めちゃくちゃ可愛いアニメ声の上玉女子大生

この体験談は約 3 分で読めます。

出会い系で超めちゃくちゃ可愛い素人の女子大生をハントした。
今まで、ブスやメンヘラの頭がオカシイ系の女しか当たったことなかったけど、ついに極上の素人女子大生に出会えた。

彼女は、身長150センチのミニマムサイズ。
AKB篠田似で、めちゃくちゃ顔の整った美人女子大生。
まず交換した写メにビビった。
何この子w

さすがに実物は写メほどではなかったが、十分に可愛いかった。
めちゃくちゃアニメ声で背も低いので、会った時に「君はメイドカフェでナンバーワンを目指せ!」と話したほどだ。

当日は新宿で待ち合わせ。
電話で「会おうよ!」って言った時は、「えっ、本当に?どうしよ・・・恥ずかしいよ」とアニメ声での反応。
純なのか演技なのか、楽しみに待っていた。

電話が繋がり待ち合わせ場所に行くと、ずーーっと俯いている子がいた。

「明日香さん?」

そう聞くとビクっとし、チラッとこちらを見上げ、また俯く。

「・・・ハイ」

居酒屋に移動。
居酒屋でも明日香はずっと俯きっぱなしだった。
もちろん俺は会った時、まず顔を確認した。
可愛いやんけw

「どうしたの?下ばっかり向いて」

「ごめんなさい・・・やっぱり恥ずかしくって・・・顔、見れない」

「可愛いのにwww勿体無い」

俺のプロファイリングによると、明日香は割と真面目系女子大生。
出会い系を使ったのも初めてだそうで(真偽は不明)、アニメ声も恥ずかしがっているのも、どうやら演技ではなさそう。

お酒も慣れていないようで、一杯飲んだらすごく眠そうにしてた。
ソファータイプの居酒屋だったので枕がわりに肩を貸してちょっと休ませた。
カラオケに移動したが、もう明日香はフラフラだった。
カラオケでも俺の肩で寝てしまっていた。

(うーん・・・これじゃつまらん)

寝ている明日香を抱き締めてキスをする。
明日香はちょっと驚いたような表情を見せたが、拒絶はしなかった。
キスしながら胸を触ると、なかなかの巨乳であることを確認。
火がついた。

カラオケ入ってからは一言も会話はなかった。
俺は明日香のスカートを捲り上げ、パンツを脱がした。
明日香をカラオケのソファーに横にしてみると、すでに少し濡れていた。
濡れマンを触りながらニットの下から胸を直揉みした。
明日香は恥ずかしさに堪え切れないかのように横を向いて顔を隠している。

廊下からは完全に丸見えな位置だったが、ここまで来て止まることもない。
俺も下だけ脱ぎ、挿入。
最初は正常位だったが、カラオケ店のソファーではやりにくいので、明日香を上に跨がらせ、下から突いた。

明日香「・・・俺くん・・・恥ずかしいよ・・・」

イキそうになったので明日香をどかし、カラオケの床に発射した。

明日香は西新宿のマンション(実家)に住んでいたので歩いて家まで送る。
手を繋いで歩いていると、明日香はちょっとずつ顔を上げてくれるようになった。
やっと心を開いてくれたか・・・股は開いたけど。
送り届け、俺も家に帰った。
その日の夜にメールが来た。

明日香『今日はありがとう!俺くんはすごく優しくて、今日は楽しかった!成り行きでエッチしちゃったけど、明日香はちゃんと俺くんの彼女になりたいです』

で、付き合うことに。
まあ一ヶ月くらいで別れたんだけどね。

ホテルでエッチ後に誕生日プレゼントのネックレスあげたら泣いて喜んでくれるような子でした。
ただちょっと・・・ヒロイックな子で、「私ばっかり会いたいのヤダ」「俺くんの仕事の負担になりたくない」などなど一人で盛り上がった挙句、「ゴメン別れたい・・・私が辛い」と振られてしまいましたとさ。