今までの時間を取り戻すくらい・・・

この体験談は約 2 分で読めます。

俺、今は27歳。
他の人はどうかは解らないけど、それなりに恋愛もエッチもしてきたが、これまで出逢ってきた人の中で一番好きな相手とは結ばれていない。
見た目だとか、性格だとか、相性だとか、そんなくだらない価値観でなく、心底好きになった相手。

高校生の時に友達の紹介で出会ったレイ。
その日は番号交換をして終えたが、運命かな次の日電車でばったり会って、お互い昨晩は電話を持ち連絡を待ち合っていたことが分かり、あっという間に自分の駅に降りた。
同時にお互いに付き合ってる人がいたので、それから先はカップルみたいに頻繁に会うことはなかった。
お互いの家に一回ずつ花火大会にデートはしたけど、お互いに「今は無理だよね」と、エッチどころかキスもなかった。
ただただその空間が嬉しかった。

それから俺は大学にレイは就職と離れてしまい、県外に出る俺は当時の彼女と別れ、レイに「ずっと一緒にいて欲しい」と伝えると、今は無理と返事だった。
大学2年の時にレイが当時の彼氏と別れ、「付き合う理由が無くなったから別れる?5年も付き合った彼氏だよ?」と言うと、「戻る理由がないから戻らない、そばに行きたい」と言うが、その時には彼女がいて、今は無理と返事をした。

大学3年になると色々なことがあり、当時の彼女とは別れ、レイに「今度あわない?」返事は「いいよ」。
大阪駅で待ち合わせしお互いの状況を話をした。
その時はもう付き合うとかの話は無かった。

お互い結ばれそうな時に何かが邪魔をする事からお互いに逃げたのかな。
京都に用事があったのであっという間の時間だったかな。
幸せな時間なんだけど何処か胸が苦しくて、歯痒くて・・・そう思うとその後なかなか連絡をする事が出来ず、俺は帰郷し父親の会社に入社した。

運命ってあるんだなぁと、去年友人の結婚式でレイがいた。
友人の奥さんとレイは同じ会社で、目が合った瞬間、時間が止まったような感覚でレイは目がウルウルと。
友人の披露宴なんて頭になく、そわそわそわそわしてる自分がいた。
披露宴ご会場前に座っていると、レイが隣に座り、話すことなく膝の上の手に手を重ねた。
日航ホテルだったがフロントに電話し部屋を予約し、部屋に入った瞬間抱き合い、10年来始めてキスをした。

そのままベッドで「わからない、わかんないけどずっとこうなりたかった」と言うと、泣きながら「私もだよ」とお互いに全身を舐めあい、今までの時間を取り戻すくらい求めあった。

恋愛ってなんだかよく解らないけど10年で指が余るくらいしか会ったことないけど、間もなく結婚します。
エロくなくてすみません。

タイトルとURLをコピーしました