高校の頃、バイト先で元ヤンの若妻に喰われた

この体験談は約 3 分で読めます。

俺が高2から大学、そして就職するまでやってたバイト先で、人妻、JK、JDを喰った話。

人妻中心に話をすると、6年弱で喰った人数は20人強。
年齢は23~40歳。
ちなみに全部パートさん。
JKJDも30人以上喰ったけど、今回は人妻さんの話をするわ。
ま、需要あればJKJDも書くけどw

なんでこんなに喰えたかと言うと、職場に俺しか男性スタッフがいないんだよね。
朝9時から4時までは、パートの奥さん数人と俺。
夕方4時から夜10時の閉店までは、JKJDのバイト数人と俺。
たまに店長(女性)が見にくるくらい。

んで、この店って、バイトとパートさんが仲悪くていつも険悪なムード。
(辞めるバイトやパートも多くて入れ替わりが激しかった)
男の俺はどっちのグループにも属さず、バイトとパートの緩衝材的な役割で重宝されてたりしてた。
いわゆる聞き役なキャラを徹底してた。
ここ重要。
おかげで奥さんグループからは飲み会のお誘い、JKJDからは合コンにカラオケと、休日の予定には困らなかった。

そんな奥さんグループの飲み会での情事は色々とあった。
今回は、初めて人妻とヤッた話を。

俺がまだ高3の時で、相手は26歳の元ヤン奥さん。
普段のバイト中からこの奥さんにはちょっとした悪戯されたりしてたんで、俺に好意を持ってるのは分かってた。

俺はこの日、バイトが終わって2次会のカラオケから参加。
奥さん連中はかなり酔ってたなぁ。
俺はバイクだし高校生なので、全力でウーロン茶飲んでカラオケを歌う。
んで、元ヤンの奥さんが俺の座っているソファに近づいて来て、俺の膝の上に跨がる。

「ホテル行こうや~」

(・・・え?wwwwマジ?)

でも、横に座ってる奥さんに、話を全部聞かれてるし・・・。
そんなやり取りをしてたら横の奥さんが、「行ってきたらー。話は合わせとくし」と・・・。
(ちなみに、この奥さんも後で俺と関係を持つ)

「マジで?」

「行くっきゃないっしょっ」

ってことで、元ヤン奥さんが、「旦那が~」とか言って先に店を出る。
俺も、「そろそろ家に帰ります」と言って、他の奥さん達にお礼を言って店を出る。

で、そのまま4時間くらいラブホでヤリまくった。
後で聞くと、色々と愚痴や世間話を聞いてくれる俺に好意を持ってたと。
俺は童貞ではなかったけど、まるで彼女(JK)とは違う、人妻の色気&エロい行為を知ってしまった。
初めて女性主導での濃厚な全身愛撫を受けて、「すっげー気持ちいい!!!」と叫んだ記憶は未だに鮮明に残ってるわ~。

「んふっ。気持ち良い?」
「もっと気持ち良いことしてあげよっか?」

当時の俺にはエロ過ぎる言葉w
今までのエッチがなんだったのかと思うほど高3の俺には刺激的なセックスだったのは間違いない。
この時からかな、人妻のSEXに興味持ち始めたのは。

この元ヤンの奥さんとは、彼女が妊娠(もちろん旦那の子)してパート辞めるまで月に1~2回の関係があり、エロテクを堪能してた。

以上、高3の俺の話でした。