処女だった泥酔女子

この体験談は約 4 分で読めます。

ついこの間の話。
合コンに参加しないかと友人に誘われた。
俺は前の彼女と別れて1年ぐらい経ってたので、ちょうどいいかなと思って勢いで参加した。
メンバーは4対4で、女の子は友人の知り合いが連れてくると。

合コン当日、飲み屋で女の子達を待つ男4人。
男は俺と友人の他は、友人の知り合い2人。
互いに面識はなかった。
待ち時間はかなり気まずく、早く女の子が来ないかと祈ってた。

定刻になって女の子4人が登場。
俺の目の前にいた子に目が行った。
名前は沙希。
他の3人に比べ背が小さく、小柄という言葉がぴったり。
すぐにその子の隣に座って一緒に飲んだ。

どうやらこれまで交際歴はゼロ。
引っ込み思案な性格でなかなか彼氏ができず、イメチェンして合コンは何度か参加してるけど、いつもうまくいかない。

顔も悪くないのに勿体無いと思った俺は、「場所を変えて2人で飲まない?」と誘った。
彼女は「うん」と頷いてくれた。

1次会を打ち上げて、後は自由参加。
俺は沙希と一緒に他の飲み屋へ。
飲む量は控えめにして沙希と話すことに専念した。

時計は9時。
親と一緒に暮らしてる沙希は、「家に連絡しなきゃ」と、携帯で家に連絡。
そして、「遅くなるから」とだけ伝えていた。

1次会の時、彼女の飲む量が少ないことに気づいてた俺は、「もしかしてすごく(酒)弱い?」と聞いてみた。
すると、「強いんだけど・・・ちょっと・・・」と誤魔化す沙希。
以前飲みすぎて、何度か周囲の男に引かれたことから、男の前ではあまり飲まないようにしてるらしい。

「そんなの気にしないから飲みなよ」と酒を促すと、前とは明らかに違う飲みっぷり。

だんだん彼女の調子も上がってきた。
小柄で静かな女の子らしい子だと思っていたが、飲んだら・・・。

「ほらほら飲んで」とか「まだまだ飲めるでしょ」とか、違う人格に変わっていた。

俄然話が盛り上がる。
これまで好きになった人とか、過去に告白した人のこととか色々教えてくれた。
で、その度に、「どうしてみんな私のこと見てくれないのかな?」と少し寂しそうな顔で言う。
そこがたまらなく可愛かった。

気がつくと12時半。

「もう帰らなきゃ・・・」と言う沙希を、「もっと話がしたいから別の場所に行こう」と誘った。

沙希は迷ってたけど、最後はうんと頷いてくれた。

俺が誘ったのが、少し離れたラブホテル。

「え・・・本当に?」

彼女はびっくりしてたけど、「ここなら誰にも邪魔されないし」と言って、そのまま一緒に入った。
ラブホテルが初めてなのか、それとも覚悟ができてないのか、落ち着かない様子の沙希。

「シャワー浴びる?」と聞くと、「じゃあ」とだけ言ってバスルームへ。

すごい勢いで飲んでたときの沙希とは違い、あからさまに緊張が顔に出ていた。

沙希がシャワーから帰ってくる。
空気が読めているのか素肌にバスタオルを巻きつけただけの格好だった。
それを見て俺もシャワーを浴びに行く。
そして俺も腰にタオルを巻きつけて戻った。

沙希はアダルトチャンネルを観ながら待っていた。

「エロビ観るの初めて?」と聞くと、「うん」と頷く。

「じゃあエッチしてるの見るのも初めて?」と聞くと、「うん」と頷く。

「これ(エロビ)観てどう?」と聞くと、「スゴイ」と返す。

隣に座って肩を寄せる。
本当に小さな体。
本当に22歳なのか疑いたくなるぐらい。

彼女に口付けた。
キスしたこともないと言ってたからファーストキスだろう。
唇を味わいながらタオルの上から胸に触れる。
抵抗はなく、むしろ懸命にキスに応えようとしている感じ。

口を離し、巻きついているタオルを下へずらす。
小さな体だが、それに見合うだけの胸はあった。
触るのも俺が初めてなんだろうか?
少し感慨深く、弾力のある乳房を揉んだ。
乳首&乳輪はベージュがかったピンク色。
俺をそそらせるには十分だった。
揉んでいるうちに乳首が硬くなり、俺はそれを口に含んだ。

「ふぅぅ・・・ん」

声が漏れる。
舌で転がすようにすると、「あぁ・・・あぁ」と敏感に反応する。
可愛いと素直に思った。

沙希が喘げば喘ぐほど、俺のチンチンもそれに反応するように勃起していった。
彼女に巻きついているタオルの端を解くとヘアーが見えた。
しかし沙希はすぐに両手で隠してしまった。
腕を掴んで脇にどかすと、少し濃い目の、天然のまま生やしているようなヘアーが出てきた。
マンコのほうはやはり抵抗があるのか必死に手で隠そうとするが、顔を近づけて舌でなぞると、温めの液が溢れてきた。

「いやぁ・・・あぁ・・・んんっ・・・」

さっきまでとは違う声だ。
舌の動きを速めてみると、その動きに敏感に反応する。

「だめぇ・・・だめぇ・・・」

俺ももう我慢ができなくなった。
ゴムを装着して彼女の入り口へ近づける。

「本当にいい?」

最終確認すると、「うん」と頷く。

「いくよ」と一言言って、ゆっくりと沙希の中へ覆いかぶさるように入れて行く。

先端だけ入ったところで、「んん・・・いたぁ・・・い・・・」という反応。
やっぱり痛いようだ。

「我慢できる?」と聞くと「うん」と頷いたので、そのまま中へ収めて行く。

小さな体だけあってマンコの中もきつかった。
全部入るか心配だったが、何とか全部収まった。

「全部入ったよ」

「あぁん、あ・・・あ・・・うぅ」

喘ぐ沙希。
本当にきついマンコだった。
中で吸い付いて離さないような感じ。
腰を動かすのもひと苦労だったが、その吸い付くような感覚がかえって気持ちがよい。

「あぁ・・・あっ・・・あっ・・・」

もう俺にも限界が来た。

「イクよ、沙希、イクよ」

「あぁ、あぁ、あぁーん」

ドクドクという感覚が伝わる。
ゴムの中には大量の精液。
そして付着している、初めての証。

酒と射精のせいで、果てた後、そのまま横になった。
沙希も疲れ果てたのか、そのまま横になった。
寝てる沙希を後ろから抱き締めながらその日は寝てしまった。

その後、携帯やメールで連絡を取って、沙希と付き合うようになりました。
今週末、また会うつもりです。
駄文で失礼しました。