フェラ好きな隣の奥さん

この体験談は約 9 分で読めます。

マンションは会社が用意してくれていた3LDK。
1人暮らしなんてしてるのは、たぶん私だけでした。

引っ越しの挨拶をしに行って、初めて隣の奥さんに会いました。
僕よりも2つ年下で、かなり可愛い若奥さん。
酒井法子っぽい外見で、165センチ近い身長。
スキニージーンズを穿いていたので、足の細さがはっきりと分かりました。
旦那さんは製薬会社勤務で、毎晩帰りが遅いらしいです。

引っ越してから1ヶ月後ぐらいに、偶然奥さんと居酒屋で会いました。
夕飯を食べようと入った居酒屋に、友達と数名で奥さんは飲んでいました。
私は気が付かなかったので、カウンターで1人で食べていたんです。

「あれー斎藤さん?」

振り向いてみると、スキニーにキャミ姿の奥さんがいました。

「あ、どうも」
「食事ですか?」

「えぇ~そうなんです。1人身なんで」
「だったらご一緒しません?友達3人で飲んでるんですよ」

「いや~お邪魔しちゃ悪いですよ」
「平気ですよ。みんな結婚してて男の人が来たら喜ぶんですから」

マジかいなと思いましたが、誘われるがままご一緒しました。
行ってみると本当に大歓迎してくれました。
仕事は何をしているのか、結婚は?彼女は?などの質問の連打。
3人とも酔っているらしく、凄いハッチャケようでした。

ある程度飲んだので帰ろうとすると、カラオケに行こうと誘われました。
引っ越してきて全く遊んでいなかったので、とりあえず行ってみたんです。
聞いてみると、3人とも旦那の帰りが遅いらしく、ストレスが溜まっているとか。
すぐ近くにカラオケがあって、そこに4人で行きました。
行ってからもお酒は止まりません。
酔った勢いで3時間とか言ってたくせに、2時間もしないうちに3人ともベロベロでした。

隣の奥さんは24歳、あとの2人は25歳。
酔っ払っても歌うし飲むし、相当ストレスが溜まっていたんでしょうね。
3時間が終わる頃には、3人とも1人じゃ立てないぐらい酔ってました。

だから仕方なく1人1人をタクシーで送ることになったんです。
でも下まで歩けませんから、1人1人をおんぶして運びました。
3人ともふくよかなスタイルだったので、オッパイを背中で楽しみながら運びました。
2人を家まで送って、隣の奥さんと私はマンションに戻ってきました。
タクシーの中で寝ていた奥さんは、かなりフラフラしています。
家の扉まできたのですが、酔っ払ってて奥さんが鍵を見つけられません。
バッグの中を見てみたのですが、鍵が見当たらないんです。

「鍵はどこですか?」
「う~ん・・・ここに入れたのになぁ~・・・あれぇ~」

「落したんですか?」
「落としてないよぉ~・・・。だってここに入れたもん~」

「いやいや、無いですから。落したんですかね?」
「う~ん・・・そうなのぉ?」

「旦那さんは何時に帰ってくるんですか?」
「分からないよぉ~電話ないし~」

「どうしましょうかね・・・鍵探しましょうよ」
「それよりトイレに行きたいにゃ~~」

「にゃ~じゃないですよ。じゃ、うちのトイレ使って下さい」

そんな流れで奥さんはうちのトイレに入りました。

まいったなーと思いながらリビングで水を飲んでいたんです。
そしたら水の流れる音がして、扉の音が聞こえました。
ですが戻ってきません。
あれれ?と思って廊下の扉を開けてみると、寝室の扉が開いているんです。
焦って寝室に入ってみると、奥さんがベッドの上に倒れ込んでました。

「ちょっと!ちょっと!ここは家じゃないですよ?」
「う~ん・・・」

「僕のうちなんで寝ないで下さいよ。ちょっと起きて下さいよ」
「いい~のぉ~・・・眠いのぉ~」

「そうじゃなくて、ここは僕のベッドなんですよ」
「あぁ~~そぉ~~~」

もう何を言っても無駄な感じです。
まだ23時だし、しばらく寝かせて、それから帰ってもらうことにしました。
風邪を引かれても困るので、奥さんをちゃんと布団の中に寝かせました。
体を触ったり動かしたりしている時に、キャミですから胸の谷間が丸見えです。
白いブラも丸見えで、思う以上に巨乳っぽい胸でした。
どうせ寝てるしなと思って、かなりジックリ胸の谷間は見させてもらいました。

寝かせてから私はシャワーを浴びて、リビングでテレビを観てました。
酔いも覚めてきたのでビールを飲みながら、0時過ぎまで待ったんです。
そろそろ起こそうかと思って寝室に向かいました。

「そろそろ帰りましょうよ、旦那さん帰ってきますよ」

揺さぶりながら起こそうとしました。
全くの無反応。

「マジでヤバいですよ!」

強引に起こそうとして布団を剥いでみると、そこには真っ白な巨乳姿がありました。
寝ながらキャミとブラを外したらしく、横に丸まって転がっています。
ビックリして布団を急いで戻しました。

これはヤバい、相当ヤバい!
旦那さんにバレたらここに住んでられないし最悪だ。
でも一瞬しか見てない巨乳を、もう一度見たい。
でも起きたらヤバいし、どうしよう。

葛藤しました。
リビングに戻ってビールを飲んで、しばし葛藤しました。
やっぱり我慢ができないので、起こしてるフリして見ることにしました。
再度寝室に行って、ベッドの隣にしゃがんで準備万端。

「起きなきゃヤバいですよ」と言いつつ、布団を胸まで下げました。

柔らかそうなおっぱいが丸見えです。
真っ白いオッパイに少し赤みを帯びた乳輪、陥没した乳首が目の前にありました。
私は起こすフリをして、奥さんを揺らしました。
するとプルプルとオッパイも揺れます。
一度布団を元に戻しました。
そしてまた起こすフリをして、今度はオッパイを布団の上から触りました。

「う~ん・・・だめってば・・・」

奥さんはモゾモゾ動きながら言いました。
これは我慢できん!と思って、何度もオッパイを触りながら起こすフリを続けました。
それでも起きません。
布団をずらしてみると、陥没していた乳首が今度は立っていました。
もうそれを見た瞬間、限界に達しました。
私はしゃがんだまま、その乳首を舌先でチロチロと舐めました。

「んあっ・・・もう・・・あっ・・・」

喘ぎながら私の頭を抱き締めてきたんです。
私はベッドに乗り、奥さんの上に乗って乳首を舐め、オッパイを揉みまくりました。
顔を見てみると、目は全く開いていません。
恐る恐る私は奥さんの唇にキスをしてみました。
すると目を閉じたまま奥さんは激しいキスをしてきたんです。
舌をベロベロと私の口の中に入れてきて、ガッチリ抱き付いてきました。
私もそのままディープキスをしながら、オッパイを激しく揉みました。
スキニージーンズのボタンを外して手を入れてみると、すでに濡れまくりでした。

「ああっ!ああああ・・・んん・・・っ」

濡れたアソコを触った瞬間、仰け反りながら喘ぐ奥さん。
完全に我慢なんてできなくなって、私はそのまま奥さんのアソコを指で弄り始めました。
コリコリに勃起したクリトリスを指で摘まむと・・・。

「んんーーー。んっんっ!あんっ!イイっ・・・あっ・・・んっ」

奥さんは喘ぎながら私の口にしゃぶりついてきました。
どうやらキスが大好きなようで、私の突き出した舌にも激しくしゃぶりついてきます。
それをいいことに、私はアソコに指を入れました。

「あんっああっ!やっ・・・やだっ・・・ああ・・・」

明らかに自分から腰を浮かせて、指の動きを受け入れています。
ですから私も激しく弄りまくりました。

「ああああああっ!やっ!んっイクっ・・・イックッ!・・・」

イク瞬間、奥さんの目が開きました。
そして私の顔を見て驚いたような表情をしました。
それなのにイッてしまったようで、抱き付いた腕を解かず、腰もビクンビクンとさせていました。

「イッちゃった?」
「はぁ・・・はぁ・・・なんで?・・・」

「だって奥さんが旦那さんと勘違いして誘ってきたんですよ?」
「えっ・・・そんな・・・ウソでしょ・・・」

「だって奥さん、僕に抱き付いてたじゃないですか」
「あ・・・ん・・・やだぁ・・・どうしよう・・・」

「しかも僕の指で完全にイッちゃいましたね。どうしましょ?」
「そんなこと言わないで・・・あ・・・どうしよう・・・」

横になって奥さんを見て、これはいけると思いました。
ですから私は悩んでいる奥さんの唇に吸い付き、まだ濡れているアソコを触りました。

「んっ・・・だめっ・・んっ・・・。いやっ・・・あっ・・・んっ・・・」

ダメとか言いながら、私が舌を入れると舌を絡ませてきました。
そして2本の指をにゅるっと入れたり、抜いてクリトリスを触ったりしました。

「ダメとか言っても気持ちいいんだ?」

ちょっといじめたくなって言いました。

「あんっあんっっんっ!ちがっ・・・ダメっ・・そんな・・・」
「だって、またこんなに濡れてるよ?」

「だって・・・んあっ・・・だめ・・・」
「奥さんやらしいなぁ~・・・。このまま入れてもいいですか?」

「だめっ・・それはダメっ・・・ああ・・んあっ・・・」
「じゃ~口でしてくれます?そしたら我慢しますけど」

「なんで・・・んっ・・・。それも・・だめよ・・・あっ・・」

中に入れた指を次第に激しく動かすと、中がヒクヒク動き出しました。

「ねぇ・・もしかして吹いちゃうんじゃない?ここ・・・」
「あんっ!やっ!ああっ!だめですっ!出ちゃう・・・だめっ・・・」

「じゃ~口でしてくれます?」
「あっ・・・分かったから・・・。んあっあっ・・もうヤメて・・・んっ」

私は指を入れたまま動かすのをやめて、奥さんの顔にチンコを近づけました。

「お願い・・・指・・・抜いて・・・」

「なんで?できない?気持ち良くて?」

「うん・・・ねっ・・・お願い・・・」

指を抜いて、体勢を奥さんと逆にしました。
上半身だけ裸の奥さんが四つん這いになりました。
勃起したチンコを握ると、丁寧に舌先で裏筋から舐め始めました。
丁寧に竿を舐め、そのまま玉袋まで舐め始めます。
そして手は上下にシゴいて、玉を口含んだり舐めたりをしてきました。
亀頭を口に含んでゆっくりしゃぶりながら、舌の動きも忘れていません。
舐めている姿を見てみると、四つん這いになってケツを突き出した姿勢で舐めていました。

(もしかしたらフェラ好きなのか?)

激しくしゃぶるのではなく、丁寧にねっとり舐めるんです。
久し振りだったので猛烈に気持ちいいフェラでした。

「ねぇ・・・このままじゃイケないから、シックスナインしてよ」
「だめよ・・・そんなの・・」

「じゃいつまでも舐めてる?入れる?」
「えっ・・・ん・・・じゃ・・・」

スキニーを脱いでパンツ姿で私の顔を跨いできました。
当然下着には大きなシミができています。
パンツを横にずらすと、パックリと開いてベチョベチョになったアソコが目の前に出てきました。
顔に似合わずビラビラが少し大きく、クリトリスも外に露出しています。
毛が少ないので、私はそのままアソコを舐め始めました。

「ああっ!だめっ!ああああ・・・んん・・・っ」

ケツを掴んで左右に広げながら舐めまくりました。
そして指を軽く入れて、入口付近を弄りながらクリトリスを吸いました。

「ああ、もう許して。おかしくなっちゃう・・・んん・・・んぐっ・・・」
「もう入れたくてウズウズしてるんでしょ?」

「いやっ・・・言わないで・・・んぐっ・・・」
「だってすごい事になってるよ、ヒクヒクさせちゃって。入れたいんでしょ?」

「だめです・・・そんな・・・あっ・・・だめです・・・」

私は強引に起き上がり、奥さんを押し倒しました。
そして指を2本入れて、中を激しくかき混ぜました。

「あーっ!あーっ!もうダメっ!もうダメっ!」
「入れたいんでしょ?ほらっほらっ!正直に言ってごらん!」

「あっあっ・・・入れたい・・・っ・・・。入れたいのっ・・・」
「ちゃんとお願いしなきゃ・・・?」

「入れてください・・・あっあっ・・・。だめっ!あっ・・・」
「ちゃんとお願いしなきゃダメでしょ」

「いやぁーっ・・・あんっ・・・。オチンチン入れて下さいっ・・・んあっ・・・」

その瞬間指を抜いて、一気にチンコを押し込みました。
ベチョベチョに濡れていたので、かなりすんなりと奥まで入りました。

「あっ、あっ、あっ・・・あぁん、いやぁん・・・ああん・・・」
「やらしい奥さんだなぁ・・・。締め付けてくるよ・・・」

「あんっんっ、そんなこと言わないで下さい・・・。あっ!あんっ!!」
「ほらぁ・・・凄いよ・・・。俺の舌も吸ってごらん・・」

顔の前に舌を出すと、奥さんはむしゃぶりついてきました。
しかも頭に手を回して本気でむしゃぶりついてきました。

「奥さん、好きな体位は何?」
「えっ・・・あっあっ・・・。言えない・・・そんなっ・・・あっ・・・」

「言ってごらん?」
「んあっ・・・バック・・・」

「じゃ、バックから犯してやるよ」

バックで突くと今まで以上に喘ぎだしました。

「あっ、あっ、あーっ!!だめっ!イッちゃうっ!イッちゃうぅ~っ!」

バックで突かれながらオッパイを鷲掴みして揉みまくりました。
すると奥さんは勝手にイッてしまいました。
イッている間、アソコの中がウネウネ動いているんです。
相当スケベな体でした。

正常位の体勢にして、私は休みなくぶちこみました。
初めは声も出ない状態でしたが、途中からまた喘ぎだす奥さん。
忘れていましたが、生で入れていたんです。

「あぁ・・・イキそうだよ・・・。中に出してもいい?」
「いやっ!・・それはダメっ!外に・・・あっあっ・・・外に・・・っ!」

「じゃ~口に出していい?」
「んっ・・・いいよ・・・お口に出してっ・・・あっあっ・・・」

「じゃ~イクよ・・・口開いて・・・たくさん出すよ・・・」
「あっあっ・・・出してっ!お口にっ・・・たくさんちょうだいっ!!」

抜いて口に近づけると、奥さんからしゃぶりついてきました。
私は奥さんの頭を掴んで、腰を振って口に放出しました。
奥さんは苦しくないのか、激しくしゃぶり付きながら吸いついてきます。
しばらくしゃぶらせてチンコを抜きました。
横にあったティッシュを渡すと、奥さんは口を拭いていました。
ですが、口の中から精子を出してはいないんです。

「あれ?精子は?」

「ん・・・飲んじゃった・・・」

「マジで?奥さんありがとっ!」

私は奥さんに抱き付き、チュッチュッとキスをしました。
すると奥さんも笑顔になって抱き付いてキスしてきました。

しばらくそんなイチャイチャを楽しんでいたのですが、扉の音で素に戻りました。
隣の旦那さんが帰ってきた音がしたんです。
奥さんは急いで洋服を着て、髪を整えました。
こっそり私が扉を開けて様子を見て、大丈夫だったので奥さんがこっそり外に出ました。
そしてインターフォンを鳴らしました。
その姿を確認して、私は扉を閉めました。

これが隣の奥さんとの初めてエッチした日の体験です。

実はこの後、奥さんとはセフレ関係が続きました。
スケベで淫乱な奥さんだったので結構楽しめました。