入社したばかりの人妻OLと・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

私の勤めている職場は10人ほどの小さな営業所。
昨今の費用対効果を重視してか、必要最小限の人員で頑張っている。
その少ない職員が急に辞めることになった。
所長は1人でも職員が減れば経費が浮くとでも思っているのか、一向に補充をする気配がない。
このまま他の職員にしわ寄せが来て大変だ。
たまりかねて所長に、「新しい人の採用とかはどうなんでしょう」と訊いた。

「ああ、職安に頼んでいるんだよ。今も1人応募があって、もう少し集まってから一度に面接をしようと思っていたんだが集まりそうもないので、明日とりあえず、その人だけでも面接しようと思ってるんだ」

そうか、やはり所長だけある。
ちゃんと手は打っているんだと思った。

「面接は君がやってくれないか」

「はい、わかりました」

「これが履歴書だ、目を通しておいてくれたまえ」

そう言って所長から手渡された履歴書の写真は、髪が長く目の大きな女性だった。
少し暗い表情だった。

翌日、10時に本人がやってきた。
所長に言われたように面接は私が行った。
別段問題もなさそうなので採用の意向を所長に伝えた。
所長も、「君に任す」と言って採用が決まった。

それが、ルミとの出会いだった。
面接と履歴書で、年は36歳で、高1の男の子がいることはわかっていた。
ご主人は単身赴任で週末に帰ってくるとのこと。
ルミは小柄な女性だった。

早速、翌週から勤務についてもらった。
仕事は営業事務で、ほとんどワードとかエクセルで処理をするものだ。
私が仕事をする机の斜め前のあたりにルミの机があって、その仕事ぶりを見ることが出来る。
時々、隣の先輩にわからないことを聞きながら仕事をこなしている。

男性社員はほとんど営業で、顧客への対応等で日中は事務所にはおらず、普段は5人いるだけの事務所になる。
それでも来客者や発注やらで忙しく1日が過ぎていく。
所長から、「ルミさんの歓迎会はどうする?」と相談されたので、「暑気払いを兼ねてやりましょうか」と答えた。

「それでは日時と場所とかは任すから、セットしてくれるかい」という事になり、他の職員の都合を調整して、金曜の勤務終了後に近くの中華店で行うことになった。

所長の企画した歓迎会は、仕事が終わってからということで、午後7時からだった。
職場から歩いて5分ほどの馴染みの小さな中華店で、ささやかながら顔つなぎというか、職員の懇親も兼ねて和やかに過ごすことが出来て、みんなで和気藹々と楽しい時間を共有できた。
私はもともと酒類は弱く、その日は都合があって自動車で出社していたので、ウーロン茶とジュースで通した。
宴もたけなわとなり、みんなすっかり満足して、先輩格の音頭の挨拶でお開きになった。
その後、2次会に繰り出す者や早々に引き上げる者など、それぞれに解散した。
私はタクシーの手配をして、飲んだ者を送り出した。
みんなが去った後、職場の駐車場に置いてある自動車まで歩いていると、ルミさんもついてくる。

「じつは私も今日は自動車で来たんです」と言う。

確かに彼女は白い軽自動車で通勤している。
しかし今日は飲み会だったから電車で来たものとばかり思っていた。

「それじゃ、さっきのタクシーで行けばよかったなぁ」

「いえ、いいんです。そんなに飲んでいませんし、車の中で少し休んでいきますから」

確かにルミはそんなに飲んではいなかったようだ。
みんなに注ぎながら挨拶をして回っていたが、自ら飲んでいるようにはなかった。

「今からでもタクシーを呼んであげようか?」

「いえ、ほんとにいいんです」

そんなことを話しながら駐車場に歩いていく。

「今日は単身赴任のご主人が帰られる日じゃなかったですか?早く帰ってあげないと」

「いえ、先週戻ったので今週は帰らないんです」

車の中で酔いを覚まさせておいて、自分一人が帰るのもなんだか悪い気がした。

「そうなんですか。車の中で待つというのも何なんですから、少しお茶でも飲んで覚ましますか?」

気を遣ってみた。

「でも、悪いですから」

「いや、いいんだよ、ここに入ろう」

ちょうど喫茶店の前に来たのでそこに入ろうとしたが、あいにく閉店した後だった。

「仕方ないねぇ」

諦めて駐車場まで来た。
駐車場には私の車とルミの車が停まっている。
彼女だけをこんな暗い駐車場に残したまま一人だけが帰ってしまうのは上司の立場からも気が引けた。
少し思案したが、「どうだろう、酔いが覚めるまで、少し僕の車で走ってみないか」と誘ってみる。

正直言ってその時まで、まだ彼女は女性としての対象ではなかった。
業務が忙しく、事務所でもそういう気分になったことはなかった。
辞めた人の後が埋まってよかった。
早く仕事を憶えて欲しい。
そんな気持ちが優先して、彼女に食指を向ける余裕などなかったのだ。
しかし男女の関係はふとしたきっかけで新しい展開を見せることがある。

「そうね。少しの時間なら」

「そうしましょう。その方が良い。飲酒運転は罰金もすごいし、会社の名前にもね」

そう言いながら助手席のドアを開けて乗せる。

「良い車ですね」とルミが言う。

ポケットからガムを差し出して、「これを噛むと良い」と勧めた。
酒気の臭いだけでも消去した方が良い。

助手席に乗せて走っていると、48歳の妻や最近知り合った47歳の女性とは違った、30代半ばの若さを感じる。
36歳は、女性の一番良いときかも知れない。
そのときまで性の対象でなく、同じ職場の社員としか思っていなかったのだが、自分の中の男の本能というか、欲望を感じた。
しかし職場に来てまだ1週間あまりだ。
性急に事を進めるのは良くないという自制心も一方で働く。

車に乗せて国道に出て、港のある街まで走らせた。
窓を少しだけ開けて外気を入れながらエアコンを回すと、心地よい室内温度が保たれる。

「面接の時にお聞きしましたけど、高校生のお子さんがいらっしゃるんですね」

「はい。学校と塾で大変です」

「そうですね、今は学校だけでは・・みなさん塾へ行ってるようですね」

「そうなんです」

「ご主人は今日は帰らなかったそうですけど、来週は戻られるのですか?」

「はい、たぶん。単身で転勤したときは毎週必ず帰ってきてたのですけど、半年が過ぎてからは月に3回になり、隔週になり、先月は1回だけでした」

少し笑いながら言う。
そのことに不満があるとか寂しがっているとかは感じていない雰囲気である。
確かに毎週帰ってくるのも大変だろうと思った。
自分なら、ほとんど帰らないだろうと思った。

「それは、お寂しいですね。でも、ご主人も大変ですよね」

「ええ、確かに大変だと思います。4時間かけて帰ってきて、日曜の午後にはまた出かけるんですから」

「そうですか、もう長いんですか?」

「はい、3年になります」

「では、もうそろそろこちらに戻れるんじゃないですか?」

「そうだと良いんですけど・・・」

別に、そう期待しているようには思えない答え方だった。
車は港に着き、岸壁に停めて停泊している船を眺めながら、そんなとりとめのない話をしてから再び会社の駐車場に向かった。

「そろそろ酔いも覚めたみたいだし、運転も大丈夫でしょ」

「ええ、ほんとにすみませんでした。助かりました」

「いえいえ、入ったばかりの職員さんを放っぽりだしては帰れませんから」

駐車場に着いて自分の車に乗り換えた、ルミは窓を開けて、「本当にどうもありがとうございました。仕事のほうも頑張りますので今後ともよろしくお願いします」と言って会釈をする。

「ええ、月曜からもお願いしますよ。お互い頑張りましょう」

そう言って私も軽く頭を下げて笑顔を返す。
するとルミは軽自動車特有の高い音を出して駐車場を出ていった。

休みが開けて月曜になり、新たな週が始まった。
週末の歓迎会を話題にしながらも忙しい業務の再開である。
給湯室でお茶を飲んでいるとルミが来て、「金曜はありがとうございました。酔い覚ましに付き合ってもらって」と言う。
うちの会社に制服はないので、私服のピンクのスーツ着ていて、それがよく似合っている。

「いえいえ、無事に帰れましたか?」

「おかげさまで。ほんとにありがとうございました」

「あのとき、喫茶店でも開いていたらもっとゆっくり出来たんですが、あいにく閉まっていたからね」

「いいえ、とんでもないですわ。運転させてしまって」

「また機会がれば美味しいコーヒーでも飲みましょう」

「ええ、その時はお礼にごちそうさせてください」

笑いながらその場を離れ仕事に戻った。
それまでと違って、かなり打ち解けた関係になれたと思った。

<続く>