姉ちゃんが玉をペロってしてくれた

この体験談は約 3 分で読めます。

先週の水曜日の夜、自分の部屋で俺、倒れたんだよ。
貧血みたいな感じで。
でも貧血では起きることがないようなパニックも起きちゃってさ。
死ぬ思いで姉ちゃんに助けを求めたわけですよ。
本当に死ぬと思った。

それで、しばらく時間が経つと、元の元気を取り戻せた。
でも何かその日は不安な気持ちが凄く強くて。

「頼むから、姉ちゃん、そばで寝てくれ」ってお願いして、一緒に寝てもらったわけなんです。

こんなんじゃなかったのに、急に弱ってさ(心が)。
あーだこーだ言ってたらハグしてくれて、「大丈夫、大丈夫」って。

そん時、ちょっと悪ふざけで乳を揉んだった。
怒るかなーと思ってたけど、怒られることもなく。
で、ちょっと勃起しちゃって、これまた悪ふざけで、ケツに、ツンツンツンツン!
押し当ててたら、ぶちぎれられた。

その日から病院へ行くまでの間(3日間)、一緒に寝てもらった時だけに限って何か色々やってた。
童貞ちゃうけど、欲求不満が凄くて。

2日目の夜は、ふざけて乳を揉んだだけで終わった。
3日目は欲求の塊が爆発して、お粗末なチンチンをテレビ観てる姉ちゃんの頭とほっぺたにペシペシ。
チンコ握ってくれないかなーなんていう気持ちもあったなー。
結果的には完全無視だったんだけど。

寝る時間になったはいいけど、姉ちゃんは危険を察知したのか「別々で寝る」と言い出して。
まー仕方ないかーって諦めて、1人ベッドでシコってたわけですよ。
で、もうちょいでイキそーって時になった頃、姉ちゃんが普通に、「やっぱ一緒に寝てあげる」って入ってきた。
俺はキレた。
母親が部屋に入って来た時の感情に似たものがあって。
ま、そんな事もあったけど、結局は一緒に寝たわけよ。

姉ちゃんは俺がシコってたのは知らない、たぶん。
でも、置いてた俺のスマホを勝手に触り始めた時にバレた。
(突然だったから、エロ動画を止めたまま、そのまま放置しちゃってた)

色々あったんだけど、話を端折る。

「どんなAVが好きなのー」とか「男はどういうシーンが好きなのー」とかの話題でしばらく話してたら俺の欲求が再燃。

欲求不満が爆発した俺。
冷静にスマホ弄りながら話を聞いてる姉。

「しゃぶってくれ!」とはさすがに言えないから、「勃起した我の息子を観察してみてくれ!」と頼んでみた。

当然のごとく無視されたけど、小一時間くらいずっと言ってたら、諦めたのか何なんのか知らないけどOKが出て、姉ちゃんが俺の足の間に挟まる感じで股間の位置に顔が。
んで、自分でちょっとシコってみたり力を入れて動かしたり、みたいなことを20分くらいやってた。

なんか進展はなさそうだなーと感じたんで、「じゃもうやめるわ」って言った時、姉ちゃんが軽く金玉にキス。

「はー、もっとやって!」って言いたかったけど、怖気づいてその日は終わり。

以上。

俺って前々から、身近な姉ちゃんが性的なことをしてくれたら楽なんだけどなーっていう凄く馬鹿な考え持ってる人間。
ちなみに俺は17歳。
姉は21歳。

思い出しながら、さささーっと書いたから読みにくいと思う。
こんな感じですまん。