとんど会話もなくしんみりとした雰囲気が続きました。
突然、姉が言いました。

「マーちゃん、お姉ちゃんとエッチしようか?」

姉の爆弾発言に、俺は自分の耳を疑いました。
でも俺は、姉は、このしんみりとした雰囲気を打破しようとして俺をからかってるんだと思って、姉の振った話に乗ってあげることにしました。

「姉ちゃんじゃ勃ちもしねーよ、胸もないし」

逆にからかってあげました。

すると姉は、「へぇー、お姉ちゃんじゃ勃たないんだ。じゃあいつも私の脱いだ下着で何やってたのかなぁ?私が知らないとでも思ってたのかな~?」とニコニコしながら言いました。

姉が言う通り俺は、高校生の頃から姉の下着をオカズに抜いてたんです。
これは言い逃れできないと諦めて、「ごめん・・・でも俺だって男だし、女物のパンツが脱いであったら・・・別にお姉ちゃんのだからじゃないよ」としどろもどろに答えました。
すると、「じゃあ何で私の名前を口に出してあんなことしてるのかなぁー?誰のでもいいのなら、私の名前なんて口に出さないよねぇ」と反撃してきました。
これも姉の指摘する通りで、俺は姉が好きだったんです。
本心を言えば、姉が結婚すると言った時も表向きはお祝いしてましたが、心では失恋した気分になったくらいです。

「お姉ちゃんのことは好きだよ」

俺は認めました。
すると姉は、「じゃあ、大好きなお姉ちゃんとエッチしよう」と言うんです。

「だから、どうしてそうなるんだよ?確かに好きだけど、お姉ちゃんはもうすぐ結婚するんだし、それって近親相姦じゃん」

すると姉は、「初めては好きな人としたいから・・・」と言うんです。
俺は訳が分からず、「なんだよその好きな人って?それに姉ちゃんってバージンだったのかよ?」と聞きました。

「私も・・・マーちゃんのことがずっと好きだったの、今でも好き・・・。でも絶対に結ばれないことはわかってたから・・・」

そう言いながら姉は涙を流していました。
俺の中で、ものすごい葛藤がありました。
ずっと想っていた姉とエッチできるという悪の誘いと、そんなことは倫理的に許されないという理性です。
結果、悪の心が勝ちました。

居酒屋を出てホテルに向かいました。
その道中、姉はまるで恋人同士のように腕を絡ませてきました。
いつもは偉そうに姉貴風を吹かせるのですが、まるで俺より年下の女の子みたいにはしゃいでいました。
正直、あの時ほど姉を可愛いと思ったことはありません。

ホテルに入り、ベッドの上に座ってキスしました。
ものすごく濃厚なキスでした。
すると突然姉が、「マーちゃんは初めてなの?」と聞くんです。
姉は知らなかったでしょうけど、俺自身は高校時代に彼女がいて経験済みでした。
でも・・・「お姉ちゃんと同じで初めてだよ」と答えて童貞であることにしました。

「お互いに大事なものを交換できるね」

マジで嬉しそうに姉が言ったので、少し罪悪感に駆られました。

キスしながら姉を押し倒し、服の上から胸を揉みました。
次にスカートを捲ってストッキングの上から太ももを撫でました。
温かくて柔らかい太ももの感触が伝わってきて俺は完全に勃起しました。

でも、ここからが大変でした。
なぜなら俺は童貞ということになっているからです。
慣れた手つきだとバレてしまいます。
初体験の時を思い出しながら、ぎくしゃくした感じで事を進めなければなりません。
普通なら服も上から順に脱がすのでしょうが、下から脱がせました。
しかも、パンツとストッキングと靴下をズルッという感じで同時に脱がせました。

「あのね、女性の服を脱がす時はもっと丁寧に脱がすものよ、しかもいきなり下からなんて・・・」

姉に呆れ顔で指摘されましたが、もちろんこれも童貞を強調する演技でした。

ぎこちない仕草を演出しながらも、姉を裸にしました。
姉の裸は小さい頃に何度も見てますが、大人になった姉の裸を見るのは初めてでした。
胸は普通に揉んでも大丈夫だろうけど、クリトリスはいきなり場所を当てるとまずいなと思い、適当に触って、「どこを触れば感じるの?」なんて聞きました。

びっくりしたのは、アソコに手をやった段階で、姉はかなり濡れていたことです。
比較対象が元カノ1人だけなので、もしかしたら姉が普通で昔の彼女が濡れにくい体質だったのかもしれませんが・・・。

童貞を演じつつも結構な時間姉を攻めて、ついに「じゃあ、お姉ちゃん入れるよ、いいんだね?」と言いました。
姉は「いいよ。でもお姉ちゃんじゃなくて名前で呼んで」とリクエストしてきました。
オナニーの時は何度も口に出した姉の名前ですが、面と向かって本人の前で名前を呼ぶのは照れ臭いものです。

勇気を出して、「麻衣、大好きだ」と言いながら挿入していきました。

姉はやはり初めてなので痛いのを我慢してる感じでしたが、「痛い?」と聞いても、「ゆっくり入れてくれれば大丈夫そう」と答えました。
もっとキツくてなかなか入らないものだと思ってましたが、すごく濡れていたせいか、意外とズブズブと入っていきました。
ついに根元まで入れることに成功。

「動いていい?」と聞きながら、ゆっくり腰を動かしました。

痛そうにしている姉の顔を見て、「痛いならやめようか?」と聞きましたが。

「大丈夫、マーちゃんのだから」

しばらくすると姉も慣れてきたのか、痛がる様子もなく喘ぎ声を出し始めました。
ちなみに、最初から最後まで正常位のままでした。
俺も我慢できなくなり「麻衣、俺もうイキそうだ」と言うと、「我慢しなくていいよ、思いっきり出して」と言い、「麻衣、大好きだ、麻衣、麻衣・・・」と叫びながらドクドクと姉の中で射精しました(もちコンドームは付けてました)。

射精しきると挿入したまま姉を抱き締めて長いキスをしました。
ポロポロと嬉し涙を流していた姉の顔は今でも忘れません。
ものすごく可愛く見えて、3つも年上だなんて思えませんでした。
事が終わってイチャイチャしてる時も、まるで高校生ぐらいの女の子のようでした。

そんなことがあった1週間後、姉は無事に嫁いでいきました。
披露宴の最後に手紙を読むシーンがあったのですが、両親への感謝の気持ちの後に俺のことにも触れて、「今まで悩みとか聞いてくれてありがとう」と。
俺は親父以上に号泣してしまい、しばらく落ち込んでしまいました。