ヤリマン自慢が滑稽だった元クラスのアイドル

この体験談は約 2 分で読めます。

数年前の話だけど、昔の友人の彼女と寝てしまった事がある。
ただ結果的にそうだったってだけで、寝た時点では知らんかった。

その女は高校時代はかなり人気があった。
アイドル的存在だった。
そんな彼女とセックスした後は満足感もあったけど、失望感もあった。
昔は俺も他の皆と同様、彼女に女神的な幻想を抱いていたから。

クラスに一人はいるような本当に清楚な美人だったが、どこで変わってしまったのか、それは分からん。
セックスも過剰に喘ぐし・・・。

「昔、私のこと好きだったんでしょ?私のこと考えて抜いていた?」
「スゴイ~大きい~もっとぉ~もっとぉ~」
「後ろからして」
「私を壊して」

とか、かなり痛い発言も目立った。
しかしまあ、誰がこんな馬鹿な台詞教えたんだよって。

ただ、馬鹿馬鹿しすぎて面白くはあった。
自分から腰振ってくるし、色んな体位を望んできた。
AVの観過ぎなんじゃないの?って男の俺の方が思ったよ。
ただやっている時は俺も単純に興奮したし、かつてのアイドルとセックスしている自分に酔っていた。

フェラが一番興奮した。
目の前で高校時代のアイドルが、裸で跪いて美味しそうに音を立ててチンポをしゃぶってる。
そのシチュエーションには興奮した。
俺も何だかんだで単純な男だし。

ただ服を着終わった後で彼女が言った。

「私ね、◯◯とも、××とも、△△とも寝たのよ」

『どう、凄いでしょ?』とも言いたげな口ぶりだった。
勉強はかなり出来たはずだったけど、頭は悪かったんだなって思った。

「でも□□(←俺)が一番上手いわよ」

本人は男心をくすぐっているつもりなんだろうが、何かいまいち・・・。
たぶん他の男にもそんなこと言っているんだろうな。
『美人で普段は清楚な私が、夜は凄いのよ』って言いたいのかな。
何か哀れでもあり、滑稽でもあった。
悪い男とばかり寝て、調教されてきたんだろうか。

それから数年後、高校の時のクラス会なるものがあった。
俺も参加した。
と言うのも久々に当時仲の良かったKから電話があり、「お前も来い」と誘われたから。
Kが幹事となり企画したようだ。

クラス会でKはちょっと得意げにその女と、「俺たち今度結婚するんだ」なんて言っていた。
たぶん俺が当時彼女のことが好きだって知っているから、自慢したかったんだろう。
優越感に浸りたかったんだろう。
Kはその報告のためにクラス会を企画したんだろう。

聞けば高校卒業した後からずっと付き合っていたらしい。
それに関しては素直に驚いた。
色んな意味で。

彼女からはKのことだけは聞かされていなかったし。
しかし得意げにあちこちで報告しているKを見て、これまた哀れでもあり、滑稽でもあった。
だって、その男たちともお前の婚約者は寝ていたんだぜ。
だけど何も知らないってのは幸せなのかもしれんな。