Jカップの超爆乳熟女はプロの技を持つ痴女だった

この体験談は約 3 分で読めます。

熟女向けの出会い系サイトで、ブスだけどJカップの超々爆乳おばさんとアポが取れた。
写メ交換してたからブスなババアってのはわかってるんだが、Jカップという巨大おっぱいの魅力に勝てず、年増のおばさんと援交してみたんだよ。

昼間の13時に某ホテル外の駅前で待ってると、はち切れんばかりのおっぱいをしたおばさんがやって来た。
顔は写メ通りブスだが、妙にエロい。
痩せてはいないが、太ってもいない。
中年おばさん体型だけど若干細めで、グレーのスカートから伸びる脚は、網タイツ熟女系のAV女優にいそうなお色気おばさんで、素人の普通の主婦には到底見えない。
ブスなんだけどねww

それで、さっそくラブホに直行。

「おっぱいデカいね」とか性欲全開のセクハラしながら、おばさんとラブホに突入。

部屋に入り、早速コートを脱がすと、ものスゲ~超デカパイが飛び出してきた!
ロンT着てて胸元が巨乳のせいか谷間がぼよーんって開いてて、「ちょっと触らせて」って聞いたら嫌がらなかったんで、まずは指で触り、次に手で掴んで徐々に露出させた。
最後に現れたのは、初めて見る大きさのJカップの超々爆乳。
それ見たら、もう後は我慢できんかった。

乳首にしゃぶりついたら超爆乳のくせして感度抜群で、敏感に喘ぎだすおばさん。
おっぱい揉むっつうか掴むっていうかしながら服を脱がせた。
特大サイズのブラジャーを脱がせたら、さすがJカップ。
思いっきり垂れて牛みたいなおっぱいになっているのw
おっぱい星人な俺は夢中になって牛みたいな垂れたおっぱいをチューチュー吸ってたら、ブスなババアのくせに可愛い声で喘ぐんだよ。

ちょっとおっぱいで遊んで一緒に風呂に入ったんだが、ここでサプライズ!

「パイズリも得意だよ」

はい、来ました。
魔法の言葉。
AVでしか見たことのない、縦にするパイズリを堪能しました。
これされるとジュニアが見えなくなるんだよ。
感動した。

風呂から上がって即ベッドに行き、本格的に始めた。
まぁ俺は普通に攻めて一通り前戯して、攻守交替。
そしたら魔法の言葉パート2。

「私、舐めるの大好き」

その言葉通り、首筋、乳首、脇、お腹、ジュニアを通り越して太ももと、時間かけた全身リップからのフェラ突入。
淫乱爆乳おばさんはベロンベロンの大暴走。
そこからもう一度攻守交替し、一度イク寸前までしたら・・・。

「もう頂戴」

はい、いただきます!
ゴムをつけてもらって挿入。
指マンしているときから思ってたけど、中がメッチャ狭かった。
正常位で入れたけど1分くらいで正直やばかった。

ここで頭おかしくなりかけてた俺は、「上に乗って」と言ってしまった。
だが、この淫乱おばさんは普通と違った。
なんと体重をまったくかけずに、俺の上で出し入れを始めたんだよ。
それがほんとメッチャ気持ちよかった。

そしてここでヒラメキが。
写メをお願いした。
下から眺めるJカップってそうは見れないでしょ?
OKをもらいました。

そして好きな体位を聞くと、「バックが好き」とのことなので、後ろからズドンとおまんこ姦通。
そしたら感度倍増!
爆乳淫乱おばさん、もうイキまくりです。

そろそろ体力的にやばくなってきたんで正常位に戻した。
俺もイこうと思い、「出すよ」と声かけると・・・。

「いっぱい突いて!」

そう言ったあと、俺の乳首にすごい勢いで吸い付いてきて、俺も本日最大の力で突きまくって大量発射!
ゴム外した後、お掃除フェラでパクッと来たときはびっくりした。

とまぁこんな感じだったんだけど、このおばさんは、見た目通りのプロなテクニックを持つ痴女熟女でした。
いやー、それにしてもあの柔らかいJカップの垂れたおっぱいは最高でした。