入社時から狙っていた巨乳のOLに無理やり中出し

この体験談は約 6 分で読めます。

私は36歳のバツイチで、社員30名ほどの小さな建築系の会社を経営しています。
3年ほど前の話です。
取引会社というか、まぁ仕事をシェアしたり困った時に助け合ったりする会社があり、4月にそこに高校の卒業したばかりの恵という娘が入社してきました。

恵は160センチくらいの身長で細身、色白、髪はセミロング明るい笑顔でいつもニコニコしてる娘です。
若くて透明感がある上に、女優の新垣結衣そっくりで可愛いなぁと思っていました。

「おはよー、今日も可愛いねぇ~」とか「今度ご飯行こうよ~」とか冗談っぽく言ってたんですが、いつも「またぁ◯◯さん冗談ばっかり」とか「彼氏いますからぁ」とかわされていました。

当時は私もまだその程度で本気ではありませんでした。

私に火がついたのは、トイレを借りて更衣室の前を通った時に少しドアに隙間があり、彼女の着替えを覗き見てしまってからです。
事務職の女性が着ている制服のようなのありますよね?
あれで分からなかったのですが、細身なのにEカップもありそうな見事なバスト!
いつか頂いてやろうと思い、チャンスを探していたのですが同じ会社じゃないので何もなく夏になりました。

恵の会社では夏に花火大会があり、毎年招待されるのでその日は滅多にないチャンスだと思っていました。
宴会は花火大会の2時間前から始まり、私は車なのでシラフでしたが花火をする頃には出来上がってる人もいました。
トイレに行きたくなり、1階に下りて用を足していると仕事の電話があったので、しばらく1階で用件を済ましていました。

電話を終えた時、ちょうど恵も下りてきて、私にニコッと笑いトイレに入って行きました。
そのニコッでスイッチが入りました!
トイレから無防備に出てきたところに抱きつくと、恵の手を掴んで隣の会議室に引っ張り入れて、彼女を壁に押し付けながら一気に唇を奪いました。
声を出せないように舌を入れてキス。
何が起こっているか理解出来てない彼女は、「んっ!!?んっ・・・んんーっ!!」と言いながら私の背中を叩いていました。

スカートの裾から手を入れて太ももを撫で上げると、私の手を阻むように押さえてきましたが、一気にショーツの中に指を忍び込ませて、亀裂を弄ると微かに湿っていました。
そのままクリトリスを愛撫し、そしてショーツを剥ぎ取ると、彼女の太もも辺りから抱き上げ、床に転がして覆い被さりました。
私は恵の股間に顔を埋めて割れ目に舌を這わせました。

「こんな事していいと思ってるんですか!!」

恵は苦しそうな息を吐きながら私の胸を力いっぱい押し返すようにして再び抵抗してきましたが、私は恵の腰をがっちりと抱え込んでひたすら恵のアソコを舐め続けました。

「ダメ・・・◯◯さん、やめて・・・」

舌を膣にねじ込ませて暴れさせてみたり、クリトリスに吸い付いてみたりしていると、私を押しのけようとする恵の力はどんどん弱まり、クリトリスを集中的に刺激し続けると軽くイッたのが分かりました。
恵は泣きながら、「どうして!?どうして!?」みたいなことを言っていましたが、私が「こんなところ誰かに見られてもいいの?私は良いけどさ」と聞くと首を横に振り、声を出さなくなりました。

その後はTシャツを捲り上げ、力任せに青いリボンのついたブラジャーを上にずらすとEカップとご対面。

「◯◯さんっ、あっ、やっ」

苦しそうな声を聞きながら、マシュマロのような柔らかい胸を鷲掴みに揉みしだいて吸い付きました。
ですが、ここでは時間が限られています。
なんとかラブホでじっくり楽しみたかったので、「フェラでイカせてくれたら挿れないよ」と言ってしばらくしゃぶらせていました。
私はフェラではイカない自信があります。

「イカないね、このままだと誰かに見られるよ。私の車に行くぞ」

そう言ってブラとパンツをポケットに入れ、部屋を出ました。
恵は躊躇してましたが、「ノーブラなのに、みんなの所に戻れるの?」と聞くと、涙目でついて来ました。
私は車を出しながら恵美の会社の社長に、恵は体調が悪いから帰ると電話で話しました。

ラブホに到着し、「じゃあ続き、お願いね」と私。
彼女はフェラを始めましたが、残念ながら下手でした。
当然イキません。

「少し責めさせてよ!そうすれば、興奮するから。でないと、いつまで経っても終わらないよ!」

そう言って強引に寝かせ、愛撫再開。
Eカップを揉みしだくと乳首が感じるのか、「あっあっ」と声が漏れてきます。
キスをしながら指でアソコを触るともうグチョグチョでした。

「あん!あん!」と細い声を上げて物凄く感じていました。

恵の膣内はさらにドロドロの愛液が垂れ流しになって、太ももまで垂れてきてました。
アソコもだいぶほぐれてきて、指もかなりスムーズに動かせるようになったので、かなり激しくGスポットを刺激しました。
恵の下半身は私の指がそこを刺激するリズムでビクンビクンと動いていて、喘ぎ声というよりも、「あうっ!はうっ!」みたいな快感に必死で耐えてるような声を出していました。

ここまで来ると普通に手マンやクンニでヤれるんですが、私の好みで早目に挿入です。
チンポの先をマンコの入り口に当てるとヌチャッという音が聞こえてきて、恵は、「いやぁーっ!」と叫んでました。
構わず腰に力を入れて一気に奥まで挿入するとズブズブッと入っていく感じ。
恵は私の亀頭が入ってく度に、「あぁっ・・・」と切なそうに眉間に皺を寄せていて、私の方も若い女のマンコを割り広げて行く感覚がどうしようもなく気持ちよかったです。

チンコが全部入ってもなお押し込むようすると、「ああんっ!」と凄い反応しながら恵が仰け反ったので、私は恵の頭を撫でながら、「締まりがいいから入れただけで気持ちいいよ」と言うと、「お願いします、やめてください・・・お願いします」と身悶えしながら言ってました。
実際、恵の中は狭く、締まり具合も良かったです。

私は、新垣結衣似の綺麗な女の子に生挿入して乱れさせてることに興奮し、征服感が最高に高まりました。
抜き挿しを開始すると、カリの部分が恵の膣と擦れる感覚がって、あまりの快感に背筋がゾクゾクしました。

「あぁ・・・!」

恵は抜く時に、喘ぎ声というより切なそうな声を出していました。

「うぅー」と声にならない小さな声をあげ、早くこの時間が去ることを祈るかのように目を閉じて可愛い顔をエロく歪ませていました。
恵の口を強引に大きくこじ開け、歯並びの良い口を舌を絡ませるようにして舐めようとすると、彼女は抵抗して私の舌を拒むので、彼女の両腕を頭の上で掴み抵抗出来ないようにして突くと、諦めたのか彼女から喘ぎ声が聞こえてきました。
突きながら彼女の耳元で、「私のものになれっ!」と言うと、泣きながら「こんな酷いことする人はイヤです!」だって。
ならばと思い、恵の顔を見ながら色んな角度、色んな場所、色んな体位で滅多突きにしてやりました。

「やああっ!!あっ、あっ、あんっ!!あんっ!!ああああーっ!!」

脚を頭の方に持っていき、上から押し潰すみたいにして奥の方を突いてやると恵はすぐにイキました。
何度も何度もイカしたら痙攣しながら放心状態。
いよいよ出そうになった私もラストスパートです。
これでもかと激しく打ち付けました。

「いや・・・やめて・・・中に・・・中に出すのだけはやめて・・・お願い・・・いやぁ・・・」

哀願する恵を無視しながら激しく腰を振り、絶望の縁に落とすように子宮口にめり込むほど深く突いて、そのままビュッと大量中出し。
胎内にドクドク放出してやりました。

私の息が整ったところで2回戦。
突きながら「私のモノになれ」と何度か言いましたが、喘ぐものの頷かないので方向転換。

「こんなにイキまくるのはなぜか分かるか?体が合うってのはこういう事だよ!」

そう言ってさらに激しく突き続けるとすぐに、「んー・・・んっ!!ああっ!!」と下半身を痙攣させていました。
またイッたのでしょう。
膣がきゅうっと締まるような感じがして、射精感が込み上がったのですが、恵を堕とすために何とか耐えて、今度は潰すようにピストン運動で攻め続けました。
恵にキス・・・というか、もう舌を恵の口の中にぶち込んだような状態にして、恵がイクまで腰を振りました。
すると恵は当然のように私の舌にむしゃぶりついてくれて、まるで私の舌をフェラするかのように夢中でしゃぶっていました。
そしてそのままの状態で恵は言葉も発せず、「んーっ!!んーっ!!」と呻きながらイキ、「ぁぁ・・・」と荒い息を吐きながら小刻みに痙攣してぐったりしていました。
私が出した精液がマンコからドロっと流れてエロかったです。

恵は高校の時からの彼氏しか知らないのがわかっていたので、簡単に丸め込めると思ってました。

「明日か明後日、彼氏とエッチしてみたら分かるよ。本当に体が合うのは私か彼氏か?」

また恵は泣いていました。
その日は散々彼女を抱いて、朝方になって恵美を送る途中に、「1週間後に連絡するから」とだけ伝えて別れました。

そして1週間後、彼女の家の近くのコンビニから電話。

「コンビニで待ってるから来て。来るまで待ってるから」と伝えると、30分後、恵は来ました。

車を走らせながら、「彼氏とエッチした?」と聞くと、首を横に振りました。

「恐かったんだよね?彼氏とエッチして、私の方がいいってこと確認するのが。でもそれって、もう認めてるってことだよ」

恵は何も言いませんでしたが、そのままラブホに素直について来ました。

その何日か後、彼氏とは別れたそうです。
もう恵は完全に私に懐いてしまいました。

しかし、こうなると女は強い。
私と付き合ってることを会社で公表して周りを固め、結婚を迫ってきました。
・・・逃げ切れず、今、2度目の結婚生活をしています。