そしてまた、いつかどこかで。

この体験談は約 3 分で読めます。

4年前に付き合っていたKちゃんは弁護士を目指している女の子でした。
大学4年時に話に受けた司法試験で、何と2次試験の択一に受かり、本格的に司法の道を目指しだしたとの事でした。

付き合いだした当時、俺が28歳で彼女は26歳、5度目の試験を終えた後でした。
彼女は真面目で頑張り屋でしたが、ふとした時に「私、もしOLやってたら、今一番いい時期なのにな」と、寂しそうな顔で呟いていたのを思い出します。
それでも「私、プチひきこもりだからw」と自嘲気味に笑いながら、華奢な体で過酷な戦いに向け、必死に勉強していたKちゃんを、僕は心から応援し励まし、そして尊敬もしていました。

試験が終わって、10月の発表までの間の8~9月が僕たちが頻繁に会う時期でした。
いくら司法試験の受験生といっても、普段勉強しかしていないので「この時期に遊ばなかったら、私発狂するよw」と、会えなかった時間を取り戻すように、時間の合う限り会って、そして愛し合いました。

彼女は処女でした。

初めてそういう行為になった時、「私、今時ほんと馬鹿かもしれないけど、結婚してからじゃないと・・・なんか駄目なの。今時ほんと古風過ぎて馬鹿かもしれないけど」と言われました。

彼女の気持ちは、彼女のおかれている環境を考えれば理解できたので、挿入はしませんでしたが、いつも彼女の股間に顔をうずめ、口と舌でしてあげてました。
不思議と挿入欲は湧いてこず、クンニをしているだけでとても愛おしく感じられ、僕も先端が濡れるくらい、いつも感じていました。

発表が近づいたある日、僕らは横浜に旅行に行きました。
映画を見たり、ショッピングをしたり、夜景を見ながら自分たちの将来に思いを馳せたり。
ホテルでの夜、いつもと違った高揚した気持ちが火をつけ、僕はいつもよりさらにソフトに、ゆっくり、そして大胆に彼女を愛撫しました。

四つん這いにさせお尻をつき出させ、「恥ずかしい」と言う彼女に「全部預けていいんだよ」と囁き、かなり長い時間愛撫しました。
いつもなら「あっ、あぁ」という声を抑え気味に出す彼女が、「気持ちいいっ、気持ちいいの」と言葉を発して感じていました。

そして、ふと「◯◯さん、いいよ(挿入のこと)」と言ったのです。

僕はコンドームを持ってきてなかったので、少しだけ後悔しましたが、「いいよ。今はこれでいい。いずれそういう時が来るから」と言い、また愛撫を始めました。
それまで、どちらかと言えばひとりよがりなSEXをしてきていたので、こんな気持ちになることに自分でも驚いたし、また、とても幸せな時間でした。

発表当日、彼女からの連絡を待っている間、仕事が全く手につかない。
すると、彼女からのメールが・・・。

「ダメだった。あとでまた連絡するね」とだけ書いてありました。

その後、短い電話があって、「今日は予備校の打ち上げがあるから、遅くなるので俺のとこに泊まらせて欲しい」との連絡がありました。
(彼女の家は都心を21時くらいには出ないと帰れない為)

23時頃連絡があり、僕は車を東京駅へと走らせました。
会って何と声をかけるべきかを考えながら。

八重洲口に着き、かけるべき言葉が思いつかぬまま車を降り、少し歩くと、彼女はちょうど正面の入り口のところに立っていました。
しかも満面の笑みで。

ゆっくりと近づき、目の前に立つと、彼女は「ありがとう」と一言だけ言って、もたれかかってきました。
そして、人目をはばからず泣きました。
僕は、彼女の細い体を、ただ抱きしめていました。

長々とすみません。
これが僕の忘れられない思い出です。
このあと、彼女の夢への思いを尊重し、話し合いの末、別れました。

あれだけ頑張り屋さんの彼女のことです。
きっと夢への階段を上がっていることと思います。

1年前、田舎の九州へ帰ってきた為、遠くなってしまったけど、心から君の活躍を祈っています。

Kちゃん、ありがとね。
そしてまた、いつかどこかで。